不動産仲介のDXを推進する「カナリー」運営の株式会社BluAge、約3億円の資金調達を実施

売買領域におけるヤフー株式会社との事業提携も発表

不動産仲介業者の業務をオンライン化する業務効率化ソリューションとお部屋探しアプリ「カナリー」を運営する株式会社BluAge(本社:東京都中央区、代表取締役:佐々木 拓輝)は、Angel Bridge、東大創業者の会応援ファンド、SMBCベンチャーキャピタル、個人投資家などより約3億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
賃貸物件を探す消費者向けアプリ「カナリー」は正式リリースから約1年間の期間で16万件以上のダウンロード、2万件以上の内見依頼がありました。主要な部屋探しアプリの中では最も高いレビュー(★4.7)を獲得しています。また2020年7月より同アプリ内において売買版を正式リリースし、ヤフー株式会社と売買物件情報における事業提携を締結したことを合わせてお知らせいたします。ヤフー株式会社が運営する不動産ポータルサイト「Yahoo!不動産」が扱う約30万件の物件情報がカナリーにも掲載されます。
 


■「カナリー(CANARY)」概要
カナリーは、2019年6月にリリースされた、賃貸及び売買物件を探すお部屋探しプラットフォームです。主要なお部屋探しアプリの中では最も高いレビュー(★4.7)を獲得し、ユーザー視点の優れたUI/UXを強みとしています。

従来のお部屋探しにおいては、消費者がWebサイトや広告を通じて複数店舗へ直接来店していますが、昨今、スマートフォンの普及や新型コロナウイルス感染拡大の影響により、来店せずにモバイルアプリを通じて物件を探す消費者が増えています。

カナリーでは、透明性と利便性が高いプラットフォームを特徴としており、いわゆる「おとり物件」を含む募集終了物件や重複した情報を大きく削減し、ユーザーは正確で最新の情報をもとに部屋探しができるようになります。
また、1物件からの複数仲介会社への同時問い合わせが発生しない仕組みとなっているため、問い合わせに対する成約率が高いことも特徴の一つです。

 

 








■代表プロフィール

代表取締役 佐々木 拓輝
東京大学経済学部卒業後、メリルリンチ投資銀行部門にて、国内外のM&Aや資金調達に従事。その後ボストン コンサルティング グループを経て、2018年4月に株式会社BluAgeを設立

■会社概要

会社名  : 株式会社BluAge
代表者  : 代表取締役 佐々木 拓輝
所在地  : 〒104-0041 中央区新富1-8-2 MIYAMAビル3階
設立   : 2018年4月
事業内容 : 部屋探しアプリ「カナリー」の提供
URL   : https://bluage.co.jp/




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BluAge >
  3. 不動産仲介のDXを推進する「カナリー」運営の株式会社BluAge、約3億円の資金調達を実施