【ペットの花粉症対策に】東大阪の染工場が、1着からのドッグウエア花粉対策加工サービスをスタート

クリーニング加工で培ったノウハウを応用。全国の一般ユーザーや手作り作家の需要見込む

染色・クリーニング等の繊維加工を行う株式会社福井プレス(大阪府東大阪市、代表取締役・福井伸 / 以下、当社)は、個人や手作り作家向けの小ロット防花粉加工サービスを、2019年6月より開始する。79年続く個人向けクリーニング加工業のノウハウを活かし、生地ではなく製品に仕立て上がった状態で1着から加工する「超極小ロット加工」の新メニュー。日本全国のペットウエア作家などの個人事業者、一般ユーザーからの需要を見込む。
福井プレス公式webページ:http://fukuipress.com/

 

■本リリースのポイント

① 増大するペットの花粉症対策に。お手持ちのウェアを後から加工OK。
② クリーニング業で培った超極小ロット管理で、一点からの依頼にも対応。
③ 従業員7名・東大阪の小さなクリーニング工場の新規事業。

【本事業開始の背景・ペットと花粉症】
近年、犬や猫などのペットにも人間と同様の花粉症があることが話題になっており、人間と同様くしゃみの他、皮膚炎として表れやすいことが指摘されています。ペット自身の花粉症対策はもちろん、ペット毛について屋外から持ち込まれた花粉による家族への影響も懸念されています


【本加工サービスの詳細】
花粉をはじく「屋外用加工」と、室内の花粉を吸着する「室内用加工」の二種を用意しています。



「屋外用加工 "花粉リリース"」
繊維上に柔軟で強固な樹脂皮膜形成。あらゆる繊維素材に対して花粉を付着しにくくすると同時に、万一付着しても簡単に払い落とすことができるようになります。



「屋内用加工 "花粉キャッチ"」

部屋の中に持ち込んでしまった花粉を衣服がキャッチ。空気中への飛散をおさえ、体内に入り込むのを防ぎます。また、キャッチした花粉は水で簡単に洗い流すことができます。表面は全くべとつきません。

 


【クリーニングで培った超極少ロット加工】
当社で行う加工は、製品を薬剤に漬け込む「浸染」加工のため、繊維の中まで薬品が浸透します。そのため、市販されている花粉対策スプレーを吹き付けるのと比較して、薬剤が均一に繊維の奥まで多量に入り込みます。そのため、洗濯を繰り返しても効果が落ちにくくなっています。


【料金】
260円/100g~。一着でも加工可能です。法人の方だけでなく、一般のお客様や作家活動をされている個人事業主の方も気軽にご利用いただけます。



【株式会社福井プレスについて】
昭和13年クリーニング工場として創業。三代目の現代表取締役・福井伸の就任後、アパレル向け染色加工事業を開始。通常の染色の他、草木染や特殊加工などを行っている。個人向けの衣類再生事業「染め直し屋」(http://somenaosiya.jp)など、クリーニング事業で培った極小ロット管理ノウハウを活かし、独自の事業を展開中。

公式webページ:http://fukuipress.com/
 

 ▲株式会社福井プレス 代表取締役・福井伸

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社福井プレス >
  3. 【ペットの花粉症対策に】東大阪の染工場が、1着からのドッグウエア花粉対策加工サービスをスタート