TS Key Management System Architecture

KTP(Key Transfer Protocol)

2019年からADIN INC(San Francisco)は、セキュリティ対策としてKTP(Key Transfer Protocol)を発表しました。TSKMSA(TS Kye Management System Architecture)を達成するためにTSKMSAの構成上最も重要なKTPです。
TSKMSAは、NIST SP800-207 Draft 2nd で述べられてい通信の最小単位における信頼と許可を提供します。


図1
図1のID Managementは、Resource保有者のID管理システムです。ID Management の要素とPEが一度だけ同期し利用者と提供者に一意の固有識別IDを渡します。IDM、PEは、AD(Autonomous Decentralized)自律分散的に動作します。
エンティティ エージェントは、軽く(数十KB)、鍵を持たず、証明書も持ちません。PEは結託問題も解決しています。

Ethical Hackingをクリアし、Penetrationテストも行いました。

日本国内においても導入テストが始まり、規模によって共同テストを受け入れています。

TSKMSAは、既存セキュリティ対策製品を置き換える物ではありません。ZTAにも記されているようにHybridで動作します。既設対策および既存製品に適用しセキュリティゾーンとレベルを向上させることが出来ます。

TSKMSAは、従量制課金ですので、KTP提供のみであれば従量制課金費のみで導入できます。

 適用としては、AWS、Azure、GCP、各種ネットワークシステム、社内システム、ワンタイムパスワード対策、フィッシング対策、広告サイト海賊版対策、IoTデバイス認証、ブロックチェーン、各種プロビジョニング、ZTA(Zero Trust Architecture)の各部、フェイクニュース(Deep Fake)対策、SD-WAN、SDP、SDN、Open Flow、5G、L5G、6G、Y-00、などは検討済みです。

TSKMSAの名前は、東京工業大学 名誉教授 辻井重男先生のTと弊社 会長 佐々木浩二のSが由来です。
自律分散については、元日立製作所 井原廣一先生のご指導の下概念を取り込みました。

導入テスト希望問い合わせは、
ADIN INC 東京都千代田区紀尾井町3−6
紀尾井町パークビル8F TEL 03-3511-2218 tskm-pt@adin-us.com
TEL:03-3288-7311 佐々木、鈴木

開発元
株式会社アドイン研究所 東京都千代田区紀尾井町3−6紀尾井町パークビル8F 
代表取締役 佐々木浩二
特許所有
ADIN INC 111 PainSt., Suite 1410 San Francisco. CA 94111
CEO Taketo Sasaki
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドイン研究所 >
  3. TS Key Management System Architecture