TFabWorksと連携し、micro:bitなどの無償レンタルプログラムを全国のCoderDojo向けに提供

全国220ヶ所以上のCoderDojoに参加する子どもたちが、より手軽にハードウェアプログラミングを体験できる世界へ

一般社団法人CoderDojo Japan(所在地:東京都新宿区、代表:安川要平)は、micro:bitの普及活動を行う株式会社TFabWorks(所在地:千葉県柏市、代表:高松基広)と連携し、全国220カ所以上ある非営利のプログラミング道場『CoderDojo』に対して、micro:bit本体およびその周辺機器が合わさった特別キットの無償レンタルプログラムを開始します。

TFabWorks×CoderDojo JapanTFabWorks×CoderDojo Japan


【CoderDojo とは】
CoderDojo は7~17歳を主な対象として、日本全国220カ所以上で開催されている非営利のプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000以上の道場があります。日本でも2012年から活動が始まり、毎年1,500回以上のイベントが開催され、各イベントはプログラマーやデザイナー、学生や教員など、多様な方々の協力によって支えられています。

2020年11月現在は Scratch や micro:bit、Webサイト制作などが人気 ( https://coderdojo.jp/stats#tag ) ですが、特定のテクノロジーやテキストにこだわらず、参加者自身に作りたいものを考えて来てもらい、その実現を後押しすることが CoderDojo の特長の1つです。

YouTube 動画『あなたが Dojo に来る理由は何ですか?』(制作:CoderDojo Kashiwa)

 


【レンタルプログラムの内容と目的】
今回実施するレンタルプログラムでは、micro:bit の普及活動を行う TFabWorks から micro:bit 本体だけでなく、より手軽にハードウェアプログラミングが体験できる「マックイーン」や「ネオピクセルボード」などの周辺機器や、それらを使うためのテキストなども提供されます。本プログラムを活用することで、micro:bit を使ったものづくりがより気軽に始められるようになれば幸いです。
 

CoderDojo に提供されるキット例CoderDojo に提供されるキット例

本プログラムは2020年11月26日より事前登録を開始し、2021年1月15日から配送を進めていきます。なお、本プログラムにかかる費用(例:配送・返送費用、修理費など)は TFabWorks が負担します。本プログラムの詳細およびお申し込み方法などについては下記ページをご参照ください。
https://tfabworks.com/coderdojo-rental/


【一般社団法人CoderDojo Japanについて】
 一般社団法人CoderDojo Japanでは、20社以上のパートナー法人と提携・協力し、全国に220ヶ所以上ある子どものためのプログラミング道場『CoderDojo』の非営利活動を継続的にサポートしています。CoderDojoコミュニティ向けの支援や連携をご検討されている組織・法人などがありましたら、下記ページからお気軽にご連絡ください。

パートナーシップのご案内
https://coderdojo.jp/partnership
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人CoderDojo Japan >
  3. TFabWorksと連携し、micro:bitなどの無償レンタルプログラムを全国のCoderDojo向けに提供