「上田バロン20周年記念特別展Eyes on the Future and Past」を12月3.4日の2DAYS開催。

コロナ禍を経て今、若手クリエイターや学生に伝えたい想いがある

◆開催概要
日時:12月3日(土)4日(日)
AM11時〜PM8時
※2日は18時より一般参加可能なレセプションあり

場所:YOLO BASE
556-0003 大阪市浪速区恵美須西3-13-24
南海線・JR線:新今宮駅から徒歩約5分/大阪メトロ:動物園前駅から徒歩約7分
https://yolo-base.com/

料金:両日参加可能な通しチケット 3000円
学生は無料(学生証の提示必須)

特別展示公式サイト
https://frlamemonger.com/20th-exhibition/
チケット購入いただけます
Press Release
コロナ禍を経て今、若手クリエイターや学生に伝えたい想いがある「上田バロン20周年記念特別展Eyes on the Future and Past」を123.4日の2DAYS開催。
 



日本を代表するアーティスト「上田バロン」が既知の友人であったカドカワ株式会社・株式会社KASIKAの協力、そして株式会社Yogiboの冠協賛をもって、学生入場無料かつ20年のキャリアの間、世界を渇望し続けるアーティスト上田バロンの約2000点以上から厳選した作品展、そして17名のゲストとの対談を通じてどうやって上田バロンというアーティストが仕事を続けてきたのかの真相にせまるイベントを行うことをお知らせいたします。

上田バロンとしてデビューし、苦悩と葛藤を抱えながら大阪から世界への扉を探し、試行錯誤を重ねアートとビジネスの境界を行き交いながら自らのイラストレーションスタイルを貫き生み出し続けた20年。それを記念して彼が描いた巨大な壁画「Golden Sun」が館内にあるYOLO BASEで、過去2千点以上に及ぶ作品群から厳選した作品を集めた作品展を開催します。
展示作品からは彼が商業ベースを活動の中心にしてきたクライアントワークでも、決して失われぬスタイルや、オリジナリティや、バロン目にこだわり流行を取り入れ進化する作品の表現、継続する意志の強さや、あらゆるテーマへ挑戦する姿などを垣間見ることでしょう。
それに加え、彼が過去の様々なシチュエーションで出会い関わった15人をゲストとして招き、いま一度「上田バロン」という人物像を生の証言から炙り出していく対談形式のトークイベントも予定しています。そこには、数々の作品の知られざるバックステージには必ず人や出会いや縁があり、それらが新たな作品を産むための原動力となっていく。絵を描くだけでなくビジネスに変えていく極意やきっかけ、プロセスの一端を知ることになります。  
コロナ禍という全ての日常を変えてしまった災厄を乗り越え、現役クリエーターや次世代の学生たちはじめ、同時代を生きる全ての人に上田バロンの過去から未来までを通して「今」彼が伝えたい生のメッセージを受け取りにここへ来てください。

◆開催の経緯
コロナが猛威をふるう2年前に20周年をむかえた上田バロンがその影響もあって開催できなかった展示を、その2年を経てクリエイターとして、またアーティストとしての集大成をこれからの時代を担う若手クリエイターや学生たちに届けたいと再度構想を練って企画、開催にいたった。その想いに共感してくれた学校は以下<大阪芸術大学附属大阪美術専門学校/京都芸術大学/大阪府立工芸高等学校/大阪モード _学園/大阪デザイナー専門学校/OCA/大阪成蹊大学/京都美術工芸大学/京都精華/大阪ス _クールオブミュージック専門学校/マロニエ>

◆主な内容
・20年のキャリアの間、世界を渇望し続けるアーティスト上田バロンの約2000点以上から厳選した作品展 10mの壁画作品あり
・上田バロン縁のある17人のゲストの対談形式のトークイベント
(Yogibo 木村大将スペシャルゲストゲスト。その他FM802のNo.1 DJ中島ヒロト、任天堂元デザイナー前田高志、幻冬舎人狼ゲームプロデューサー、城崎老舗旅館西村屋当主ほか)

・司会は人気若手DJ豊田穂乃花を起用
・R&BバンドNeighbors Complainの特別ライブ
・上田バロンキャラクターSPINYZ x 音楽ユニットSOZEN & VELA新曲発表
・上田バロン新デザインラベルのクラフトビール(上方ビール醸造)新発売
・上田バロン作品の公開販売
・上田バロンサプライズ発表



上田バロンプロフィール
上田バロン/アーティスト

上田バロンは京都の西陣織職人の祖父の家系に生まれる。彼の作品は見るものの記憶に残る。国内外のジャンルを越えたプロジェクトを手がけ、布袋寅泰・パフューム・川谷絵音・グーグル・マクドナルド・ナイキ・レッドブル・マーベルなどともコラボ。近年ではYogibo Racingや城崎温泉の「短編喫茶Un」が話題に。幻冬舎のゲーム「人狼」が60万部を超え大ヒット。京都の茶室にシルクスクリーンプリントで仕上げた大作「Hachi」を1年半かけ完成。日本庭園の茶室に表具師と黄金の掛軸などを制作しプロデュース。デジタル表現と最先端の印刷技術と日本の伝統との融合にも挑戦し続けている。LIMITSデジタルアートバトル世界大会において世界3位のトップランカーとしてTV「マツコ会議」に出演。玄光社より初作品集「EYES」を出版。
www.frlamemonger.com

開催概要
日時:12月3日(土)4日(日)
AM11時〜PM8時
※2日は18時より一般参加可能なレセプションあり

場所:YOLO BASE
556-0003 大阪市浪速区恵美須西3-13-24
南海線・JR線:新今宮駅から徒歩約5分/大阪メトロ:動物園前駅から徒歩約7分
https://yolo-base.com/

料金:両日参加可能な通しチケット 3000円
学生は無料(学生証の提示必須)

特別展示公式サイト
https://frlamemonger.com/20th-exhibition/
チケット販売フォームより購入可能

Presented by
Yogibo

Produced by
KADOKAWA Inc ∙ KASIKA Inc ∙ CREA/Me

Supported by
Yolo BASE ∙AD Nankai・ Sunklarl ∙ Facto ∙ Sun m color ∙ NFT SERVICE
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KASIKA >
  3. 「上田バロン20周年記念特別展Eyes on the Future and Past」を12月3.4日の2DAYS開催。