看護教育非常事態!「対面講義が出来ない・・・」「実習にいけない・・・」【コロナ禍を乗り切るためのICTツール活用法】5月29日(土)13時半~無料オンラインミーティング開催

先生方同士でアイデアを共有し、この非常事態を乗り切りませんか?

​一般社団法人 看護・助産教育支援フォーラム(本部:群馬パース大学 代表:早川有子、以下フォーラム)は2021年5月29日(土)13時30分~14時30分、看護教員のための無料オンラインミーティング【コロナ禍を乗り切るためのICTツール活用法】を開催いたします。

WEBサイトTOPWEBサイトTOP

看護教育の現場では、新型コロナウィルスの再拡大により、対面講義や学内演習、医療現場での実習が困難になっております。先生方はこの状況の中、それぞれ工夫し、少しでも臨場感あふれる教育を行えるよう取り組まれている事と思います。

そこで、先生方の取り組みや悩みを紹介しあい共有し、ともにこの非常事態を乗り切っていくための情報交換の場としてこのオンラインミーティングを開催する事といたしました。

当フォーラムではこれまでも、会員限定のオンラインミーティングを開催してきましたが、今回はより多様な意見交換が出来るよう、会員以外の先生方にも広くご参加頂けるようにオープンでの開催といたします。 また、当フォーラムへのご意見、ご要望もお伺いし、今後より先生方のお役に立てる活動をしていくための参考にしていきたいと思います。

【オンラインミーティング概要】
コロナ禍を乗り切るためのICTツール活用法 ※Zoomでの配信となります
ご不明な点はhttps://nm-forum.or.jp/contact.htmlより、お気軽にお問あわせください

【看護・助産教育支援フォーラムとは】
理念
  1. 私たちはデジタル教材で、看護教員の負担を軽減します。
  2. 私たちはデジタル教材で、講義の質を上げ、学生の理解力を高めます。
  3. 私たちはデジタル教材の、開発と活用法を研究します。
当フォーラムでは上記理念のもと、デジタル教材の開発・提供、活用のサポート、また、会員相互に共有できるシステムを構築し運営しております。 会員による意見交換や情報提供の為、定期的なセミナーやミーティングを開催しています。

【一般社団法人 看護・助産教育支援フォーラム】
住所:〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1 群馬パース大学内
電話:028-651-0822
メールアドレス:info@nm-forum.or.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人看護・助産教育支援フォーラム >
  3. 看護教育非常事態!「対面講義が出来ない・・・」「実習にいけない・・・」【コロナ禍を乗り切るためのICTツール活用法】5月29日(土)13時半~無料オンラインミーティング開催