クオリティーで判断される社会にする。#April Dream

​当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは、私たちのApril Dreamです。


僕らは「クオリティで判断される社会にする」をビジョンに掲げ、この社会を創るべく、現在「demmpa」の運営を行っています。

今の時代は、情報爆発によって、商品を届ける難易度が上がっています。

「創ったら売れる時代から、どう売るかを考える時代」になってきています。

もちろん、「創る人間にも届ける義務があって、ただ創るだけは自己満じゃないか」と言う意見もよくわかり、真実だと思っています。

僕らのプロダクト自体も、マーケティング活動を行いますし、創って終わりでは、誰も使ってくれません。やらないのは、責任放棄だとも思います。

ただ一方で、

届ける難易度が上がりすぎて、「商品自体が何であるかよりも、いかに上手く届けるか」の方の比重が多くなっているんじゃないかと感じています。

商品のクオリティよりも、いくら予算をかけられるかの資本力や、どうバズを起こすかなどのマーケティングやPR力が重視されている気がしています。

本当に良い商品であれば広がった方が多くの人が笑顔になるし、広がるべき商品やコンテンツってきっとあると思うんです。

demmpaでは、リファラルの(人から人へ伝わる)仕組みをプロダクトで実現することで、本当に良いものがちゃんと評価され、クオリティーによって広がるマーケティング手法の確立を目指しています。
 


そう。

「クオリティが高いもの(=多くの人を喜ばせるもの)が売れる」この当たり前の大原則が、インターネットが普及し、SNSが普及した現代においては変わってきています。

みんなが買ってるモノを買う、レビューが良いモノを買う、有名なモノを買う、良さそうに見えるモノを買う、
といった周りとの比較や、本質的な価値ではなく、見せかけの価値が重要視されています。

世界中の商品が買えるようになったが故に、選択肢が多すぎて、自分で意思決定出来なくなっています。

そんな、資本力やマーケティングのノウハウがあれば商品が広がる現代(=「いかに売るか」の現代)を、商品自体のクオリティーが評価され広がっていく社会(=商品が何であるか)にしていきます。

demmpaで、「クオリティーで判断される社会」にします。
 







​(※当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは、私たちのApril Dreamです。)








——オシラセ——オシラセ——オシラセ——


初期パートナー募集中!!

β版のため、現在クローズドでのテストを実施しており、私たちのビジョンやプロダクトの構想に興味を持ち、初期パートナーとしてご協力いただける「ブランドオーナー」さまを募集しております。

まだまだ仮説検証段階の私たちの挑戦にお付き合いいただける方は下記サイトより、ご連絡ください。

▼サービスURL
https://demmpa.co.jp/service

※一旦、5社限定での応募とさせていただきます。
※導入予定だけでなく、もう少し話を聞いてみたいという方でも大歓迎です!



■会社概要
・会社名:株式会社demmpa
・所在地:東京都世田谷区北沢3-27-4 立木ビル 2F
・代表取締役:三井滉平
・会社HP:https://demmpa.co.jp/



お問い合わせ
株式会社demmpa
https://demmpa.co.jp/contact
  1. プレスリリース >
  2. demmpa >
  3. クオリティーで判断される社会にする。#April Dream