女性のワインプロが審査するユニークな国際コンクール『第13回フェミナリーズ世界ワインコンクール2019』@フランス、パリにて日本ワイン15アイテム、日本リキュール6アイテムが見事金賞受賞!

EPA・FTA発令後の今、フランスのコンクール入賞は、「日本ワイン」「日本果実酒」「GI山梨ワイン」「GI北海道ワイン」の輸出の後押しに!

フェミナリーズ世界ワインコンクール・日本広報大使友田晶子(一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会/サケジョの会)代表)は、フェミナリーズ世界2019開催にともない、欧米産リキュールの出品の様子から、日本産リキュールが受け入れられると判断、今年初めて日本産リキュールの出品斡旋に踏み切り、日本リキュール6アイテムと日本ワイン15アイテムをみごと金賞の受賞にプロデュース、世界に認められるアルコール飲料を広めることができました。

 

 

 

 

<フェミナリーズ世界ワインコンクールとは>

ソムリエや醸造家、ジャーナリスト、インポーターなどワイン業界でキャリアのある女性ワインプロフェッショナルのみが審査員となって評価するユニークな国際コンクール。今年の2019年で第13回目。主催は、フランス、ボーヌで「ブルゴーニュ・ワインコンクール」を30年来運営するディディエ・マルタン氏。ワインセレクトは女性の意見や好みが多大に影響することを鑑み、2007年地元ブルゴーニュで女性審査による国際コンクールをスタート。2018年よりパリにて審査会を行っている。https://feminalise-tm.asia/

厳正な審査方法>

審査は、隣り合った審査員とは会話を交わすことなく、きめ細かにオーガナイズされた専属ソムリエたちの提供サービスとともに、10項目の審査ポイントを基に20点満点で審査。優秀なワイン・リキュールは金賞、銀賞が授与される。1人あたり約50アイテムほどを午前と午後に分け審査する。
https://feminalise-tm.asia/

<フェミナリーズ世界ワインコンクール・日本広報大使>

フェミナリーズ本局は、日本ワインの出品、日本人女性審査員の斡旋を目的に、2016年より『フェミナリーズ世界ワインコンクール日本広報大使』としてソムリエでありトータル飲料コンサルタントの友田晶子を起用。2017年にはアジア初の名誉会長を叙任している。また、日本産酒の出品業務、日本人女性審査員の斡旋業務は、友田が代表理事を務める「一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会(通称:SAKE女の会/サケジョの会)」内に設置される『フェミナリーズ世界ワインコンクール日本広報大使事務局』が請け負っている。なお、日本産リキュールの出品は今年が初。欧米産リキュールの出品をみて、日本産リキュールが受け入れられると判断し、出品斡旋に踏み切った。
https://omotenashi-sakejo.com/

 

<第13回フェミナリーズ世界ワインコンクール2019結果>

 


2019年4月4日(木)にパリで開催。今年は、世界16か国から5540アイテムのワインとリキュールが出品。同じく世界から集まった女性審査員は510名。日本からは広報大使を含め6名が参加。日本からの出品は、日本ワインが16社、44アイテム。日本リキュールが15社、21アイテム。合計65アイテムの出品があった。結果、日本ワインが9社、15アイテム。日本リキュール6社、6アイテムが見事金賞に輝いた。

https://omotenashi-sakejo.com/news/feminalise2019-3/

ワイン部門 金賞受賞(9社、15アイテム)

メーカー名(五十音順)/ワイン名

  • 岩の原葡萄園(新潟)/レッド・ミルレンニューム 2017
  • 同上/深雪花 赤
  • エーデルワイン(岩手)/五月長根葡萄園 白
  • 同上/ゼーレ 大迫 メルロー
  • 同上/ゼーレ 大迫 ツヴァイゲルトレーベ
  • キャメルファーム(北海道)/キャメル ブリュット メトード・トラディショナル
  • 楠わいなりー(長野)/リースリング 2017
  • サンクゼール(長野)/サンクゼール シャルドネ 2017
  • 同上/長野シャルドネ
  • 同上/エール ルージュ 2014
  • ワイナリー(山梨)/勝沼 甲州 シュールリー 2017
  • 白山やまぶどうワイン(福井)/白山 アンドソル ヤマソーヴィニョン 2017
  • 盛田甲州ワイナリー(山梨)/シャンモリ 山梨 甲州
  • 大和葡萄酒(山梨)/ハギースパーク重畳 2018
  • 同上/重畳 2018
リキュール部門 金賞受賞6社6アイテム
メーカー名(五十音順)/ワイン名
  • 香住鶴(兵庫)/こだわりの 梅酒
  • 賀茂鶴酒造(広島)/賀茂鶴 純米酒仕込 梅酒
  • 久保田酒造(福井)/一筆啓上 梅の酒
  • 大七酒造(福島)/生酛梅酒
  • 舩坂酒造店(岐阜)/すっぱ濁り梅子
  • 町田酒造(鹿児島)/奄美たんかん酒

<メダル>

今回の受賞酒にはゴールドメダルが貼られ市場に出回る。女性のワインプロが選んだ、おすすめのワイン・リキュールである証。購入は都内酒販店・百貨店など。
今年の日本産酒は金受賞のみ。オールゴールド!!

 

お問い合わせ
「フェミナリーズ世界ワインコンクール日本広報大使事務局」
一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会/(通称:SAKE女の会/サケジョの会)内
住所:〒102-0082東京都千代田区一番町6 相模屋本社ビル7階
電話:03-4405-4763
Email:info@omotenashi-sakejo.com (事務局:谷美紀/舘谷葉子)

フェミナリーズ世界ワインコンクール 日本広報大使事務局HP
https://feminalise-tm.asia/

(一社)SAKE女の会 HP
https://omotenashi-sakejo.com/

友田晶子公式HP
http://www.akikotomoda.com/

フェミナリーズ世界ワインコンクール2019審査の様子
https://omotenashi-sakejo.com/news/feminalise2019-2/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本のSAKEとWINEを愛する女性の会 >
  3. 女性のワインプロが審査するユニークな国際コンクール『第13回フェミナリーズ世界ワインコンクール2019』@フランス、パリにて日本ワイン15アイテム、日本リキュール6アイテムが見事金賞受賞!