「令和元年産宮城米説明会」サンドウィッチマン 相方の握った宮城米おにぎりをほう張りコンビ愛を再確認 令和初となる宮城の新米PRイベント、大盛況のうちに終了

  宮城県米穀周年供給需要拡大推進協議会とJAグループ宮城は、2019年9月26日(木)、東京ドームホテルにて「令和元年産宮城米説明会」を開催しました。

 本説明会では、登壇者として全農宮城県本部運営委員会 会長 高橋 正、全農宮城県本部 県本部長 大友 良彦より本年度の宮城米に関してご説明をさせていただきました。

(左から)
●みやぎライシーレディ
●全農宮城県本部 運営委員会 副会長 榊原 勇(「さかき」の字は正しくは木偏に神)
●全農宮城県本部 県本部長 大友 良彦
●サンドウィッチマン  伊達 みきお
●サンドウィッチマン  富澤 たけし
●全農宮城県本部運営委員会 会長 高橋 正
●宮城県農政部 次長 高橋 久則
●みやぎライシーレディ
 

(左から)
●サンドウィッチマン  伊達 みきお
●サンドウィッチマン  富澤 たけし


【実施概要】
主催 : 宮城県米穀周年供給需要拡大推進協議会、JAグループ宮城
名称 : 令和元年産宮城米説明会
日時 : 令和元年9月26日(木) 13:00~14:00 (報道受付12:30~)
会場 : 東京ドームホテル B1階宴会場「シンシア」
ゲスト: サンドウィッチマンさん


【主催挨拶】
 主催を代表して全農宮城県本部運営委員会 会長 高橋 正よりご挨拶と本年度宮城米の収穫状況などのご報告をさせていただき、その後、全農宮城県本部 県本部長 大友 良彦より県内外の流通データを中心にご説明いたしました。

全農宮城県本部運営委員会 会長
高橋 正(たかはし まさし)
 

全農宮城県本部 県本部長
大友 良彦(おおとも よしひこ)


【サンドウィッチマンさん 登壇】
  昨年に引き続き「宮城米メッセンジャー」に任命された、宮城県仙台市で生まれ育ち、宮城のお米を知り尽くしているサンドウィッチマンのおふたりが登壇。伊達さんは、CM撮影同様に弁当屋店主姿で登場しました。
完成したCMをまだ見ていなかったお二人は、ステージ上でCMを拝見し「素晴らしいCM」と大絶賛でした。
伊達さんは「いつも富澤が主役で疑問に思っている」、富澤さんも「役者としてのスキルがあがっています」と早速笑いを取っていました。

 

 



【新CMお披露目】
  9月27日(金)より放送開始の新CMをお披露目いたしました。
 今回の舞台は、お弁当やさん。伊達さんは弁当屋主人、富澤さんはみやぎ米をこよなく愛す常連ビジネスマンを演じました。
 撮影で印象に残っているシーンを伺った所、伊達さんは 「お米の入った窯が重くて持ち上げるシーンが大変だったのに、CM制作の女性スタッフが軽々持ち上げるし、うまくいったと思ったら制作の人は見切れたりして何度もやり直した結果、完成したCMではボヤケている」と、富澤さんは「お弁当買って喜んでスキップをするシーンが、両膝に水が溜まっているので痛かった。痛みに耐えてよくがんばった」と名言で答えました。


【“0183.8g(レイワみやぎ)”ピッタリご飯盛りバトル】
  CM撮影を通じプロ並みにうまくなったという伊達さんが“しゃもじさばき”と“飯盛り技術”を披露することに。常連ビジネスマン 富澤さんも負けじと宣戦し、弁当屋店主 伊達さん vs 常連ビジネスマン 富澤さんによる、宮城米を“0183.8g(レイワみやぎ)”ピッタリにご飯を盛れるか『みやぎ米 令和みやぎ盛り対決』が勃発しました。
 伊達さんは、「撮影から、しゃもじ捌きの癖がついた」とこだわりのご飯をつぶさない盛り方を披露してくれました。お櫃に入ったご飯を斜めに切って一言「斜めに切ってカロリーゼロにしている」また「お櫃はカロリーを吸収してくれるから大事」とお約束のネタで笑いも取りながら、お弁当箱いっぱいにきれいに盛り付けました。結果は、大幅にオーバーし476.5gだったものの、「盛り方がきれい」と富澤さんも絶賛。
 一方富澤さんは、伊達さんの結果を見てかなり少なくお弁当箱へご飯を盛り155.5gでした。

 

 

 

 


【おにぎりでコンビ愛検証(うそ発見器)】
  昨年コンビ結成20周年を迎えたサンドウィッチマンさん。日頃の感謝の気持ちを込めて相方のために宮城米でおにぎりを握ることに。鉄壁のコンビ愛が本物であることを証明するために、うそ発見器が登場し、動揺を隠せないサンドウィッチマンの2人でした。
普段からおにぎりを握るという伊達さんは、かなり上手な手つきで丸形のおにぎりをつくると、富澤さんのためにつくったはずが、「ツヤが良いですねぇ〜、うまい!」と自分で食べてしまいました。
 作り直して、富澤さんにおにぎりを渡し、「いつも面白いネタをいっぱい作ってくれてありがとう」と感謝の気持を伝えると、ビリビリとうそ発見器が作動。伊達さんは「上っ面だけだったのかなぁ?じゃぁ、そうなのかな」と笑っていました。
 つづいて富澤さんは、強めの力でしっかり握ると、伊達さんから「力強すぎじゃない?口の中にれてほぐれるくらいが良いんだよ」と突っ込みが入り、富澤さんはおにぎりが「ステルス戦闘機みたい」と答え、富澤さんも自分で食べてしまいました。
 うそ発見器では、「いつも突っ込んでくれてありがとう。最近血圧が高いから気をつけて、死なれちゃうと困る」と言ったところで反応。すかさず富澤さんは「俺は伊達に死ねと思っているっていうこと?」と自分で突っ込んでいました。


【サンドウィッチマンさんよりメッセージ】
伊達さん:今年も美味しい宮城のお米ができました。全国の方に食べて頂き、農家のみなさまに感謝しながら、宮城の米を感じて頂きたい。田んぼも増え、被災地も田んぼになってきています。
ぜひみやぎ米食べてみてください。

富澤さん:炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、男性はふくよかな女性が好きなので、ぜひみやぎ米食べてください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JAグループ宮城 >
  3. 「令和元年産宮城米説明会」サンドウィッチマン 相方の握った宮城米おにぎりをほう張りコンビ愛を再確認 令和初となる宮城の新米PRイベント、大盛況のうちに終了