子どもの食育に再注目!子どもの習慣改善に向けて、森の保育園「ベジセーフ」活用で栄養豊富な”ビーガン給食”を更に安全に!

~12月14日(月)よりベジセーフをビーガン給食の食材洗浄に本格活用開始~

 この度、ビーガン・グルテンフリー給食を提供するなど、”ベジ給食が子ども達の未来を創る”をコンセプトに保育園を運営する森の保育園(所在地:東京都大田区)にて、2020年12月14日(月)より、子ども達への食育を兼ねて、給食にて使用する各種食材を洗う際に、ベジセーフをご導入いただくこととなりました。

 森の保育園は、創業当初より子どもたちにとって一番幸せな環境は、“保護者と保育園が仲のいいこと”であるという価値観のもと運営されています。核家族、少子化と言われている昨今、物質的環境改善も然ることながら、人的環境を豊かにしていくことで、子どもたちのレジリエンス(心の弾力性)が高まります。そのために、ご家庭の教育方針と保育園の教育方針が一致した、お互いに子ども達の健やかな成長の為に歩み寄り、共に成長していく保育園を目指し続けています。また、子ども達の身体を作る食事にも細部まで気を遣っていて、日々の給食では、日本でも珍しい“ビーガン給食”を提供しています。一日一食を“まごわやさしい”+玄米給食にするなど、身体作りと密接に関係する食事に、細かな配慮をしています。
 

 
  • 保育園の特色①「子どもの身体を作る食にこだわる“ビーガン給食“」
 人の身体や血液は“食”によって創られます。人間の血液はPH7.35〜7.45の弱アルカリ性が理想だと言われていますが、現代の家庭では酸性食品(動物性食品、精白された食品など)が多いため、森の保育園では、アルカリ性食品(豆、ゴマナッツ、海藻、野菜、きのこ、芋、玄米)のみで食事のバランスを取る、“ビーガン給食”を提供しています。ダルさ、やる気低下、記憶力、思考力の低下は血液の酸化が原因の一つと考え、幼児で1日170g程度の野菜を摂取できるよう給食のレシピを設計しています。

 
  • 保育園の特色②「NEW START プログラム」
 森の保育園では、人々を健康にする知恵と原則を8つにまとめ、その英語の頭文字をもじって組み合わせた「NEW START」プログラムを保育に取り入れています。ビーガン給食、幼児教育、外遊び、保護者と保育園の人間関係など、全て根底にこの原則を据えています。

N ニュートリション(栄養):まごわやさしい+玄米給食
E エクササイズ(運動):外遊び リトミックなど
W ウォーター(水):きめ細やかな水分補給
S サンシャイン(太陽):毎日の散歩と窓で囲まれた日当たりの良い保育室
T テンパランス(節制):規則正しい生活習慣を学ぶ
A エア(空気):鼻呼吸の推奨
R レスト(休息):上質な睡眠・休日のすごし方
T トラスト(信頼):身近な重要な人間関係を良好にする
 

 
  • 保育園の特色③「愛を育む道徳教育と自宅感覚の施設空間」
 森の保育園では、道徳教育を通して、思いやり、いたわり、励まし合いを学びます。生活のあらゆる行為は、例えどんなに些細な事であっても、人格の形成に影響を及ぼします。良い人格を形成させるためには、意志力と自制力が必要ですが、愛を持って根気強く教育することで、他者を愛せる人に育ちます。また、教室の空間は可愛すぎる空間でなく、落ち着いた室内を目指し、園児たちが自宅に居るような安心感を持てるように、住宅と似た仕様にしています。
  • お子さまの健康的な未来のために、森の保育園とベジセーフの出会い

森の保育園代表 長野眞弓氏森の保育園代表 長野眞弓氏

弊社の給食は、我が子のアトピーや、落ち着きが無い、キレやすい、だるい、集中出来ないといった行動の改善方法を探していた際に出会った、「まごわやさしい」という食の選び方をベースにしています。原因は、GI値、血糖値スパイク、細胞内のミネラルバランス、ミトコンドリアで作られるATPと肝臓・腎臓の機能の関係だとわかりました。細胞内のミネラルバランスを崩し、肝臓・腎臓の機能にダメージを与える化学物質を極力避ける食事に変えたことで、我が子は近所が驚くほど改善が見られました。しかしながら、添加物や農薬などの化学物質の摂取は、避けようがない時代になってきました。
そんな時にベジセーフを教えていただき、実験を見てびっくりしました。更に、野菜の味が美味しく変わり、ベジセーフを使わない時と全く違いすぎて、「これは凄い!」と驚き、すぐに給食の食材洗浄に活用することにしました。お子さまの小さな身体に蓄積され続ける化学物質を少しでも除去してあげたいという祈りを込めて、お子さまの未来のために、ベジセーフのある給食室で給食を作ります。


