500 Startups Japan創業メンバー、新VCファンドCoral Capitalを設立 - 50億円を調達し投資を開始

社会や業界の大きな課題に取り組む、シードステージの日本のスタートアップを支援

世界60ヶ国以上で2,200社以上に投資を行う米国のベンチャーキャピタル500 Startupsの日本向けファンドである500 Startups Japanを立ち上げた、James Rineyと澤山陽平は、新たに株式会社Coral Capitalを設立し、Coral Capital II, L.P.を組成。また、一次募集で、ファンド総額(出資約束金額の総額)が当初目標である50億円に達しました。

世界60ヶ国以上で2,200社以上に投資を行う米国のベンチャーキャピタル500 Startupsの日本向けファンドである500 Startups Japanを立ち上げた、James Riney(ジェームズ・ライニー)と澤山陽平は、新たに株式会社Coral Capital(コーラル・キャピタル。以下、「Coral Capital」)を設立し、Coral Capital II, L.P.(以下「Coral Capital 2号ファンド」)を組成しました。また、一次募集で、ファンド総額(出資約束金額の総額)が当初目標である50億円に達したことを併せてお知らせいたします。

 Coral Capital 2号ファンドは、シードステージの日本のスタートアップ企業を投資対象としており、主な出資者は、株式会社みずほ銀行(本社: 東京都千代田区、頭取: 藤原 弘治)、三菱地所株式会社(本社: 東京都千代田区、執行役社長: 吉田 淳一)、電源開発株式会社(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 渡部 肇史)、株式会社新生銀行(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 工藤 英之)などの事業会社、日本・シリコンバレー・香港・シンガポールの著名な個人投資家またはその運用ファンド、そして機関投資家です。

◆立ち上げの背景と目的
Coral Capitalは、「戦略的に、未来へ」をミッションとして、社会や業界の大きな課題に取り組む優秀な起業家へ投資を行い、より良い未来への貢献を目指します。
これまで我々は投資活動や投資先企業の支援に加え、シードスタートアップのための資金調達の契約書のオープンソース化や、様々な情報発信、教育活動といった活動により、スタートアップエコシステムの健全な成熟に貢献してきました。そして今、日本のベンチャー・エコシステムは確実に成長しており、2014年から2018年にかけて日本のスタートアップへの投資は2倍近く増加しています(注1)。今回の新ファンド設立にあたり、スタートアップを取り巻く環境の変化にともない、私たちが担う業界における役割を再定義し、Coral Capitalは、海の様々な生物の生活を支えるサンゴ礁(Coral)のように、スタートアップ業界における起業家を支える存在を目指しています。
尚、500 Startups Japanの全メンバーがCoral Capitalに参画します。500 Startups Japanでは約3年間で、SmartHRやKAKEHASHI、Infostellarといった40社以上の日本のスタートアップに投資を実行してきました。

◆500 Startups CEO兼共同創業パートナーのChristine Tsaiよりコメント
500 Startups Japanを立ち上げた2人が、また新しいファンドCoral Capitalを立ち上げるという挑戦を始めると聞き、とても期待しています。この数年で米国500 Startupsと500 Startups Japanのチームが一緒に達成できた素晴らしい出来事を振り返ってみると、日本では43社に投資し、大企業向けのオープンイノベーションイベントを開催、神戸市ではアクセラレータプログラムをローンチする事ができました。今後も500 Startupsは、Coral Capitalと一緒にディールフロー、イベント、新しい取り組みができる事を楽しみにしています。

◆投資先へ提供する価値
起業家をサポートするためのサービスを提供いたします。下記の4つの機能をより効果的に提供するプラットフォームを構築することで、投資先スタートアップの成長に貢献します。
 

 

 

 
  1. FUNDRAISING(資金調達)
    500社以上の投資家との関係性をデータベースで管理し、投資先がいつでもアクセスできるように維持しています。投資先企業の次の資金調達のタイミングで、どの投資家にどのようにアプローチすべきかを指導します。SmartHRのシリーズBではSPV(15億円のターゲットファンド)を組成するという特別な支援も行いました。
  2. RECRUITING(採用)
    スタートアップでのキャリアに興味がある優秀な人材と投資先が繋がれる国内最大級コミュニティ “Coral Community” を構築し、勉強会、採用イベント、カジュアル面談などを通じて、投資先が必要とする人材を繋ぎます。また、採用手法に関するアドバイスも行なっています。これまでにも、約300名が登録する大型キャリアイベントも複数回開催してきました。
  3. PUBLIC RELATIONS(広報)
    Coral Capitalとして各報道機関の記者と関係づくりを行うことで、創業初期のスタートアップの広報を支援します。適切な広報活動により、投資先の採用、営業、資金調達に貢献します。
  4. COMMUNITY(投資先スタートアップの繋がり)
    日本で最もアクティブな投資先スタートアップコミュニティ “Coral Family”を創っています。資金調達、経営、採用、開発など様々な領域の勉強会、BBQや鍋会、オンラインコミュニティなどでのナレッジ共有を通じてお互いを高め合うことで、投資先スタートアップは強いアドバンテージを持って事業を進めることができます。

◆ファンド概要
正式名称    : Coral Capital II, L.P.
出資約束金総額 : 50億円

◆株式会社Coral Capital 概要
社名                : 株式会社Coral Capital
代表                : 創業パートナー兼CEO James Riney
所在地             : 東京都千代田区大手町1-9-2 フィナンシャルシティ 3階 Global Business Hub Tokyo
ウェブサイト    : https://coralcap.co

◆本件に関する報道関係者のお問い合わせ先 
Coral Capital シニアアソシエイト 吉澤 美弥子
Tel: (03)4243-7293, E-mail: miyako@coralcap.co

Coral Capital PR事務局(イノベーションブリッジ内) 瀧本 裕子
Tel: (090)2300-5942, E-mail: hiroko.takimoto@inbridge.jp

注1:ジャパンベンチャーリサーチ「Japan Startup Finance 2018 国内スタートアップ資金調達総まとめ」調べ https://biz.entrepedia.jp/report/jsf2018-h1/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Coral Capital >
  3. 500 Startups Japan創業メンバー、新VCファンドCoral Capitalを設立 - 50億円を調達し投資を開始