ラシン株式会社が西日本新聞社と業務提携。サブスク型ホームページ制作サービスを共同開発

サブスク型ホームページ制作サービス「ばりよか」を提供するラシン株式会社(福岡市中央区、代表取締役:原直樹)と、西日本新聞社(代表取締役社長:柴田建哉)とは2020年5月1日に業務提携をしたことをお知らせいたします。本業務提携で、西日本新聞社保有メディアやインターネット広告を活用してホームページへの集客力を高める「ばりよかアドバンス」を共同開発。個人事業主や店舗など中小企業向けのへの集客支援を行ってまいります   


■業務提携の背景
新型コロナの影響により、あらゆるビジネスのオンライン化が加速する中、個人事業主や店舗などの中小企業の多くは、自社のホームページを持っていないのが現状です。
その理由は、初期コストとなる制作費用が高すぎること。そして、管理や更新に手間がかかること。一般的にホームページ制作にかかる費用は30万円以上で、また別に毎月の数万円の保守費用がかかってしまいます。中小企業の多くは社長が1人、もしくはスタッフ数名という小規模な事業所で、このコスト負担はあまりに大きく、保守管理においても大変な手間となっており「自社のホームページは欲しいが、手が出せない」というのが大きなハードルになっているのです。


■サブスク型ホームページ制作サービス「ばりよか」とは


「ばりよか」は、制作費が0円で毎月の保守費用が税別9800円のホームページ制作サービスです。
ページ制作に加えて、情報を更新する面倒な作業も代行するため、手間をかけずにホームページを持つことができます。「ホームページは持っているが、何年も前に作ったまま放置してしまっていた」という方も多く、リニューアルを目的に利用する方にも喜ばれています。月額制ですが、解約はいつでも可能で解約料も掛かりません。これまでホームページを持つことにハードルを感じていた方や、これから事業をはじめる方にも安心して利用していただけるサービスを目指しています。


■西日本新聞社と共同開発「ばりよかアドバンス」とは
自社のホームページを持つだけでなく、サイトへの流入、集客を加速させるための広告媒体と連動するサービスが「ばりよかアドバンス」です。ヤフー広告からの誘導で、ホームページの開設後1ヶ月で1000クリックを保証。制作したホームページを確実に見てもらえるだけでなく、西日本新聞社が運営するオンラインメディア「ファンファン福岡」での情報発信など、認知拡大をサポートします。費用は月額12,800円で1年契約が条件。

 
  • ラシン株式会社 
本 社:福岡県福岡市中央区大名1-15-33 福岡セントラルビル3F
設立日:2015年8月
代表者:代表取締役 原直樹
事業内容:
・反響に特化した広告、オーディオアドの企画・制作
・クラウドファンディングCAMPFIREエリアオーナー「FAAVO博多」の運営
・サブスク型ホームページ制作サービス「ばりよか」の運営
U R L : https://rashin.jp/
 
  • 株式会社西日本新聞社
本 社:福岡県福岡市中央区天神1-4-1
代表者: 柴田建哉
創刊:1877年
資本金:3億6000万円
発行部数 朝刊59万3354部(2018年7~12月ABC平均部数)
西日本新聞は、株式会社西日本新聞社が発行している日刊新聞。ブロック紙。北海道新聞、中日新聞と共にブロック紙3社連合を結成。※発行部数は、全国紙、ローカル紙を含め九州一
U R L : https://www.nishinippon.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ラシン株式会社 >
  3. ラシン株式会社が西日本新聞社と業務提携。サブスク型ホームページ制作サービスを共同開発