音声解析AIを活用した議事録作成サービス「GIJIREC」トライアル版を提供開始

〜会議をクリエイティブに!リモートワークをさらに快適なものに!〜

 株式会社iVOICE(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平本義人、以下「iVOICE」)は、音声解析AIを活用した議事録作成サービス「GIJIREC」トライアル版の提供を開始しました。「GIJIREC」はこれまでの会議のやり方や概念を変え、多様な働き方の実現を強力に推進することで、会議をよりクリエイティブなものにするとともに、リモートワークを快適なものに変えていきます。
 

 
  1. 背景
 現在、日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」や「働く人々のニーズの多様化」などの課題に対する対策として、働き方改革が政府主導で推進されています。働き方改革とは「働く人々がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会の実現」を目的にしており、大企業のみならず中小企業にとっても「多様な働き方の実現」は重要な経営課題となっております。
 iVOICEでは企業活動の中で多くの時間を費やしている「会議のやり方や概念を変える」ことで「多様な働き方」が実現できると考えています。またCOVID-19の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令中においては、これまでとは大きく異なり、リモートワーク中心の働き方が1ヶ月以上続きました。緊急事態宣言解除後もリモートワークを継続している企業も出てきており、今こそ働き方が大きく変わるタイミングであると考えています。
 
  1. サービス概要
 「GIJIREC」はパソコンやスマートフォン向けに提供するSaaS形式の議事録作成サービスです。会議中に会議参加者の音声を拾い、リアルタイムで文字を起こしてくれるため、会議参加者が議事録を作成する必要がなくなります。また会議中に各自で取るべきメモについても必要最小限になるため、考えることや議論に集中することができ、「会議をよりクリエイティブかつ効率的に行うこと」が可能となります。
 さらに、メモを取る量が減ることで会議時に必須であったパソコンが不要となり「作業をしながら・・・」「散歩をしながら・・・」「家事をしながら・・・」等、「ながら会議」を強力にバックアップしてくれるため、「GIJIREC」は多様な働き方を実現するだけでなく、リモートワークをより快適なものにしてくれます。
 
  1. 想定利用シーン
「GIJIREC」の主な利用シーンは下記を想定しております。
  • 会議
  • 取材やインタビュー
  • 講演会やセミナー、研修
  • 医療現場
 
  1. 今後の展開
 現在は音声の文字起こしのみを提供しておりますが、今後は英語や中国語への同時翻訳なども提供し優秀な外国人の活用や日本人の海外進出などを強力に支援することで、「GIJIREC」は「多様な働き方」の実現を推進していく予定です。
 
  1. 本リリースについて
 ニュースリリースに掲載されている、サービス概要、想定利用シーン、今後の展開、その他の情報は、発表日現在の情報です。今後、様々な要因により予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社iVOICE >
  3. 音声解析AIを活用した議事録作成サービス「GIJIREC」トライアル版を提供開始