チャット専業企業で国内初! チャットボットのリーディングカンパニー「チャットプラス」がPマークを取得

チャットプラス、チャット専業企業で国内初めて、プライバシーマークを取得

チャットボットのリーディングカンパニー「チャットプラス」が、Pマーク(プライバシーマーク)を取得した。AIやビッグデータの時代だからこそ守らなければならないプライバシー保護の重要性を考える。

本日(2017年6月2日)チャットボットのリーディングカンパニー「チャットプラス」(東京都千代田区 代表:西田省人)は、プライバシーマークを取得した。昨今「チャットボット」や「AI」「Web接客」など、AIやビッグデータ、属性を活用するとうたう企業が多い中、「チャットプラス」は顧客情報やチャット情報を保護されるべき「プライバシー情報」と定義する。代表の西田は言う。「チャットの履歴情報は重要な個人情報であり保護されるべき資産。テキスト化されており行動履歴よりも個人の属性を現している。」
スマートフォン利用者が爆発的に増える時代だからこそ、安心してメッセンジャーやチャットを利用できるよう、チャット履歴は適切かつ安全に取り扱わなければならない。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チャットプラス株式会社 >
  3. チャット専業企業で国内初! チャットボットのリーディングカンパニー「チャットプラス」がPマークを取得