海湊山湊(ウミミナト ヤマミナト)〜日本みなとの美の祭典〜

2日間限りのプレミアムな文化体験プログラムを港区赤坂で初開催!伝統芸能〜モダン舞踊&竹と藍の体感ギャラリーで風情を感じながら多彩なライブステージやワークショップが楽しめる日本みなとの美の祭典!

本件は※文化プログラムの推進事業として公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団(所在地:東京都港区)が『海湊山湊〜日本みなとの美の祭典』の初開催に取り組むことが決定いたしました。
国際競技イベントの開催決定の機を捉えて、東京都の中でも文化発信力が強い港区から世界に向けて音楽、ダンス、アート、日本の伝統文化の魅力を広く発信し、訪日客を含めどなたでも親しんでいただける文化事業を展開してまいります。第一回目となる本イベントは2019年8 月2 日(金)、3 日(土)に、赤坂区民センターを会場として、当日はホールでの多種多彩なアーティストのライブステージとホワイエでは竹と藍が織りなす体感ギャラリーや藍染細工等のワークショップもお楽しみいただける体験型企画も開催予定です。
※文化プログラムは、国際競技イベントの開催前から期間中にかけて実施される様々な文化イベントのプログラムです。

【正式名称】海湊山湊(うみみなとやまみなと)〜日本みなとの美の祭典〜
【開催概要】
<日 時> 2019年7月28日(日)~8月3日(土)
<場 所> 赤坂区民センター区民ホール、ホワイエ
      住所:〒107-0052東京都港区赤坂4丁目18−13赤坂コミュニティーぷらざ内
<対 象> どなたでも

【プログラム】
(1)ライブステージ公演
「静」と「動」の伝統芸能&モダン舞踊
<日 時> 8月2日(金)17:00開演(16:30開場)
      8月3日(土)17:00開演(16:30開場)

<出演者&イベント概要>
8月2日(金)まだこばやし(和太鼓+コンテンポラリーダンス) Para Dance Creators(車いすダンス等)
       BLUE TOKYO(男子新体操ダンスパフォーマンス)

8月3日(土)赤坂茜囃子(お囃子の演奏)
                 氷川雅楽会(雅楽の演奏)
                   青木涼子(能×現代音楽)
                   富山県民謡越中八尾おわら保存会上新町支部 (越中おわら節)

<場 所> 区民ホール
<定 員> 各日350名 全席指定席         
<申込み> WEBチケット Kissポートの公式ホームページをご確認ください。
                  ※中学生以下は保護者同伴必須
                  ※インターネット環境のない方と車椅子で観賞される方は、Kissポート財団までご相談ください。
<チケット料金(各日)> 高校生以上2,000円 中学生以下無料(保護者同伴必須:1名につき2名まで)
<チケット発売日> 6/5(水)12:00~8/1(木)12:00
                              ※定員に達した場合は販売終了となる場合もございます。
<その他>
・手話通訳がつきます。
・一時保育あり(公演対応のみ。事前申込制。詳細はKissポート財団までお問合せください)

(2)和文化体験ワークショップ
藍染生地の手鏡作り等、和文化に親しんでいただけるワークショップ
<日 時> 8月2日(金)、8月3日(土)各日12:00〜18:00(受付終了)
<定 員> 各日50人
<場 所> ホワイエ
<料 金> 1回500円(税込)
<申込み> 当日正午から随時受付

(3)竹と藍の体感ギャラリー
竹で作られた参道や風鈴の装飾、藍染めの展示など五感で楽しめるギャラリー
<日 時> 7月28日(日)~8月3日(土) 各日9:00-21:00
<場 所> ホワイエ
<料 金> 入場無料
<申込み> 不要

【主 催】 公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団(Kissポート財団)
【共 催】 港区
【協 力】(一社)映像文化革新機構、NPO法人江戸前21、(公財)日伊協会、Dance New Air実行委員会
【後 援】(一社)港区観光協会、港区国際交流協会

【出演者プロフィール】

©︎金子愛帆©︎金子愛帆

まだこばやし(和太鼓+コンテンポラリーダンス)
玉川大学芸術学部和太鼓チームの卒業生であるダンサー・和太鼓奏者により2014年に結成。全員がダンスと和太鼓演奏を兼任するパフォーマンススタイルで、関東を中心に、三陸国際芸術祭(岩手)、南郷アートプロジェクト(青森)などに招聘、国内各地でパフォーマンスを行う。迫力と冗談と原始的な力を武器に、和太鼓演奏の身体性と、音楽的な身体が交錯する力強い作品を創作している。 これまでの主な作品として「がわ」 「まうら」「それぞなる」「DAN/DAN」がある。

 

