KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証実験に成功

- 実用化に向けてMOU(覚書)を締結 -

KDDIベトナム(本社:ハノイ)は、ベトナム北部ハイフォン市のDEEP C (ディープシー)工業団地にて、同国初となるIoTを活用した電力メーターの実証実験に成功した。2018年5月15日、ディープシー工業団地を運営するDinh Vu Industrial Zone JSC(本社:ハイフォン)とKDDIベトナムは、同工業団地にてIoTを活用したサービスを導入するMOU(覚書)を締結。
実証実験では、スマートメーターのリアルタイム可視化により、効率的な電力管理を可能とする技術を確認。今後は電力メーター以外にもIoTを活用し、工業団地内のサービス向上に役立てる検討を行う。

KDDIベトナムは、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区)の海外現地法人として2000年に設立。現在、ベトナム国内に7か所の拠点を持ち、システムインテグレーションサービス及びITコンサルティングなどを通じ、ベトナム進出企業の事業展開をサポートしている。

ディープシー工業団地はベルギーの港湾開発会社レンタポート社とハイフォン市の合弁により1997年にディンブー工業団地として設立。2015年に敷地を3,400ヘクタールに拡張し、名称をディープシー工業団地に変更。ベトナム国内最高レベルの税優遇を受けることが出来る経済特区に位置し、現在14社の日系企業が進出している。

WEB:    https://www.deepc.vn/ja/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DVIZ >
  3. KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証実験に成功