スポーツマッチングプラットフォーム『Liss』の正式リリースを発表

株式会社diddyworks(本社:宮城県仙台市 代表取締役CEO:三浦成哉 以下、当社)の運営するスポーツマッチングプラットフォーム『Liss』の正式リリースを発表しました。

 

 

 

スポーツマッチングプラットフォーム『Liss』スポーツマッチングプラットフォーム『Liss』


Liss:https://www.liss.world/
 

  • 『Liss』を始めた想い

スポーツ業界の現状、スポーツを続けてきた人やプロスポーツ選手でさえ引退後に競技と関わり続ける事は難しく、子ども達もスポーツをする上で生まれた場所や環境に大きく左右され、選択肢が限定的になってしまう現状があります。

そんなスポーツ業界を変えたい。

そんな想いで「誰もが自由にスポーツと生きれる世界を創る」をミッションに掲げ、「スポーツを教えたい人」「スポーツを習いたい人」「スポーツ施設」の三者をマッチングし、スポーツ業界に新たな価値を創造していきます。
 

  • 正式リリースを発表の背景

「スポーツを教えたい人」「スポーツを習いたい人」「スポーツ施設」の三者をマッチングするための基盤として、2019年2月から仙台市でスポーツ施設向け施設管理サービスの提供を開始しました。
仙台市にあるスポーツ施設「フットメッセ長町」や、仙台89ERSの練習場である「HALEO DOME」への導入から運用を通して、施設の管理業務を効率化し、より一層ユーザーがスポーツを楽しむことができるサービスを提供していく決意のもと、正式リリースを発表しました。

・『Liss』について
スポーツ施設へ向けて、コート予約や顧客・イベント管理・スクールや売上管理機能など、施設を一元管理できる機能を提供することで、複雑な管理業務を簡略化し本来の業務である「利用者にスポーツをより楽しんでもらう」活動に集中できる環境創りをサポート

スポーツ施設の利用者についても、レンタルコート予約やイベント予約機能により、ワクワクする新しいスポーツと出会えるマッチングプラットフォームを提供
 

  • 今後について

スポーツ施設に向けて、スクール管理や売上管理機能の拡充によるスポーツ施設の管理コスト削減を行い、稼働率や集客力向上に繋げるサービスを提供していきます。

また、「スポーツを教えたい人」「スポーツを習いたい人」のマッチングを行う「マッチングサービス」の提供に向けた新機能開発を行い、Lissを通じてより多くの方々がスポーツと自由に生きていける世界を築いていきます。
 

  • 株式会社diddyworksについて

当社は「誰もが自由にスポーツと生きれる世界を創る」をミッションに掲げ、スポーツマッチングプラットフォームを提供するスポーツテックカンパニーです。

スポーツの価値の最大化に向けたスポーツ庁の取り組みとして、スポーツ市場規模の拡大(2025年までに15兆円)に向けた動きや、東京オリンピック/パラリンピック開催によるスポーツへの興味関心が高まっています。

「スポーツを教えたい人」「スポーツを習いたい人」「スポーツ施設」の三者をマッチングし、地域スポーツを活性化しプロスポーツや大学などを巻き込みながら、地域スポーツに多くの人が関わり、スポーツの価値を最大化する事に貢献して参ります。

 

設立日 2018年10月11日
代表者 三浦成哉
事業内容 スポーツ施設向け施設管理 / マッチングプラットフォーム / 広告事業
コーポレートサイト https://corp.diddyworks.co.jp/
サービスサイト https://www.liss.world/
スポーツ施設管理サイト https://corp.diddyworks.co.jp/liss/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社diddyworks >
  3. スポーツマッチングプラットフォーム『Liss』の正式リリースを発表