トリッキング世界大会 岩本将成(14)優勝

~新スポーツ トリッキング 神戸の中学生が世界チャンピオンに~

JTA
2018年12月21~23日、オランダで開催された世界最大のトリッキングバトルの世界大会「 Hooked Gathering 2018(フックドギャザリング2018)」で、大人に混じって参戦した「岩本将成(14)いわもとしょうせい」が世界チャンピオンに輝きました。

 

トリッキング世界大会 岩本将成(14)優勝トリッキング世界大会 岩本将成(14)優勝

 

 

ヨハン(フィンランド)との戦いを制し、優勝を決めたヨハン(フィンランド)との戦いを制し、優勝を決めた


2018年12月21~23日、オランダで開催された世界最大のトリッキングバトルの世界大会「 Hooked Gathering 2018(フックドギャザリング2018)」で、大人に混じって参戦した「岩本将成(14)いわもとしょうせい」が世界チャンピオンに輝きました。


岩本選手は神戸市灘区在住の原田中学校2年生。神戸トリッキングスタジオ「タンドラ」にて毎日練習に励んでいます。強みは「ひねり」や「蹴り技」、「バリエーション」等全てできるオールラウンダーなところです。中でも特に得意なのは、「ひねり」で、大人を含む世界の中で、岩本選手にしかできない技がたくさんあります。中でも世界を驚愕させたのは、4回ひねりを3つの異なる入り方から成功させ、「ひねり王子が神戸にも!?」と今世界のトリッキング選手の中で1番注目を集めています。



現在、オーストラリア、アメリカ、フランス、ベルギー、モロッコ、イスラエル等の世界各国から招待選手として、オファーを受けています。招待選手として参加したオーストラリアでも岩本将成が優勝しました。2019年1月6日にオーストラリアで行われた大会でも優勝しました。


※トリッキングとは
世界中で競技者が急増している新しいスポーツです。
空手、カポエラ、テコンドーなどの武道の動きに、体操やダンスなどの動きを融合し、発展してできました。トリッキングバトルでは蹴りや宙返りなどの難度や完成度、技と技のつなぎの滑らかさ、オリジナリティなどを総合的にジャッジし勝敗を決めます。実際に相手を蹴ることはなく、技を見せ合う安全で平和的なスポーツです。 
 

 


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
名称:一般社団法人 日本トリッキング協会(JTA)
住所:兵庫県神戸市中央区南本町1-1-1 
電話:078-203-4307
メールアドレス:info@tricking.jp​
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JTA >
  3. トリッキング世界大会 岩本将成(14)優勝