建設現場のテレワークに貢献、キャリアダンプ(不整地運搬車)をスマホで遠隔操作成功

キャリアダンプをインターネット経由で12km離れた場所からスマホで遠隔操作する実証実験が成功。新型コロナウイルス感染拡大防止、安全作業の実現を目的とした建設現場のテレワークにも応用可能。

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV株式会社(東京都文京区、代表取締役:白久)と株式会社諸岡(茨城県龍ケ崎市、代表取締役CEO 諸岡)は共同で、株式会社諸岡製のキャリアダンプをインターネットに接続したスマートフォンで遠隔地(12km)から操作する実験に成功しました。
ARAV社のシステムを株式会社諸岡のキャリアダンプと接続し、実験は行われました。
このシステムを活用することにより、建設現場の作業もテレワークが可能になります。それにより、新型コロナウイルス感染防止や、安全作業の実現、現場のオペレーター不足といった課題へ貢献いたします。
開発したシステムは、CAN通信対応の建設機械に後付けで搭載でき、インターネットに接続したノートパソコン、スマートフォンであればどこからでも遠隔操作が可能となっております。

 

遠隔操作されているキャリアダンプ遠隔操作されているキャリアダンプ


【紹介ムービー】

↑遠隔操作を行っている様子。12km離れた遠隔地から操作しています。

このキャリアダンプは株式会社諸岡 Ami R&D Centerにあり、遠隔操作は直線で約12km離れた株式会社諸岡本社から行っています。
 

​↑アップダウンのあるテストコースを走る様子。
上り、下り、旋回、軟弱地盤などさまざまな条件のあるコースを、あわせて200mほど走行しました。
 

↑テスト走行をしている様子。スマートフォンから操作しています。

動画のように、スマートフォンから操作をしています。

【システムの特長】

  • 遠隔操作システムは、建機のメーカー、機種を問わずに後付けで簡単に搭載可能。
  • 本体に通信用SIMを内蔵しているため、携帯電話回線が通じるエリアであればどこでも利用可能。
  • 個人のスマートフォンからも操作可能。

【株式会社諸岡との共同ニュースリリース】
https://www.morooka.co.jp/wpm/wp-content/uploads/2021/02/%E9%81%A0%E9%9A%94%E6%93%8D%E4%BD%9C20210204_morooka.pdf

【新聞掲載】
茨城新聞クロスアイ 2021年2月5日
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16124357865481
日刊工業新聞 2021年2月5日
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/587445
農村ニュース 2021年2月8日
https://www.nouson-n.com/media/2021/02/08/5916
建通新聞電子版 2021年2月9日
https://www.kentsu.co.jp/webnews/view.asp?cd=210205590013&area=0&yyyy=2020&nu=1

【実証実験パートナー募集のお知らせ】
ARAV株式会社は建設現場のDXを目指す、建機の遠隔・自動化の共同実証実験パートナーを募集しています。

【お問い合わせ】
本件に関するお問い合わせはARAV株式会社公式WEBサイトまでお願い致します。
https://www.arav.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ARAV株式会社 >
  3. 建設現場のテレワークに貢献、キャリアダンプ(不整地運搬車)をスマホで遠隔操作成功