【森の保育園 概要】
■名称  :認可保育園「森の保育園」
■所在地 :〒146-0081 東京都大田区仲池上1-31-13 3F
■設立  :2006年4月
■保育定員:58名(0才:8名/1才:10名/2才:10名/3才:10名/4才:10名/5才:10名)
■HP    :http://mori.castanets.jp

【子育て支援クラブ カバン・ド・レザン 概要】
■名称  :子育て支援クラブ「カバン・ド・レザン」
■所在地 :〒145-0071 東京都大田区田園調布2-40-19 フォースDC1F
■設立  :2020年11月
■HP    :http://www.cabane-de-raisin.com

【運営法人 概要】
■社名   :株式会社育児サポートカスタネット
■所在地  :〒146-0081 東京都大田区仲池上1-31-13 3F
■代表取締役:長野眞弓
■設立   :1999年10月
 

長野眞弓(ながの・まゆみ)氏
株式会社育児サポートカスタネット代表取締役
社会福祉法人美徳社理事長

<プロフィール>
1959(昭和34)年1月大阪府堺市に生まれる。神戸保育専門学校を卒業後、保育士となる。保育園、児童館、児童施設など勤務。1996年、大田区認定家庭福祉員として家庭保育開設。2006(平成18)年、東京都認証保育所「森の保育園」開設。翌年法人化し、株式会社育児サポートカスタネット代表取締役就任。2018年認可保育園となる。同年、フリースクール「美徳社」設立、代表就任。社会福祉法人美徳社設立、多機能障碍者就労支援施設開設。理事長兼任施設長就任。 2020年11月子育て支援クラブ「カバン・ド・レザン」設立。

■保有資格
選択理論心理学上級修了カウンセラー、JPSAアソシエイトプロスピーカー、プロフェッショナル・ファスティングマイスター、杏林予防医学研究アカデミー 初級講座講師、JOPHダイエットアドバイザーなど。
■書籍情報
「Happy子育て―イライラお母さんが突然、子育て上手になりました―」
価格:1400円(税抜)
 
  • 衣類クリーニングの研究から生まれたベジセーフ

 当社は、2007年にクリーニング事業で創業しました。衣類や革製品のクリーニング工程の中で、汚れを落とすために多くの化学薬品を使用しますが、人体への影響は非常に大きいと言われています。そのため当社は、化学薬品を使用しない水洗いの方法を独自に模索してきましたが、衣服に付着したたんぱく汚れ、皮脂などの油分汚れを化学洗剤を使用せず、“水”だけで落とすことができる「アルカリ電解水」に着目しました。
 ベジセーフは、店頭に並ぶ野菜や果物の品質を保つために使われる防腐剤や、残留農薬の除去に、このアルカリ電解水を応用できないかと考え開発いたしました。クリーニング事業で汚れを落とすこと、人の健康にこだわってきたからこそ生まれたのが、このベジセーフです。

 

  • 「ベジセーフ」とは
ベジセーフは、野菜や果物、お米、お肉やお魚まで使用可能な食品を洗えるお水です。成分は炭酸カリウムと純水だけを使用しているため、人にも地球にも優しいのが特徴です。野菜や果物の表面についた汚れはもちろん、残留農薬、アクも落とすことができるため、素材本来の味が際立ち、鮮度保持にも繋がります。安心の原材料と素早い効果で、毎日の食卓に「おいしい」「健康」をお届けします。
※着色料、香料、界面活性剤、防腐剤は一切使用していません。

【ベジセーフ商品概要】
■名称  :野菜洗いのお水「ベジセーフ」
■使用成分:純水、炭酸カリウムのみを使用
■小売価格:400ml 1,200円/1,200ml 3,375円(税別)
■購入方法:
東急ハンズ各店
オンライン販売:https://vegesafe.jp/lp?u=pr02

【会社概要】
■社名   :株式会社land link
■所在地  :東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8F
■代表取締役:蓮見 知章
■事業内容 :
クリーニング業、衣類・バッグ・靴 無酸素無菌で保管「MUSEO」
電解アルカリイオン水「ベジセーフ」製造・販売、マーケティング・企画業
■HP:https://landlink.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社land link >
  3. 子どもの食育に再注目!子どもの習慣改善に向けて、森の保育園「ベジセーフ」活用で栄養豊富な”ビーガン給食”を更に安全に!