日程調整カレンダープラットフォーム『Spir』がビデオ会議サービス『Zoom』と連携開始

日程調整でZoomのURLを自動発行することが可能になりました

株式会社Spir(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大山 晋輔、URL:https://www.spirinc.com/about、以下Spir)は、Web会議の日程調整を簡単にするカレンダープラットフォーム『Spir(スピア)』とビデオ会議サービス『Zoom』との連携を開始しました。これにより、日程調整において自動的にZoomのURLがカレンダーに登録されるため、日程調整からビデオ会議の実施準備までを自動化することが可能になりました。

 

 


新型コロナウイルスの感染防止策として在宅勤務が要請されるなど、ビジネスシーンでのビデオ会議ツールを活用した打ち合わせが増大しています。そのような環境下で、ビデオ会議の打ち合わせを行うためには、日程調整の連絡をし、日程が確定した後にビデオ会議ツールのURLを発行して打ち合わせ相手に共有するという作業が発生しています。

SpirではGoogle Meetでのビデオ会議のURL自動発行には対応していましたが、この度、Zoomとの連携によって、ZoomのURLについても自動発行が可能となり、日程調整のURLを打ち合わせ相手に送付するだけで、打ち合わせ日程の調整から日程確定後のZoom URLの発行やカレンダーへの登録までのプロセスの自動化を実現しました。

■ Zoom連携の利用方法
Spirの日程調整でZoom URLを自動発行するためには、ZoomアカウントとSpirアカウントの連携を行っていただく必要があります。
※ Zoom連携にはZoomアカウントが必要となります。また、同一のZoomアカウントを複数のSpirアカウントと連携することは出来ません。

ZoomとSpirの連携方法ZoomとSpirの連携方法


連携完了後は、日程調整時に「Web会議」という項目でZoomを選択するだけで日程調整完了時に、メールでの案内と合わせて自動的にZoom URLがカレンダーに登録されます。

日程調整でのZoom設定方法日程調整でのZoom設定方法

日程調整完了時のカレンダー日程調整完了時のカレンダー


■ Spirの概要
『Spir』は「リモートワークの日程調整を簡単に」というコンセプトのもと、ビジネスで利用している複数のGoogleカレンダーと連携し、Google MeetやZoomなどのWeb会議の日程調整からカレンダーへの登録までをワンストップで行うことが出来るカレンダープラットフォームです。現在は1対1の日程調整のみに対応していますが、複数人での日程調整が出来る機能や、公開型URLでの日程調整などに随時対応していく予定です。

現在、Spirはオープンβ版利用の事前登録を行っておりますが、ご利用はクローズドβ版として限定されたユーザーの方のみ可能となっております。クローズドβ版のご利用は既にご利用されているユーザーの方と日程調整をされた方のみ可能となっており、事前登録いただいた皆様にはオープンβ版公開時に改めてご案内させていただきます。

料金:無料
サービスURL:https://www.spirinc.com
β版の利用登録:https://forms.gle/kz5xbiYx9XjyxPJ36
お問い合わせ先:info@spirinc.com

■ 株式会社Spirについて
「創造性を解放する」というミッションを掲げ、2019年3月に設立。
日程調整カレンダープラットフォームのSpir は、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進展する中で、ビジネスパーソンの創造性の解放のための重要な位置づけのサービスです。今後もユーザーに価値を提供するべく、ミッションと合致した事業展開を行ってまいります。

名称|株式会社Spir
設立日|2019年3月
代表者|代表取締役社長 大山 晋輔
事業内容|日程調整カレンダープラットフォームSpir(スピア)の開発・運営
URL|https://www.spirinc.com/about
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Spir >
  3. 日程調整カレンダープラットフォーム『Spir』がビデオ会議サービス『Zoom』と連携開始