Para Dance Creators(車いすダンス)
私たちはマイノリティの代弁者として、そして私たちの「個性」でしか表現できない事を発信し「創造する集団(クリエーターズ)」 としてNPO法人日本車いすダンススポーツ連盟を母体として、産声をあげました。音楽、歌、書画、ダンス、演技といった人間の尊厳から来る「心の表現」をジャンルを問わず、そしてマジョリティーとマイノリティー の壁を無くして、「個性」を自由に表現できる場を提供し、共に作り上げる事を信条としています。

 

©Dance New Air 2018 photo by Yulia Skogoreva ©Dance New Air 2018 photo by Yulia Skogoreva

BLUE TOKYO(男子新体操ダンスパフォーマンス)
「青森から全国、そして世界へ」の志と、アスリートとして魂を育んだ青森県の 「青(BLUE)」を胸に、2010 年に結成し世界での活躍を目指し「東京(TOKYO)」に 活動拠点を置く。青森大学・青森山田高校男子新体操部 出身のアクロバットプロパフォーマンスユニット。アスリートとして研ぎ澄まされた肉体と音楽がシンクロし躍動する ダイナミックなパフォーマンスは唯一無二のエンターテイメント。Cirque du Soleil メンバーとしてワールドツアーとラスベガス常設ステージにて出演 するメンバーも在籍。個人、グループとして国内アーティストのサポートパフォーマーや舞台公演、海外公演、企業イベントなど多方面で活躍中。2017 年 2 月青森市観光大使として任命。2017 年 WORLD OF DANCE ラスベガス大会優勝。American’s Got Talent season 13 出演。
 

赤坂茜囃子(お囃子の演奏)
囃子には、歌舞伎、能、寄席、祭り囃子などそれぞれに特徴のある囃子があります。赤坂茜囃子会は祭り囃子の会として昭和24年に赤坂中ノ町・新四町会で発足、祭りの際に町会山車に乗り演奏をしてきました。近年では赤坂氷川神社の江戸型山車「赤坂氷川山車」が修復され演奏の機会をいただいたり、近隣地域の祭りにも声をかけていただいたりと活動の場が広がっています。メンバーは地元の子供達が中心となりますが、子供には少し難易度の高い笛の演奏や普段の稽古のお世話はお母さんたちが大活躍をしています。赤坂茜囃子会は地域の皆様に支えられて活動をしてまいりました。祭り囃子は同じ曲でもまるで違う曲に聞こえることがあります。それぞれの地域にあわせて変わりながら伝えられてきたからと考えられ、祭り囃子の一番の魅力ではないかと思います。

 

氷川雅楽会(雅楽の演奏)
赤坂氷川神社の雅楽会。雅楽は1,300年前より伝わる世界最古のオーケストラといわれ、その和声と音組織は、高度な芸術的構成をなし、現代音楽の創造・進展に対して直接間接に寄与するばかりでなく、雅楽それ自体としても世界的芸術として発展する要素を多く含んでいます。現在では宮中や神社仏閣の他、さまざまな行事においても演奏されています。その雅楽に親しんでもらうことを目的に、月3回、初心者の方を中心に、篳篥・笙・龍笛の練習をしています。月の最終日には3菅合わせての合奏も行います。そして、日頃の練習の成果を発揮すべく、年1回の神社祭礼時、生徒全員で奉納演奏を行います。上級者は、地域の各種行事においても出張演奏もしています。
 

Photo by Hiroaki SeoPhoto by Hiroaki Seo

青木涼子(能×現代音楽)
世界の主要な作曲家と共に、能の声楽である「謡」を素材にした新しい楽曲を生み出し、国内外で広く発表を行っている。ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫などの作曲家による現代音楽作品の初演、オーケストラとの共演、オペラ出演などにより能の「謡」の可能性を積極的に探求している。テアトロ・レアル王立劇場にてオペラ出演。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、ミュンヘン室内管弦楽団など世界のトップオーケストラと共演。パリの秋芸術祭、バルトーク・フェスティバル、トンヨン国際音楽祭などの各国の音楽祭への参加や、コンセルトヘボウ、フィルハーモニー・ド・パリ、ケルン・フィルハーモニーなど各国の主要なホールに出演するなど、世界的な活躍をしている。東京藝術大学音楽研究科修士課程修了(能楽観世流シテ方専攻)。ロンドン大学博士課程修了。平成27年度文化庁文化交流使。

 

富山県民謡越中八尾おわら保存会上新町支部
(越中おわら節)

富山県民謡越中八尾おわら保存会は、昭和4年に発足して以来、江戸時代に始まり今日まで伝えられてきた唄、囃し三味線、胡弓太鼓などの地方(じかた)、踊りの総合的な伝統芸能である民謡「越中おわら節」の保存と後継者の育成に努めています。本公演出演の上新町支部では、「風の盆」期間中、地域以外から八尾にお越しになった皆様にも「越中おわら」に親しんで頂けるよう参加型の「大輪踊り」を行っています。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団 >
  3. 海湊山湊(ウミミナト ヤマミナト)〜日本みなとの美の祭典〜