【北海道ニセコ】”ワーケーション”ワークプレイスを1か月間試験運用開始(2020年8月24日~)

ワーケーションニセコ事業第1弾『ワークプレイストライアル運用』

一般社団法人倶知安観光協会(代表理事:吉田聡)は、今年度から実施する「ワーケーションニセコ」事業の第1弾として、ワークプレイス(シェアオフィス)を2020年8月24日(月)から9月25日(金)まで、1か月間試験運用を開始します。


================
【背景】 

 北海道ニセコエリアはキッチンや洗濯機など生活設備が整ったコンドミニアムが300施設以上あり、滞在型旅行に適したエリアである。パウダースノーで世界的に有名なニセコエリアには年間25.9万人の外国人が宿泊しており、冬期は平均2.3泊と北海道や日本全国と比較しても長期的に滞在する傾向にある。(1.28泊:北海道全体の外国人平均宿泊数2019年度、1.60泊日本全国の外国人平均宿泊数2019年)

 また夏期においても、首都圏をはじめとする大都市圏からの避暑を目的とした長期滞在をされるお客様が多く、2019年度においては、平均53.3日滞在していただいている。また、その93%がリピーターでかつ、70%以上が5回以上のリピーターであることから満足度が高いことがわかる。
================

 

 今年度一般社団法人倶知安観光協会は、季節問わず滞在型旅行を推進してきたニセコエリアとして、より広くお客様にリーチすることを目的に、『ワーケーションニセコ』事業を開始します。

 その第1弾として、下記の日程でワークプレイス(シェアオフィス)を試験運用します。

 

【ワークプレイス概要】

■期間 2020年8月24日(月)~9月25日(金)の平日

■時間 9:00~17:00
■場所 タンタ・アン(ニセコグラン・ヒラフ マウンテンセンター内)
    北海道虻田郡倶知安町字山田209
■料金 無料
    ※ただし試験運用のため、ニーズ調査にご協力をお願いします。
■設備 電源・Wi-Fi・コピー機(A4サイズ)

■機能 ①インフォメーション:ニセコエリアの観光情報の提供
    ②オープンラウンジ:自由に仕事ができる空間
    ③ミーティングスペース:パーテーションで区切ったミーティングスペース
    ④リラクゼーションスペース:リゾートエリアでのワーケーションにふさわしいリラックスできる空間
※コロナウィルス感染拡大を防止するため、北海道が推進する「新北海道スタイル」に準じる形で運用します。


 また、ワークプレイスは試験運用しますが、ニセコエリアのコンドミニアムや戸建てはダイニング・リビングスペースが広く、宿泊施設内でチームで仕事をすることも可能です。
 


◇長期滞在にオススメの宿泊施設をまとめたパンフレット
https://d3m1hkbwjvtu0b.cloudfront.net/media/long-stay-brochure.pdf?mtime=20191231114326

◇YouTubeニセコサマーステイチャンネル「ワーケーションニセコ」事業について
 

 


◇一般社団法人 倶知安観光協会 

電話:0136-55-5372、 メールアドレス:info@niseko.co.jp FAX:0136-55-5376

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 倶知安観光協会 >
  3. 【北海道ニセコ】”ワーケーション”ワークプレイスを1か月間試験運用開始(2020年8月24日~)