デジタルエージェンシーの株式会社monomode「北洋SDGs推進ファンド」より資金調達を実施

株式会社monomode(本社:札幌市 代表:五十嵐翔太)は株式会社北洋銀行、株式会社北海道二十一世紀総合研究所より「北洋SDGs推進ファンド(北洋SDGs推進投資事業有限責任組合)」を通じて第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。
■株式会社monomode(モノモード)について
https://monomode.co.jp
当社は、EC・WEBインテグレーションを中心としたIT・デジタル領域のクリエイティブやデジタルマーケティングを提供する企業です。データ分析と課題抽出を経てのアクションプラン策定やクライアント企業のデジタルプロモーション戦略の推進に伴う内部組織のチームビルディング、コンサルティングを行えるのが当社の強みです。

■北洋SDGs推進ファンド
「北洋SDGs推進ファンド」は、SDGs(=持続可能な開発目標)のコンセプトに合致する道内中小企業を投資対象とし、資金の提供を通じて地域企業が抱える課題を解決し、地域経済の活性化と北海道の持続可能な発展に貢献することを目的として2018年6月に組成したファンドです。株式会社monomodeへの出資は26件目となります。

今回、マーケティング領域のデジタル・トランスフォーメーションなど企業の生産性や収益性向上に寄与する当社の取り組みを高く評価いただき「北洋SDGs推進ファンド」を通じて資金調達を実施いたしました。
 


株式会社monomode
本社 :〒001-0020 北海道札幌市北区北20条西5丁目2-50 クロスポイント2F
設立 :2013年7月
代表者 :代表取締役 五十嵐翔太
資本金 :3000万円
URL :https://monomode.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社monomode >
  3. デジタルエージェンシーの株式会社monomode「北洋SDGs推進ファンド」より資金調達を実施