「今ほど、女性の多様な働き方が認められた時代はないと思う」 アズママ・メルカリ・ウォンテッドリー・フランス系アパレルの4人の女性が、働く女性の最新トレンドと等身大のお悩みをシェア!

『UPLA JAPAN(東京都台東区台東4-16-8-601、代表取締役:米田佳孝)』は、パリ発日本謹製のバッグブランド『UPLA indépendant collection(アンデパンダン コレクション)』の誕生を記念したローンチパーティーにて、ワーキング・ウーマンのライフスタイルについて最新トレンドと等身大のお悩みをシェアするトークイベントを開催しました。

フワッと軽いのに床に置いても自立するトートバッグであることから、「自立(indépendant)」をブランドコンセプトに掲げるUPLA indépendant collection。ローンチパーティーでは、アズママ、メルカリ、ウォンテッドリー、フランス系アパレルに働く4名の女性ゲストを招き、自立をテーマにワーキング・ウーマンのライフスタイルについて最新トレンドの紹介、そして等身大のお悩みや思いをシェアするトークイベントを実施しました。トークイベントの内容をご紹介するレポートを公開しましたので、ぜひご覧ください。
▼トークイベントのレポート▼
http://upla.jp/note/talk160902

一部をご紹介します。
・「30代はライフイベントに翻弄される年代。ワークライフバランスって難しい」「今ほど、女性の多様な働き方が認められた時代はないと思う」-アズママ甲田氏。
・「今は情報過多の時代、かえって不安が増してしまう。もっと楽しい情報の発信があれば」「産休・育休の制度名を、メルシーボックスという親しみやすい名前にすることで、男性にも理解と活用が進んでます」-メルカリ中澤氏。
・「保活に励んでいます。海外では子どもを預けて働くことに抵抗がないように思うが、日本にはある」と今後の育児へのお悩みに会場も共感。-フランス系アパレル延足氏。
・「女性に優しくという流れだけでなく、育休から早く復帰したい人のための制度も出てきている。選択できるようになればもっと自由に働ける」と最新トレンドを紹介。-ウォンテッドリー大塚氏。


また、トークイベントの最後には、UPLA indépendant collectionのバッグを手に取っていただき、「働いていると、ファッションはラクしたいのとラクしすぎてヘコむの繰り返し。これなら、ラクしながらきちんとしていていい!」と大塚氏からお褒めの言葉。

今後もUPLA JAPANでは、ワーキング・ウーマンのリアルな姿に寄り添い、一緒に歩み応援する企画を続けていきます。「ふわっとするほど軽いのに、自立する」。軽やかに、そして自分らしく働く女性たちが増えることを願っています。



なお、UPLA indépendant collectionは10月15日(土)まで、15%オフの先行予約販売を承っております。オンラインショップ、またはゴトウフローリスト六本木本店にてお待ちしております。
【オンラインショップ】
http://shop.upla.jp

【ゴトウフローリスト六本木本店】(商品をお手にとってご覧になれます)
東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング1st
(地下鉄日比谷線・大江戸線「六本木駅」3番出口より徒歩1分)
■ UPLA JAPAN ローンチパーティー実施概要
【日 時】 2016年9月2日(金)18:00~21:00(トークイベントは18:30~19:30)
【場 所】 ゴトウフローリスト六本木本店(東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング1st)
【主 催】 UPLA JAPAN
【トークイベント レポート】 http://upla.jp/note/talk160902
【トークイベント 登壇者】
・   甲田 恵子氏(株式会社AsMama・代表取締役)
・   中澤 理香氏(株式会社メルカリ・広報担当)
・   大塚 早葉氏(株式会社ウォンテッドリー・ビジネスデベロップメント担当)
・   延足 絵理氏(フランス系アパレル会社・PR&コミュニケーション担当)
 
■ 本件に関するお問い合わせ

UPLA JAPAN(株式会社 YONEDA オフィス)
米田 佳孝 (Yoshitaka YONEDA)
電話:080-5484-4267
メール:info@upla.jp
ウェブサイト:http://upla.jp
  1. プレスリリース >
  2. UPLA Japan >
  3. 「今ほど、女性の多様な働き方が認められた時代はないと思う」 アズママ・メルカリ・ウォンテッドリー・フランス系アパレルの4人の女性が、働く女性の最新トレンドと等身大のお悩みをシェア!