陰影が生みだす漆芸の魅力。手仕事ギャラリー「Authentic Aesthetic-岩田俊彦 作品展-」を紅ミュージアムで開催

2020年11月14日(土)より/紅ミュージアム(東京都港区)

株式会社伊勢半本店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田晴子)は、手仕事ギャラリー「Authentic(オーセンティック) Aesthetic(エスセティック)-岩田俊彦 作品展-」を、2020年11月14日(土)より12月20日(日)まで、紅ミュージアムにて開催します。

 

 

艶やかな美しさを持った堅牢な塗料として、美術工芸品から日用品に至るまで様々な形で親しまれてきた漆。

今回、漆工芸の伝統的な技巧を用いつつ、現代の感性に溶け込む作品を既成概念にとらわれない表現で創作する漆芸作家・岩田俊彦氏の作品展を開催します。

岩田氏は、幾何学的な線や模様を配した平面に、植物や昆虫、家紋などのモチーフを精密に描いたフラットパネル作品を数多く手がけてきました。その一方で、近年、下地に使う錆漆を用いた、偶発的でアバウトな漆の表情を引き出した作品にも取り組んでいます。本企画では、新たな漆芸の魅力を発信し続ける岩田氏のこれまでの作品と、新作27点の紅板を展示・販売いたします。

Authentic-正統な技術-と、Aesthetic-稀な感性-によって日常の中にくすぶるような余韻を残す岩田氏の創作の世界を、ぜひこの機会にご堪能ください。

 

小町紅 螺鈿(白)小町紅 螺鈿(白)

小町紅 珊瑚色×黒呂色、小町紅 深緑×黒呂色小町紅 珊瑚色×黒呂色、小町紅 深緑×黒呂色

小町紅 錆肌小町紅 錆肌

ウメニドクロ 部分・個人蔵ウメニドクロ 部分・個人蔵

手仕事ギャラリー「Authentic Aesthetic-岩田俊彦 作品展-」

開催期間:2020年11月14日(土)~12月20日(日)

開館時間:10:00~17:00 ※入場は16:30まで

休館日:毎週月曜日 / 観覧料:無料

開催会場:紅ミュージアム 〒107-0062 東京都港区南青山6-6-20 K's南青山ビル

電話番号:03-5467-3735

アクセス:地下鉄東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B1出口より徒歩12分

WEBサイト:https://www.isehanhonten.co.jp

展示点数:36点(予定)

 

※今後も新型コロナウイルスの感染拡大状況、政府や東京都の勧告を踏まえ、会期・開館時間の変更、入場制限等を行う場合がございます。弊社WEBサイトで最新情報をご確認の上、ご来場ください。

 

【作家プロフィール】

岩田俊彦 / Toshihiko Iwata

1970  神奈川県鎌倉市生まれ

1999  東京藝術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業

2008 「モンブラン ヤングアーティスト パトロネージ イン ジャパン」モンブラン銀座本店

2010 「漆 そのあたらしい表現を巡って」喜多方市美術館

2012 「漆芸 軌跡と未来」東京藝術大学大学美術館

2014 「KIZASHI」ポーラミュージアム アネックス

2017 「会津・漆の芸術祭2017」福島県会津若松市

2019 「日本漆山脈」阪急うめだ本店

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社伊勢半本店 >
  3. 陰影が生みだす漆芸の魅力。手仕事ギャラリー「Authentic Aesthetic-岩田俊彦 作品展-」を紅ミュージアムで開催