「美しすぎる海辺でリモートワーク」 新しいリモートワークのスタイル“コワーキングバス”サービスの開始

~コワーキングバスで五反田から勝浦へ~

 

報道関係者各位
  
「美しすぎる海辺でリモートワーク」
新しいリモートワークのスタイルコワーキングバスサービスの開始
~コワーキングバスで五反田から勝浦へ~

株式会社トゲル(本社:東京都品川区、代表取締役:小山 拓、以下トゲル)は、勝浦市の移住・定住促進事業の一つとして新しいリモートワークのスタイルを提供する「コワーキングバス」サービスを始めます。
1回目のコワーキングバスは2019年9月26日(木)9:00-18:30に運行する予定で、品川区五反田から千葉県勝浦市へ向かいます。
▼コワーキングバス予約詳細サイト 
https://coworkingbus.net

コワーキングバスについて
コワーキングバスは2013年1月から品川区五反田でベイカンシーオフィスゴタンダ(VACANCY OFFICE GOTANDA:以後ベイカンシー)というコワーキングスペースの運営を行なってきたトゲルが企画・運営を行うサービスです。
移動中も仕事ができる環境、Wifiや電源を整備したバスで勝浦市へ向かい、現地のコワーキングスペースで仕事をし、日帰りで帰ってくるサービスです。
バスの手配や運行は株式会社JTBが行います。
コワーキングバスの運行により勝浦市との地理的距離感を縮め、リモートワークの自由度も高めていきたいと考えています。結果的に勝浦市への関係者人口増加につながっていければと思っております。

コワーキングバスサービス開発の背景
コワーキングバスサービスを開発した理由
1、働き場の新たな価値を提供したい
2、自身のリモートワーク体験から必要性を感じて
3、コワーキングスペース利用者への満足を向上させたい

多様化する働き方への新たな価値提供として、地域へ行って仕事ができる仕組みを提供したかった。
それは、自身が昨年から実行している週1勝浦リモートワークをするという体験から、勝浦でリモートワークする働き方は快適で、気持ちの部分でもリフレッシュされることがわかり、とても価値のある働き方であることを体感していたことから。
ただし、勝浦でリモートワークするための課題も感じており 
・移動手段  
・移動時間の無駄  
・地域の選択方法
これらの課題をコワーキングバスで解決し、勝浦(地域)で仕事をするという選択肢を容易にすることができると考えております。

コワーキングバスの特長
1.自治体(勝浦市)との連携により利用料金は無料
2.日常の生活リズムを崩さない時間帯での運行 9:00~18:30
3.大手旅行代理店がバスの手配、運行を行なっているので安心(勝浦市への運行はJTB)

今後の展開
今後は運行回数、目指す地域を増やし首都圏から2時間圏内で行ける地域への定期運行を目指す予定です。 リモートワークの新しいスタイル、そして新しい形式のコワーキングスペースとしてコワーキングバスで地域へ行き、仕事をすることが当たり前の選択になる世の中を作っていきたいと考えています。

会社概要
商号  : 株式会社トゲル
代表者 : 代表取締役 小山 拓
所在地 : 〒141-0032 東京都品川区大崎4-1-7
設立  : 2014年10月
事業内容: コワーキングスペースの企画、運営
資本金 : 100万円
URL  : http://togeru.co.jp

本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社トゲル
担当者名:小山 拓
TEL:080-7000-0129
Email:gotanda@vacancy.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トゲル >
  3. 「美しすぎる海辺でリモートワーク」 新しいリモートワークのスタイル“コワーキングバス”サービスの開始