1人1人の行動と内省を促し社員の成長を支援するアプリ「パーソナルAIメンター シェイ君」9月1日(火)提供開始

~コミュニケーションが少なくなりがちな在宅勤務でも強力にサポート~

「20代からのリーダーシップ開発」をテーマに掲げ、社員育成事業、人事組織コンサルティング事業を展開する株式会社シェイク(東京都千代田区、代表取締役社長:吉田実)は、新入社員や若手社員の研修後の職場実践に寄り添い、行動と内省を促し成長を支援するアプリ「パーソナルAIメンター シェイ君」を、9月1日(火)に提供開始します。
 


成長に欠かせない自律的な行動と内省。コロナ禍においては、先輩社員による支援が不足することも
 若手社員の成長には、自ら考え目標や行動計画を立てること、計画を実行に移すこと、行動の結果を振り返り、気付きを得て成長を実感するステップが欠かせません。その実現において、先輩社員がメンターとして成長を支援することは、有効な手段の一つです。一方、働き方改革法案が施行され、労働時間の上限が定められるなか、メンターとして十分な支援ができないケースも見られます。特に、コロナ禍における在宅勤務により、新入社員や若手社員に対するコミュニケーションの負担が増しており、十分に目が行き届かないこともあるようです。更にはZ世代と言われる1990年代後半生まれの社員は“繋がること”に強い欲求を持っている傾向が見受けられ、テレワークでずっと家にいると社会から取り残されている孤独感を感じることもあるようです。

■新入社員や若手社員の自律的な成長を促す職場実践支援ツール
 そこで当社では、研修が終わり現場に配属される新入社員や、まだひとり立ちできていない若手社員の自律的な成長を促すと共に、先輩社員の育成への時間的な負担を軽減すべく、人工知能(AI)を活用した職場実践支援ツールとして本アプリを開発しました。2000年の創業以来、弊社が一貫して行ってきた自律型人材育成や、「若手・20代社員」「プレイングマネージャー」のリーダーシップ開発に欠かせない「内省を促すためのメソッド」を取り入れています。
 新入社員や若手社員が、アプリ上のロボット型キャラクター「パーソナルAIメンターシェイ君」から投げかけられる質問に回答することで、目標の設定や行動計画の立案、行動に対する振り返りができます。質問内容は、利用企業によりカスタマイズした設定が可能。アプリ上でのシェイ君との会話を通じ、オフィスではもちろん、在宅勤務で先輩社員と連絡する機会が減少しがちなケースにおいても、人材育成に必要な「行動と内省」のためのコミュニケーションの機会を増やすことができます。
 アプリの使用により、新入社員にとっては、研修の学びを職場で活かせるほか、振り返りが習慣として定着し、成長実感を得ることができます。また、本アプリの情報は、人事部門で閲覧が可能。若手社員のサポートしてほしい状況が個人レベルで把握ができるため、行き届いた人材育成が過不足なく行えます。さらに、シェイ君の問いかけにより、職場における上司・同僚との関係性の向上による組織エンゲージメントの向上や、仕事に対する主体者意識を醸成するワークエンゲージメントの向上につながるカラーバス効果※が高まることが期待されます。
※ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象のこと。
 

本アプリのサービス開始にあたり、代表取締役社長の吉田実のコメント】
 「シェイクのリーダーシップは、1人1人が自分なりの想いや志を持つ事がスタート。結果として、その想いや志に共感する仲間が現れ、リーダーシップが発現している、これがシェイクのリーダーシップです。そして、このようなリーダーシップで溢れ、イキイキと働く人で溢れる社会を創りたい、個人から、会社から、もっと日本を元気にしたい、それがシェイクの想いであり、志です。そして、社員が自律し、リーダーシップを発揮していく上で、『自分の成長や可能性を信じられるか』が1つの要素として重要だと思います。ただ、現在の若手社員は、自分に自信がない。また入社後、様々な壁に当たり、イキイキと働く事や、入社時の想いや志を諦めていきます。それがとても悔しい。
 当社は、本アプリのサービスを開発することで、自分は成長できるという手応えを掴み、自律的に成長できる力を育む支援をしたいと思います。結果として、自分なりの想いや志に沿って行動し、働く仲間と共にその想いや志に向かって共創している、イキイキと働く人で溢れる社会を創るため、邁進して参ります。


サービス概要
アプリ名:「パーソナルAIメンターシェイ君」
サービス開始日:2020年9月1日
特徴:研修後の職場での実践を1人1人サポートし、成長への手応えと、自律的な成長力を育むスマートフォンアプリ


  
質問イメージ
 



















新入・若手社員にとって、上司・先輩とのコミュニケーションは欠かせない
上司・先輩との日常的なコミュニケーションや職場での“気付き”はこれからのテレワーク時代において、減少されることが予想されます。しかしながら新入・若手社員は日常的なフォロー・コミュニケーションを求めており、双方(ベテラン⇔若手)の悩みや、仕事に対する姿勢を理解するなどのコミュニケーション促進の機会を、意識的に作ることが必要不可欠となってきます。

上司・先輩に期待するフォロー













調査対象者:2020年度新入社員 1,001名
調査期間:2020年5月20日~6月12日
株式会社シェイク


株式会社シェイク
2000年に創業。「20代からのリーダーシップ開発」をテーマに掲げ、新卒・若手社員の支援・育成サポートに力を入れている。加えて、階層別の行動変容研修も積極的に行っており、近年増加傾向にある「プレイングマネージャー」向けの研修実績も豊富。社会・組織を良い方向に導いていくのは想いを持った「個人」であるという考えを基に、企業社員一人ひとりの「気づき」や「意志」の醸成をサポートすることで、社内のコミュニケーションの円滑化やチームビルディングのアドバイスなどを行っています。
 

株式会社シェイク
東京都千代田区麹町5-3-5 麹町中田ビル6階
TEL:03-5213-6888
FAX:03-5213-6889
HP: https://shake.co.jp/









 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シェイク >
  3. 1人1人の行動と内省を促し社員の成長を支援するアプリ「パーソナルAIメンター シェイ君」9月1日(火)提供開始