新会社設立及び事業譲受に関するお知らせ

〜日本フードデリバリー、食のBtoE領域へ本格参入〜

 日本フードデリバリー株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川 聡) は、平成 30年7月30日開催の取締役会において、株式会社ベントー・ドット・ジェーピーの弁当将軍事業とbento.jp DAILY事業を譲り受けることを決議いたしました。また当社の100%出資子会社として新たにタベル株式会社(https://taberu.co.jp/)を設立することについて下記のとおりお知らせいたします。

※左からベントー・ドット・ジェーピー 永澤 雄、小林 篤昌、日本フードデリバリー 石川 聡

1.事業譲受理由及び新会社における事業内容について
当社はこれまでBtoB領域において、会議・イベント用弁当の「くるめし弁当」、ケータリングの「シェフコレ」など法人のお客様のニーズを満たす「食」のプラットフォームサービスをご提供して参りました。また今年からBtoE領域(※1)として1食500円で温かい社食をデリバリーする、新しい福利厚生サービス「みんなの食堂」をスタートさせました。高まる企業内でのランチ需要に対して一貫したサービスを提供し本格的にBtoE領域に参入するために、株式会社ベントー・ドット・ジェーピーより弁当将軍事業とbento.jp DAILY事業を譲り受けいたします。

また、今回の事業譲受におけるシナジーとしては、弊社がBtoB領域で培ってきた8000種類以上に及ぶ商品を供給することおよび商品開発力を活かした弁当将軍の商品アップグレード、そして弁当将軍の最大の強みである、密集都市圏における手押しカートを使った効率の高い配送網を更に活かすため、70,000社以上の既存取引法人に対して販路拡大を行って参ります。
本事業譲受による来期の年間流通・販売額は約70億円となる予想をしており、仕出し弁当専門店・ケータリング市場にてシェア1位(当社調べ)となる見込みです。
※1. BtoE=Business to Employeeの略。企業の従業員(Employee)向けに提供されるサービス

2.事業譲受サービス説明
・弁当将軍事業
弁当将軍は、初期費用・月額費用ゼロ円で契約翌日からスタートできるお弁当の社内販売サービスです。
最低注文個数の縛りもなく、配達料も無料で120種類以上の日替りメニューを揃えております。
・bento.jp DAILY事業
bento.jp/dailyは、事前に予約した定時に毎日のおすすめ商品複数店を持ってオフィスを訪問する定期型のデリバリーサービスです。オフィス中心の生活で不足しがちな肉や魚、野菜がたっぷりと詰まったお弁当で、忙しい生活で乱れがちな栄養バランスの問題を、お昼の1食で解決します。

3.設立する子会社の概要

■日本フードデリバリー株式会社概要
会社名        :日本フードデリバリ―株式会社
代表者名     :石川 聡
住所           :東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館9F
設立年月日    :2010年8月26日
資本金        :7,625万円(資本準備金含む)
従業員数       :約100名
事業内容       :法人×食に関するサービス
                     ・くるめし弁当の運営    https://kurumesi-bentou.com/
                     ・シェフコレの運営    https://chef-colle.com/
                     ・みんなの食堂の運営    https://shokudou.jp/
webサイト    :https://www.jfd.co.jp

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 日本フードデリバリー株式会社 >
  3. 新会社設立及び事業譲受に関するお知らせ