経済産業省主催 / 無料シンポジウム「エンタテインメントを活用した企業ブランディング」を2018年11月12日 (月) にTEPIAホール (東京都港区) にて開催

米国のエンタテインメント業界関係者や別所哲也氏をはじめとする国内外の第一人者が、一般企業と映像制作会社の連携による映像制作を通じた企業ブランドの構築について探る。当日取材受付中。

株式会社QPR (東京都世田谷区 / 代表取締役 清田 智) は、経済産業省からの委託事業の一環として、一般企業が、映像コンテンツを活用して企業のブランディングを行うケースが増えてきていることを受けて、一般企業がどのように制作会社と連携してブランディングのための映像制作を行っていくのかを探るシンポジウム「エンタテインメントを活用した企業ブランディング」を、2018年11月12日 (月) にTEPIAホール (東京都港区) にて開催いたします。

URL:https://producerhub.net/information/event/181112.html

エンタテインメントを活用した企業ブランディングエンタテインメントを活用した企業ブランディング

一般企業が、映画、テレビ、アニメーション等の映像制作者と共同で、その企業のもつストーリーを活かした映像の企画・制作を行い、インターネットを中心に公開していくことで、視聴者に共感や感動を与え、企業イメージの向上、そして長期的な売上増加や効果的な採用活動へとつなげていく動きが出はじめています。

 今回のシンポジウムは、上記のような、映像コンテンツを中心としたエンタテインメントを活用した企業のブランド構築をテーマに開催します。
当日は、米国から招聘したエンタテインメント業界関係者による、海外における企業と映像制作者の連携に関する最新事例紹介や映像を活用することの利点についての解説、国内の第一人者による、成功するブランディング映像制作のポイントや、映像制作者と企業との間のコミュニケーションの重要性についてのプレゼンテーション、特に中小企業において、どうすればこうした映像を活用した企業ブランディングを実現できるようになるのかに関するディスカッション等を実施する予定です。

企業のイメージアップを図ることで、営業や採用活動において様々なプラスの効果が得られます。シンポジウムは参加無料となっておりますので、企業のブランドマネージャーをはじめ、経営戦略や広報・PR等に関わっている方はぜひご参加ください。

詳細・申込はこちらから:
https://producerhub.net/form/181112.html

シンポジウム開催概要

日時:
2018年11月12日 (月) 13:00〜17:30 (開場 12:30)

会場:
TEPIAホール (東京都港区北青山2-8-44 TEPIA 4F)

当日進行:
1. ブランデッド・コンテンツ、スポンサード・コンテンツについての概要説明
2. 基調講演: Growing Brands through Entertainment and Sports: Innovations from the U.S.
  ・​Sanjay Sood (Faculty Director, Center for MEMES, UCLA Anderson School of Management)
  ・Eric Johnson (CEO, Founder, WON WORLDWIDE LLC)
  ・Bob Deutsch (CEO, Brain Sells)
3. プレゼンテーション
  ・別所 哲也 (「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表 / 俳優)
  ・杉山 英隆 (株式会社S2C2 代表取締役)
4. パネルディスカッション

定員:
250名

主な対象者:
・従来のパートナー以外との協業による新たな資金調達やコンテンツ制作の機会を求めているコンテンツ制作者の方
・ブランディング戦略を効果的に進めたいと考えている企業の担当者の方
・観光振興や地域ブランドの向上を図りたいと考えている行政、団体の担当者の方 など

参加費:
無料

備考:
本シンポジウムでは、日英の同時通訳を実施いたします。

主催:
経済産業省、株式会社QPR

詳細・申込はこちらから:
https://producerhub.net/form/181112.html

登壇者プロフィール
 

登壇者:Sanjay Sood氏登壇者:Sanjay Sood氏

Sanjay Sood (Faculty Director, Center for MEMES, UCLA Anderson School of Management)
イリノイ大学を卒業後、米国Central Corporationに入社して製品マーケティングを担当するなど経験を積んだのち、ケロッグ経営大学院、スタンフォード大学経営大学院を経て、現在はUCLA Andersonにおいてメディアやエンタメ関連の授業を監修するとともに、ブランドエクイティ及び消費者の意思決定に関する研究を行っている。また、テクノロジーやエンタメ関連企業と研究や教育において協力するなど、業界とのつながりも深い。


 

登壇者:Eric Johnson氏登壇者:Eric Johnson氏

Eric Johnson (Founder / CEO, WON WORLDWIDE LLC)
米国ディズニー社傘下の大手スポーツ専門チャンネルESPN、Global Advertising Revenue & Sales Operations部門にてマルチプラットフォーム戦略を担当するチームを率い、数々のスポンサーシップ契約をまとめるなど、ESPNの収益構造がテレビ広告枠中心からモバイル等を含むマルチメディアへ移行するのに貢献した。2018年には自身の会社であるWON WORLDWIDEを設立し、エンタテインメント及びスポーツを活用したマーケティング戦略、メディア戦略の立案などに関するコンサルティングを行っている。


 

登壇者:Bob Deutsch登壇者:Bob Deutsch

Bob Deutsch (CEO, Brain Sells)
米国の認知人類学者。アルベルト・アインシュタイン医学校で博士号を取得し、人間行動や認知について研究を重ねたのち、その分野の知見や経験に基づき、ブランディングやコンテンツ開発、戦略立案に関したコンサルティングを手がけるBrain Sellsを設立し、これまでにAppleやAmerican Express、National Geographicといった各分野の有力企業のブランディングに携わってきた。著書に『The 5 Essentials: Using Your Inborn Resources To Create a Fulfilling Life』等がある。


 

登壇者:別所哲也氏登壇者:別所哲也氏

別所 哲也 (「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表 / 俳優)
1990年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合 (SAG) メンバー。その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍中。1999年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰。2004年、米国アカデミー賞公認映画祭に認定。これまでの取り組みにより、文化庁文化発信部門長官表彰受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員、カタールフレンド基金親善大使、映画倫理委員会委員、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選出。
 

登壇者:杉山英隆氏登壇者:杉山英隆氏

杉山 英隆 (株式会社S2C2 代表取締役)
株式会社ホテルプラザ広報、株式会社マッキャンエリクソン博報堂営業局シニアスーパーバイザーを経て1997年に渡米、米国ロサンゼルスにてS2C2 Inc.を設立し、ハリウッド映画を題材とするエンタテインメント・マーケティング手法を独自で開発した。またブランデッド・エンタテインメントの老舗エージェントであるモーション・ピクチャー・マジック社のプロデューサーとして、数多くのグローバル企業のブランディングとエンタテインメントの融合を企画及び実践すると同時に、ハリウッドの最先端技術を駆使したCMやプロモーションビデオ等の映像コンテンツを数多く制作した経験も持つ。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社QPR >
  3. 経済産業省主催 / 無料シンポジウム「エンタテインメントを活用した企業ブランディング」を2018年11月12日 (月) にTEPIAホール (東京都港区) にて開催