青山メインランド ITを活用した重要事項説明の社会実験に6月より参画

マンションディベロッパーとして首都圏を中心に商品の開発・販売を手掛ける株式会社青山メインランドは、ITを活用した重要事項説明の社会実験の実証実験事業者として登録が決定したことをお知らせします。



株式会社青山メインランド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西原良三)はITを活用した重要事項説明(以下IT重説)の社会実験に6月より参画する予定となっています。
 
この社会実験は、売買取引へのIT活用の推進を目的に、国土交通省が推進しているもので、その事業者として当社の登録が完了したことをお知らせします。

これを持ちまして、当社では2020年6月よりIT重説を開始し、対面が前提とされる不動産取引の売買契約における重要事項説明をパソコン、タブレット、スマートフォン等の端末越しにインターネット上のビデオ通話を利用して実施します。

【社会実験実施期間】
2020年6月~2020年9月30日予定

宅建業者は不動産売買の契約成立までの間に、契約の相手方に対して取引に係る重要事項を説明することが義務付けられています。これまでは宅地建物取引士が書面を交付して対面で説明を行う形が通例でした。

しかし、生活環境が変化してさまざまな分野でデジタル化が進み、賃貸取引に限定されていたIT重説が個人の売買取引にも対象が拡大されています。お客様が外出する必要がなくなり、宅地建物取引士の移動時間なども削減できるため、効率化されることが大きなメリットとなります。

今後、当社は本社会実験の結果を踏まえ、売買契約を含めた不動産取引全般におけるオンライン化を目指して参ります。

■関連サイト
青山メインランド コーポレートサイト:https://www.aml.co.jp/

- 株式会社青山メインランド -
代表取締役: 西原良三
事業内容 :不動産の企画開発、売買、販売、仲介および不動産資産の運用、管理
設立日  :昭和63年4月1日
所在地    :東京都千代田区内神田1丁目7番6号 北大手町ビル
URL   :https://www.aml.co.jp/
---------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社青山メインランド >
  3. 青山メインランド ITを活用した重要事項説明の社会実験に6月より参画