ライフタイムベンチャーズ、OISTとの連携VCファンドを設立

世界をリードする研究や起業家に投資するベンチャーキャピタルとして投資活動を開始

ライフタイムベンチャーズ(本社:神奈川県横浜市、代表パートナー:木村 亮介、國井 紅秋、粟田 健太郎)は、2022年5月26日、沖縄科学技術大学院大学(所在地:沖縄県恩納村、学長: ピーター・グルース、以下OIST)と連携して「OIST-Lifetime Ventures Fund」を設立し、投資活動を開始したことをお知らせします。


同ファンドは、Health & AgeTech(ヘルスケア・医療・介護・高齢化とテクノロジーの融合)、Future of Work(テクノロジーを活用した働き方の変革)、Cross-border Japan(テクノロジーを活かした越境ビジネスと日本社会の国際化)、Sustainable Living(地球環境と調和の取れた生活を実現するテクノロジー)、Blue Economy(海の健康を守りながら発展する新しい海洋産業)の分野において、社会に大きなインパクトを与えるディープテック・ソリューションの創出を目指しています。インキュベイトファンド株式会社からの支援のもと、ライフタイムベンチャーズはOISTと連携し、OIST及び国内外のアーリーステージのスタートアップを主な投資対象に、総額50億円(約4,000万米ドル)規模のファンド組成を進めます。

ライフタイムベンチャーズの木村亮介 代表パートナーは次のように述べています。「OIST-Lifetime Ventures Fundの立ち上げに伴い、ライフタイムベンチャーズは3名の代表パートナー体制(うち2名は海外で5年以上のビジネス経験あり)となり、横浜、沖縄、京都の3つの地域に拠点を拡大します。日本におけるベンチャーキャピタルの国際化と、地域との連携強化を推進します。また、OIST発展の鍵となるこの特別な時期に、同校と連携できることを大変嬉しく思います。私たちは、OISTキャンパス内に沖縄の拠点を置き、OISTの研究者と連携しながら、様々な技術やアイデアを市場に送りだすことを支援します。また、優秀な人材を惹きつけるOISTの魅力を活かし、国内外にまたがる世界水準の起業家コミュニティを構築します。」

OISTのピーター・グルース学長兼理事長は、次のように述べています。「国内のベンチャー市場における資本規模は、過去10年間で約10倍に拡大しており、日本で起業するには今が絶好の機会です。OISTは、ライフタイムベンチャーズと連携し、この勢いをさらに加速できると大きな期待を寄せています。OISTが知の拠点としての役割を担い、世界トップレベルの研究と積極的な投資活動が組み合わさることで、イノベーション・エコシステムを生み出す沖縄の真の力が発揮されるでしょう。」

科学技術や特定領域の専門家を支援し、技術・研究とビジネスの橋渡しをするという共通のビジョンをもとに、ライフタイムベンチャーズとOISTの提携が実現しました。同ファンドは、資金面での支援に加え、事業計画策定、初期顧客開拓支援、創業期メンバーの採用、チームビルディングなど、創業者が初期の事業立ち上げに必要なサポートを多面的かつ柔軟に提供する予定です。

OISTのギル・グラノット・マイヤー技術開発イノベーション担当首席副学長は次のように述べています。「OISTは、世界最高レベルの科学者たちにとって魅力的な場所であると同時に、突出したイノベーターや起業家たちにとっても魅力的な場所になることを目指しています。OISTはこれまで、科学とイノベーションを沖縄で加速するために必要な施設や高い対応能力を構築してきました。その結果、OISTは、あらゆる国のスタートアップ創業者に対して、沖縄で起業する機会を提供できるようになったと考えています。また、最先端の研究設備、インキュベーション施設、ビジネスパートナー、そして志を同じくする仲間たちが集う国際的なコミュニティへのアクセスも提供しています。本ファンドは、OISTを中心とした持続可能なスタートアップのエコシステムを構築するための次のステップであり、沖縄がアジア太平洋地域における新たなイノベーションの拠点の一つとして位置づけられるための絶好の機会だと考えています。」

OIST-Lifetime Ventures Fundは、日本の大手ベンチャーキャピタルであるインキュベイトファンドのファンド・オブ・ファンズより強力な支援と出資を受ける予定です。

インキュベイトファンドのポール・マクナーニ 代表パートナーは次のように述べています。「インキュベイトファンドのIFLPファンドは、若手ベンチャーキャピタリストのファンドの立ち上げを支援してきた長い歴史があります。ライフタイムベンチャーズは、IFLPの支援先としてすでに2つのファンドを成功させ、卓越した実績を上げています。ライフタイムベンチャーズの実践的なアプローチとOISTの豊富な科学技術のリソースを兼ね備えた創業者は、世界に大きなインパクトを与えるでしょう。」

 

 

 

 

(左から:OIST ギル・グラノット・マイヤー、OIST ピーター・グルース、ライフタイムベンチャーズ 木村 亮介、ライフタイムベンチャーズ 國井 紅秋、ライフタイムベンチャーズ  粟田 健太郎、インキュベイトファンド ポール・マクナーニ)(左から:OIST ギル・グラノット・マイヤー、OIST ピーター・グルース、ライフタイムベンチャーズ 木村 亮介、ライフタイムベンチャーズ 國井 紅秋、ライフタイムベンチャーズ 粟田 健太郎、インキュベイトファンド ポール・マクナーニ)




ライフタイムベンチャーズについて
ライフタイムベンチャーズは、横浜・沖縄・京都に拠点を置くプレシード/シード特化型のベンチャーキャピタルで、長く愛され続ける事業の創造を目指す起業家を支援しています。2017年に設立されたライフタイムベンチャーズは、リハビリテーションによって高齢者の生活をReデザインするAgeTech企業の「Rehab for JAPAN」や水産業にとって新しい流通と資源管理モデルをつくるB2Bプラットフォーム企業の「ウーオ」など、これまでに24社のスタートアップに投資してきました。
https://lifetime-ventures.com/

沖縄科学技術大学院大学(OIST)について
2011年に設立した沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、科学分野の5年一貫制博士課程を置く学際的な大学院大学です。そのミッションは、先駆的大学院大学として、科学的知見の最先端を切り拓く研究を行い、次世代の科学研究をリードする研究者を育て、沖縄におけるイノベーションを促進する拠点としての役割を果たすことです。
https://www.oist.jp/

インキュベイトファンドについて
2010年に設立。インキュベイトファンドは、東京を拠点とするシードステージのベンチャーキャピタルです。8億4,000万ドル以上の運用資産を持ち、日本国内のアーリーステージのスタートアップ企業やベンチャーキャピタルファンドへの投資を行っています。
https://incubatefund.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライフタイムベンチャーズ >
  3. ライフタイムベンチャーズ、OISTとの連携VCファンドを設立