ダーバン“ECOMPASSキャンペーン” 中古衣料を回収して新たな服へと再生 -持続可能な消費と生産パターンの確保へ-

株式会社レナウン(東京都江東区有明/ 代表取締役社長 北畑稔)のビジネスブランド「ダーバン」は、12月25日から30日の期間中、直営店・アウトレットの計6店舗において、持続可能な消費と生産のパターンを目指す「ECOMPASS(エコンパス)キャンペーン」を行います。キャンペーン期間中は店舗で衣料品の回収を行います。回収衣料は再生ポリエステルにリサイクルを行い、2019年秋冬には再生ポリエステルを使用した商品の発売を計画しています。
■ダーバンの「持続可能な消費と生産のパターン」への取り組み
ダーバンは持続可能な開発目標(SDGs)の「12番『つくる責任、つかう責任』」に基づき、「エコンパスキャンペーン」をスタートします。

今後、ダーバンはブランドの社会的役割として、製品の企画・製造・販売だけでなく、使い終わった製品を回収し、再生品として利用する「持続可能な消費と生産のパターン」の確保を目指します。
その一環として、日本環境設計の「BRING(※)」プロジェクトに参加し、店舗で衣料品の回収を行います。回収した衣料品の一部は再生ポリエステルにリサイクルします。2019年秋冬には、再生ポリエステルを利用した商品の発売を予定しています。
※繊維製品を地球の資源へとリサイクルするために、様々な企業同士が連携し、消費者と一緒になって取り組むプロジェクト

 

また回収衣料の一部は日本航空(JAL)とGreen Earth Institute(GEI)と日本環境設計(JEPLAN)他により共同で実施する、日本初となるバイオジェット燃料で飛行機を飛ばすプロジェクト「10万着で飛ばそう!JALバイオジェット燃料フライト」のバイオジェット燃料の原料に利用します。

※株式会社レナウンは、「10万着で飛ばそう!JALバイオジェット燃料フライト」プロジェクトに協賛しています

■エコンパスキャンペーン概要
○回収期間:2018年12月25日から12月30日
○回収場所:ダーバンの以下の6店舗
  •  KITTE丸の内店
  •  佐野プレミアムアウトレット店
  •  レイクタウンアウトレット店
  •  酒々井プレミアムアウトレット店
  •  THE OUTLETS HIROSHIMA店
  •  鳥栖プレミアムアウトレット店
上記以外の回収店舗については、決定次第ブランドサイトで情報を更新します。
ダーバンブランドサイト http://www.durban.jp/

○対象商品:紳士服・婦人服・こども服 
※衣料品のブランドは問いません
※靴・鞄・ベルトなどの雑貨、ファーなどの皮革製品、靴下、肌着、パジャマ、破損・汚染している衣類は対象外です

○特典:回収衣料1点につき、後日ダーバンアプリのポイントを500ポイント付与
※上限は5000ポイントです
※お一人様につきポイントの付与は、最初の回収の時のみ

■「エコンパス」の由来
ダーバンのブランド名は、1922年、英国皇太子来日の際の御召艦「レナウン」に巡航してきた供奉艦「ダーバン」から名付けられました。エコンパスは、航海図で使用するコンパス(compass)とエコ(ECO)を掛け合わせた造語です。回収された衣料品を受け渡す・回す(pass)という意味や、ダーバンのお客様にSDGsに関する情報をパス(pass)し、持続可能な消費と生産のパターンについて関心を持ってもらうという意味も込めています。

 ■ダーバンについて
「日本一のかっこいいスーツ」を常に追求し、時代に合わせてアップデートした提案をし続けるダーバン。欧米人に比べると肩甲骨の出っ張りが大きい、胸板が小さい、体型に凹凸がある、などの特徴を踏まえた「丸くて、かっこいいスーツ」を作り続けてきました。スーツの生産はすべて自社工場であり高い技術を持つ「ダーバン宮崎ソーイング」で行っています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レナウン >
  3. ダーバン“ECOMPASSキャンペーン” 中古衣料を回収して新たな服へと再生 -持続可能な消費と生産パターンの確保へ-