プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

Spiral.AI株式会社
会社概要

巨大言語モデルソフトウェア開発のSpiral.AI、1.5億円の資金調達を実施

Spiral.AI株式会社

巨大言語モデルソフトウェア開発を行うSpiral.AI株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO 佐々木雄一、以下「Spiral.AI」)は、この度、プレシードラウンドにて総額1.5億円の資金調達を実施したことをお知らせします。

■資金調達目的

Spiral.AIは、巨大言語モデル(以下LLM)に特化した数少ないスタートアップとして、世界におけるLLM開発と活用の中核となることを目指しています。今回調達した資金は、優秀なエンジニア・事業開発メンバーの採用や、開発インフラの拡充に活用して参ります。

■Spiral.AIについて

LLMは、一部の領域ではすでに人間に比肩するほどの性能を示しており[1]、人間の可能性を広げるツールとして活用が始まっています。また、スケール則[2]の発見は、LLMの性能向上が今後も継続することを示唆しており、長期的に人々の生活の効率化や新しい技術開発の加速など、様々な側面で社会に本質的な影響を与えるものと期待されています。

一方で、LLMには課題も多く存在します。プロンプトエンジニアリングに一定のノウハウが要求される点や、幻惑 (Hallucination) による虚偽の回答を行うリスク、深いドメイン知識を学習していない点など、真の社会実装に向けたハードルは数多く存在します。Spiral.AIを立ち上げた佐々木は、スマートシティとエッジAI開発におけるトップランナーであるニューラルポケット株式会社(TSE: 4056)の最高技術責任者として、AIの社会実装という課題に長年取り組んできました。Spiral.AIはその知見を踏まえたLLMの社会実装を進め、人々が広くその恩恵を受けられる世界を実現していきます。


■提供サービス

Spiral.AIでは、LLMの導入・活用を目指す企業に対して、高度なLLMの利用を支援する2つのサービスを提供しております。


Spiral.Bot: カスタムChatGPTを作れる高機能AI言語モデルプラットフォーム

・OpenAIが提供するオリジナルのChatGPTには、2022年以降の情報や、企業ごとの具体的な情報は学習されておらず、質問に対して間違った回答をすることがあります。Spiral.Botは、Webページなど指定された情報を参照しながら適切に回答します。

・OpenAIが提供するオリジナルのChatGPTは、真面目な回答を行うよう強化学習されており、親しみを感じづらい側面があります。Spiral.Botは、キャラクターの個性や口調などを調整することで、陽気なマスコットキャラクターから誠実な口調まで、ブランドにあわせたカスタマイズを行うことが可能です。

・OpenAIが提供するオリジナルのChatGPTでは、全世界共通のAIモデルを利用しているため、会話内容の個別の修正を行うことができません。Spiral.Botは徐々に正しい回答をするよう学習する仕組みを内蔵しているため、安心してサービスに組み込むことが出来ます。

※ Spiral.Botは近日リリース予定となっております。下記URLより事前登録いただきますと、優先的にご案内をさせていただきます:

https://info.spiral-bot.com/introduction/index.html


Spiral.LLM: 独自LLMの開発と提供

独自開発のLLMにより、上述のようなオリジナルのChatGPTに存在する各種制約を完全に取り払った高度な言語モデル活用を可能にします。特定産業に専門性を持たせた独自の学習を行うことにより、エンターテイメントから社内情報整理まで、幅広い領域で活用可能です。

すでに60億パラメータ級、商用利用可能な日本語言語モデル開発に着手しており、順次、パラメータ数や学習データの拡充を進めていく予定です。


これらの事業を通して、生活の効率化や新しい技術開発を加速させ、世界に大きな渦を巻き起こしていきます。


■採用についてのご案内

Spiral.AIでは、世界に大きな渦を巻き起こすメンバーを採用しています。

独自LLMの学習やアプリケーション開発、事業開発まで幅広いポジションを募集していますので、下記採用ページよりお申し込みください。

https://go-spiral.ai/top/recruit/


■代表 佐々木雄一の略歴

東京大学理学部物理学科を卒業後、東京大学大学院にて理学博士を取得。スイスの欧州原子核研究機構(CERN)にて、ブラックホールや超対称性粒子などの研究に携わる。

その後、McKinsey&Companyにて、データ分析結果をビジネスの文脈で語る"通訳"として活動。企業におけるIoTやビッグデータ、AI活用を支援。

直近では、スマートシティAI開発を手掛けるニューラルポケットへ初期メンバー・取締役CTO (最高技術責任者)として参画。AI開発におけるPDCAサイクルを武器に、日本全国様々な環境下で安定稼働するAIシステムを構築、スマートシティ事業者としての主導的な立場を確立。社員数も、創業から4年で250名規模へ拡大。同社は2020年に創業2年半でのIPOを達成している。

LLMの持つ能力を社会へ実装していくため、2023年3月にSpiral.AIを創業。


■ 会社概要

社名    Spiral.AI株式会社 / Spiral.AI Inc.
事業内容  巨大言語モデルソフトウェア開発

役員    代表取締役 CEO 佐々木雄一      
所在地   〒113-0033東京都文京区本郷4-16-6
設立    2023年3月1日

会社URL  https://go-spiral.ai/

採用ページ  https://go-spiral.ai/top/recruit/



■本件に対するお問い合わせ
お問い合わせフォーム、もしくは下記メールアドレスからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム:https://go-spiral.ai/contact/
問い合わせメールアドレス:contact@go-spiral.ai

Spiral.Bot製品紹介: https://info.spiral-bot.com/introduction/index.html


[1] “GPT-4 Technical Report”, https://cdn.openai.com/papers/gpt-4.pdf

[2] “Language Models are Few-Shot Learners“, https://arxiv.org/abs/2005.14165

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
位置情報
東京都文京区本社・支社
関連リンク
https://go-spiral.ai/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

Spiral.AI株式会社

12フォロワー

RSS
URL
https://go-spiral.ai/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区神田須田町2-1-1 MA SQUARE AKIHABARA 6階
電話番号
-
代表者名
佐々木雄一
上場
未上場
資本金
9500万円
設立
2023年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード