Macbee Planet二年連続ベストベンチャー100に選出

Webを中心とした総合広告代理店のMacbee Planet(東京都渋谷区 代表取締役:小嶋 雄介)はイシン株式会社が発行するベンチャー通信の編集部が選ぶ「ベストベンチャー100」に2016年から2年連続で選出されました。
 



■ベストベンチャー100とは
ベストベンチャー100とは、これから成長が期待される一定の審査基準を満たしたベンチャー企業に与えられる称号です。審査基準には「経営者の資質」「ビジネスモデルの独自性」「成長性」の3つの軸があり、具体的には「売上が右肩上がりとなっている」、「商品およびサービスに独自性がある」ことが挙げられます。

これまでベストベンチャー100には約10年間で数百社の企業が選出され、そのうち当時未上場であった企業21社が上場しました。

■質疑応答
質問者:ベンチャー通信編集部 回答者:Macbee Planet代表 小嶋雄介

Q.事業内容について
A.「アフィリエイト広告運用を基幹事業としていますがクライアントの獲得単価を起点にWEBとリアルを融合し、様々なプロモーション・PRを独自にプランニングしております。」

Q.起業の経緯について
A.「インターネットの利用機会増加に伴い、WEB広告を扱う広告代理店が増えていますが、局所的な広告知識・運用スキルの向上などに終始し、肝心のマーケティングにおける総合力が乏しい会社が多いと感じてきました。 そうした中、クライアントの課題を的確に捉え、WEBならではの定量的な成果を追求しつつも、幅広い領域での広告・PRを駆使し、総合的なソリューションを提供できる会社を創りたく起業いたしました。」

Q.Macbee Planetの強みについて
A.「広告効果の見えにくい、「バラマキ型」広告は行わず、クライアントの考えるKPI KGIを理解し、あらゆる手法で戦略を設計できる点が強みです。 総合広告代理店の出身者、大手芸能プロダクション広報経験者、企画専門会社の出身者など、WEB領域に留まらない人材が多数在籍し、アイデア・企画力、PRとの融合など、独自のエッセンスを取り入れられる会社であることが成長を後押ししています。」

Q.今後のビジョンについて
A.「現在は、獲得単価にコミットしアフィリエイト広告を中心としたCPAマーケティングを最大の強みとしていますが、当社と関わるクライアントの成長ステージに合わせた提案を行うべく、PR領域や自社メディアへの人員を増やし、基幹事業であるアフィリエイト広告との積極的な融合とシナジー創出を狙います。」

■さらなる顧客拡大へ
獲得単価にコミットしアフィリエイト広告を中心としたCPAマーケティングを最大の強みとしていますが、クライアントの成長ステージに合わせた提案を行うべく、基幹事業であるアフィリエイト広告との積極的な融合とシナジー創出を狙い、クライアントにとって長期間にわたりマーケティングパートナーとなれるよう邁進して参ります。

■Macbee Planetについて
Macbee Planetは2015年8月に設立したWEBを中心に企業のマーケティング活動を支援する総合広告代理店です。同社は今後も、WEB広告を中心にクライアントのニーズに応じてPRやイベントなど、幅広いサービスをワンストップで提供して参ります。
 



商号  : 株式会社 Macbee Planet
所在地  : 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル5F
資本金  : 880万円
設立記念日  : 2015年8月25日
事業内容  : 総合広告代理業、ウェブマーケティング業務
企業HP  : http://macbee-planet.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Macbee Planet >
  3. Macbee Planet二年連続ベストベンチャー100に選出