「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」によるアートイベント『 TOKYO CRAFT ART BREWING in Shibuya』渋谷の空き地が盛況!わずか2日間で800人超を動員

更に、その手で新しいモノづくりに挑戦するアーティストに向けて、東京クラフトを無料で提供する応援プログラム『 TOKYO CRAFT BEER PARTNERSHIP 』を本日よりスタート 

 サントリービール株式会社は、東京生まれの「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」のコミュニケーション活動の一環として、再開発が進む渋谷駅周辺の空き地(東京都渋谷区渋谷3-17-2)を活用して、2019年10月18日(金)-19日(土)の2日間限定でアートイベント『TOKYO CRAFT ART BREWING in Shibuya』を開催いたしました。

 会場には、神戸ビエンナーレ2014 現代陶芸コンペティション 準大賞・LOEWE Craft Prize 2019 Finalistにも選出された陶芸アーティスト橋本知成さんによる『untitled』や、ソロ活動に加えてエレクトロユニット「Black Boboi」としても注目を集める小林うてなさんと音楽クリエイターTAKAYUKI ISAYAMA(takakahn)さんによる初の共創作品『untitled』、UNIQLO San Francisco店への作品提供を始めグローバルに活躍するネオンアーティストWakuさんによる『field』等、再開発が進む東京をテーマにアート作品を展示。

 再開発で高層ビルが立ち並ぶ渋谷にぽっかりと生まれた空き地に広がる、ブルーの光で照らされた幻想的な空間。そんな非現実的な空間に展示された初めて目にするアート作品の数々に、来場者は顔を近づけて凝視したり、熱心に解説文を読み込んだり、自身のスマートフォンで撮影してSNS上にアップしたりと、東京クラフトを片手に思い思いの方法で楽しみました。新しいカルチャーを醸造すべく、その手で新しいモノづくりに挑戦するアーティストとともに世の中の感性を刺激するストリートギャラリー『 TOKYO CRAFT ART BREWING in Shibuya 』は、あいにく小雨も散るなか、わずかなスペースに2日間の開催にもかかわらず、延べ800人以上のお客様が来場し賑わいました。

 更に、この反響にお応えする形で、今回の『TOKYO CRAFT ART BREWING』参加アーティスト同様、その手で新しいモノづくりに挑戦するアーティストを対象に、東京クラフトを無料提供することで応援するプログラム『TOKYO CRAFT BEER PARTNERSHIP』をスタートいたします。このプログラムは、アーティストの皆様の作品発表の場となるギャラリー、ライブ、公演などの各種レセプションを盛り上げるべく、東京クラフトをお届けするという新しい形の応援です。お酒を交わしながら、議論し交流することで、新しいカルチャーが生まれ育つことを期待し、積極的に支援してまいります。
 
  • 『TOKYO CRAFT ART BREWING in Shibuya』 参加アーティストコメント

橋本 知成
神戸ビエンナーレ2014 現代陶芸コンペティション 準大賞、LOEWE Craft Prize 2019 Finalistにも選出した陶芸アーティスト。
“最近の世の中ではわかりやすくキャッチーなものが多いと思うのですが、私は、少し立ち止まって考える時間も大切だと感じています。なので、具体的な形ではなく、少し立ち止まって様々な角度から見ることができるようシンプルな形を制作しています。私の作品は経年で表情が変わる生き物のようだと思っていて、そこがビールの醸造と共通点があると思います。”

 

小林 うてな
ソロ活動をに加えて、2018年には音楽コミュティレーベル「BINDIVIDUAL」を立上げ、ermhoi・Julia Shortreedと共に「Black Boboi」を結成。数々のフェスに出演し注目を集める。
“今回フィールドレコーディングをするため、みんなで信楽に行ってきました。陶器から発せられる音、焼かれる音、もみ殻、水など、橋本さんの作品のまわりにある音を沢山拾ってきました。信楽のゆったりとした時間を音にして、東京の街中にいてもちょっぴり癒されるような音楽であれるよう、心地良いをキーワードにtakakah氏と相談しながら制作いたしました。 ”

TAKAYUKI ISAYAMA(takakahn)
東京を牽引するブランドのファッションショーや、映像作品など、様々なジャンルの音楽を制作。アートディレクターYOSHIROTTENとのユニットYATTとしてDJもこなすマルチプレイヤー 。
“今回の音楽は橋本さんの信楽の工房にいって誇張のない、自然の音を採取して制作しました。この企画に対しては、信楽で作った作品とサントリーの新しいビールが渋谷で交わうという時間軸がおもしろいと感じています。このような機会をいただけて嬉しく思っています。 ”

Waku
UNIQLO San Francisco店への作品提供を行うなどグローバルに活躍するネオンアーティスト。
“今回は川の向こう岸から見えるネオン作品を「自然界における有機的な流れ」をイメージして制作しています。真っ直ぐなガラスに手を加えることによって光が届く工程がビールを作る工程と似ていてシンパシーを感じています。”

※イベントの様子を収めたダイジェスト動画は下記URLをご参照ください。
https://youtu.be/8zyPmnIkk7o
 
  • 『TOKYO CRAFT BEER PARTNERSHIP』とは
● はじめに
その手で新しいモノづくりに挑戦する方を対象に、ギャラリー、ライブ、公演などのレセプションでお楽しみいただくための東京クラフトをお届けするという、新しい応援をはじめます。お酒を交わしながら、議論し交流することで、新しいカルチャーが生まれ育つことを期待しています。ぜひ、ご応募ください。

● 応募概要
■応募期間:2019年10月21日(月)9:00~11月21日(木)23:59
■応募資格:
・「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」の想いに共感いただき、その手で新しいモノづくりに挑戦するアーティストの方。
・日本国内にお住まいの20歳以上の方で、かつ商品のお届け先が日本国内の方。
※サントリーグループの社員および関係者は応募できません。
■商品 ・当選者数:
 「TOKYO CRAFT(東京クラフト)<ペールエール>  350ml×24缶(1ケース)」を抽選で100名様
■応募方法:
下記ホームページ内の応募フォームの必要項目をご入力いただき、ご応募ください。
https://www.suntory.co.jp/beer/tokyocraft/culturebrewing/
※ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
※応募概要の詳細につきましては、ホームページよりご確認ください。

 
  • 参考情報>『TOKYO CRAFT(東京クラフト)』
「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」は、「サントリー 〈天然水のビール工場〉 東京・武蔵野ブルワリー」のみで製造された新シリーズです。世界の数あるビアスタイルの中から人気のスタイルを厳選し、日本人の嗜好に合わせた味わいに仕上げてご提案しています。
 https://www.suntory.co.jp/beer/tokyocraft/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TOKYO CRAFT ART BREWING PR事務局 >
  3. 「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」によるアートイベント『 TOKYO CRAFT ART BREWING in Shibuya』渋谷の空き地が盛況!わずか2日間で800人超を動員