電気自動車•プラグインハイブリッド車によるCO2排出削減量をハイブリッド型ブロックチェーンに記録するシステムを構築

ユビ電株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口典男、以下「ユビ電」)は、株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔、以下「A.L.I.」)と共同で、電気自動車(以下、EV)やプラグインハイブリッド車(以下、PHVまたはPHEV)のCO2排出削減量を取りまとめ、ブロックチェーンに記録するシステムを構築しました。
このシステムは、EVやPHVの対ガソリン車でのCO2排出削減量を取りまとめるIoTプラットフォームと、CO2排出削減量を記録するブロックチェーンにより構成されています。

ユビ電はIoTプラットフォーム部分を構築し、EVやPHVの車両情報(走行距離、給電量、給油量など)と連携し、CO2排出削減量を簡単に把握できるスマートフォンアプリを2020年内に提供する予定です。

A.L.I.はブロックチェーン部分を構築し、スタンダードなブロックチェーンとして定評のあるイーサリアムと国産ブロックチェーンシステムとして評価の高いRHEIA*を並行動作させることで、耐改ざん性を担保しつつブロック生成時に排出される演算機の消費電力を抑え、環境に配慮したハイブリッド型ブロックチェーンシステムを実現しました。

 

CO2排出削減量記録アプリイメージCO2排出削減量記録アプリイメージ

 

このシステムは当初より三菱自動車工業のアウトランダーPHEV、i-MiEVをはじめテスラ、ジャガー、ランドローバーのEV、PHEVへの対応を予定しており、順次対応車種を広げていく予定です。また、将来的にはA.L.I.が開発中の環境価値取引プラットフォームに連携し、CO2削減量を環境価値として取引できるサービスの追加を予定しています。

ユビ電とA.L.I.は今後、家庭部門で埋もれているCO2排出削減量をより多く取りまとめ、だれもが簡単に環境価値取引に参加できる社会実装を実現するサービス推進を目指します。

*RHEIA(レイア):株式会社HYPERIAが独自開発・運営する次世代型パブリックブロックチェーンであり、IoT時代の商用利用に耐えうるスケーラビリティ、セキュリティを併せ持つ国産プラットフォーム。
 

 

給電量や給油量を記録給電量や給油量を記録

<ユビ電の概要>
 ユビ電株式会社
「じぶんの使う電気の種類をじぶんで選んでいきたい」
既成概念にとらわれず、創造力豊かに、アクティブに行動するそんな人々のために、ユビ電は未来の電力環境をデザインします。場所にも地球にも気がねなく、いつでもどこども「じぶんの電気」を自由に使える電力環境を。
ユビ電は、電気を使いたい人と、電気を使わせてあげる人を、つなぐIoT充電サービス「WeCharge」を運営しています。
公式サイト: https://www.ubiden.com/

 

<A.L.I.の概要>
株式会社A.L.I. Technologies (株式会社エーエルアイテクノロジーズ)
A.L.I.は、AI搭載型ドローンをはじめ各種ソリューションビジネスを展開するドローン・AI事業、独自の自律分散処理システムにより、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業、世界初の実用型ホバーバイクの販売を目指すエアーモビリティ事業を展開しております。
A.L.I.は、今後も、既存の発想に捉われず、ドローン、AI、ブロックチェーン等のテクノロジーを活用したプロダクトを開発し、イノベーションを起こし続けてまいります。
公式サイト: https://ali.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユビ電株式会社 >
  3. 電気自動車•プラグインハイブリッド車によるCO2排出削減量をハイブリッド型ブロックチェーンに記録するシステムを構築