首都圏の学園祭No.1が決定!『学園祭グランプリ2019』MVPは立教大学 池袋キャンパス

 東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」を運営する株式会社レッツエンジョイ東京(東京都千代田区、代表取締役社長:外谷敬之)は、株式会社ぐるなびの委託を受け、東京地下鉄株式会社の協力のもと、2019年12月21日(土)に、関東首都圏の学園祭No.1を決めるコンテスト『学園祭グランプリ2019』の最終審査会を開催しました。
 出場した全141キャンパスの中で最高得点を獲得した、立教大学 池袋キャンパス「The 35th St. Paul's Festival」を“MVP”に選出し、表彰状および副賞を授与しました。







The 35th St. Paul's Festival 実行委員会の皆さんと
学園祭グランプリ 運営委員会 代表
滝 久雄(中央)
株式会社ぐるなび 取締役会長・創業者
株式会社NKB 取締役会長・創業者

 また、「パフォーマンス賞」「海外発信賞」「装飾賞」など6つの「特別賞」の受賞キャンパスを発表。さらに、私鉄8社と協力して、各私鉄の沿線にあるキャンパスの中で、地域活性化において特に優秀な取り組みを行ったキャンパスを「電鉄賞」として表彰しました。グランプリの総合TOP10は、「地域活性化」「国際交流」「大学独自」の3つの取り組みを審査ポイントとして、現役の学園祭実行委員の大学生らを中心に、書類審査やプレゼン審査を経て決定しました。

■MVP受賞 立教大学 池袋キャンパス「The 35th St. Paul's Festival」の取り組み

 

<「The 35th St. Paul's Festival」の内容と受賞ポイント>
 
今年度のテーマ「GAME」に基づいて、会場装飾や個々の企画に統一感を持たせることはもちろん、診断メーカー企業とのコラボでRPGの世界観を演出するなど、テーマ設定の一歩先の取り組みに注目が集まった。地域活性化においても、「冒険ラリー」と称してRPGのマップを模したデザインのスタンプラリー企画を制作。テーマ性だけでなく、サンシャインなど大手施設を巻き込んだ企画のスケールと行動力も高い評価を受けた。さらに、池袋西口公園で行われた最終審査会でのプレゼンテーションにおいても、重要ポイントを最後まで明かさず興味を引き付ける構成にするなどの工夫が審査員の心を掴み、見事MVPの栄冠を獲得した。

<立教大学 池袋キャンパス「The 35th St. Paul's Festival」 2019年度委員長 杉野 泰斗さんのコメント>
 より良い学園祭を目指し、試行錯誤した1年でした。素敵な場所で素敵な人たちに囲まれ、MVPという素晴らしい賞をいただくことができて、とても感激しています。学園祭を通じて地域に貢献し、地域の皆さんと一体となって池袋の街全体を盛り上げていきたい、という私たちの取り組みが伝わって、とてもうれしいです。

■学園祭グランプリ2019 総合TOP10

■特別賞

■電鉄賞

<学園祭グランプリ2019>

主催・運営:株式会社ぐるなび・株式会社レッツエンジョイ東京
協力:東京地下鉄株式会社
協賛:三井住友カード株式会社
 


学園祭グランプリはbeyond2020プログラム認証事業です。beyond2020プログラムは、

多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化を国内外に発信する取り組みです。

 

 

 




東京のおでかけサイト「レッツエンジョイ東京」
https://www.enjoytokyo.jp/ 

本リリースPDF https://prtimes.jp/a/?f=d52373-20191224-1895.pdf

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レッツエンジョイ東京 >
  3. 首都圏の学園祭No.1が決定!『学園祭グランプリ2019』MVPは立教大学 池袋キャンパス