コロナ禍での200億以上のユーザーセッションデータを分析したレポートを公開

Contentsquare社調査による2021年版デジタルエクスペリエンスベンチマークレポート(日本語版)

海外のマーケティングテクノロジーを駆使する株式会社ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:甲斐 亮之、以下「当社」)のパートナーである顧客体験分析の世界的リーダーContentsquare(本社:ニューヨーク、CEO:Jonathan Cherki、以下「コンテントスクエア」)は、ベンチマークレポート2021を公開した事をお知らせします。



▼レポート概要

今回のレポートは、900以上のグローバルブランドを対象にしたコンテントスクエアのデータベースを土台にして、2020年1月1日から2020年12月31日までの200億を超える個別のユーザーセッションを収集しています。またオンラインエクスペリエンスの進化について詳しく学び、COVID-19が昨年のビジネスに与えた影響を定量化するために、11の業界でデスクトップ、モバイル、タブレット、モバイルアプリのセッションとインタラクションを集めて分析されたものです。


▼レポートに関して

下記ページよりダウンロードが可能です。

▼コンテントスクエアについて

2012年にパリで設立されたコンテンツスクエアは、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ミュンヘン、テルアビブ、東京、シンガポールにオフィスを開設しています。
顧客体験分析プラットフォームは、何十億ものデジタル行動を追跡して可視化し、誰もが収益の拡大、ロイヤリティの向上、イノベーションの促進のために利用できるインテリジェントなレコメンデーションを提供しています。


1:グローバルフォーチュン100の30%を含む25か国700社以上の企業顧客からの信頼
このコンテントスクエアのプラットフォームは、グローバルフォーチュン100の30%を含む700社以上の企業顧客や、American Express、Best Buy、Dell、Ikea、LVMH、T-Mobile、Salesforce、Sephora、Toyotaなどの業界大手企業から信頼を得ています。
また、100社以上のテクノロジーベンダーとの統合や、世界中のコンサルタントやデジタルマーケティングソリューションプロバイダーとの戦略的パートナーシップにより強力なエコシステムを構築しています。
コンテントスクエアは現在、1日あたり14億ドルのeコマース売上高を含む10兆件の消費者インタラクションを分析しており、世界最大級のデジタル行動のベンチマークとなっています。
2019年には、別の確立されたエクスペリエンスアナリティクス企業であるクリックテールと、革新的なマーチャンダイジングとプライシングソリューションであるPricing Assistantを買収しました。両社の買収から得た主要な機能は、コンテントスクエアの単一の拡張SaaSプラットフォームに急速に統合され、市場での世界的なリーダーシップをさらに確立しました。

2:コンテントスクエアはデジタル消費者行動の変化をウィークリーでレポーティングしています。
3:サービスサイト
4:当社メディアMarTechLab内のコンテントスクエアに関する記事一覧

▼ギャプライズについて
・会社名:株式会社ギャプライズ
・代表者:代表取締役CEO 甲斐亮之
・所在地:東京都新宿区西新宿2丁目4番1号新宿NSビル6F
・URL  :http://www.gaprise.com
株式会社ギャプライズは世界中からテクノロジーソリューションを見出し、顧客企業が思い描く未来を顧客と共に泥臭く追求し、実現を目指す企業です。
イスラエルをはじめとした海外のマーケティングテクノロジーである、SimilarWeb、Contentsquare、monday.com、Optimizely、Sisenseなど、多くのグローバル企業での導入実績のあるツールや先進的なテクノロジーを日本国内に導入/支援を実施しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギャプライズ >
  3. コロナ禍での200億以上のユーザーセッションデータを分析したレポートを公開