機電一体を実現 モータ駆動用パワーモジュール

~EPSの軽量・コンパクト化に貢献~

新電元工業株式会社(本社:東京都千代田区)は、車載の電動パワーステアリング(EPS)などに向けたモータ駆動用パワーモジュール「MG048シリーズ」から新たに「MG048A150004A」と「MG048B100006A」の2品種の発売を開始しました。
モータ駆動用のMOSFETとシャント抵抗・サーミスタ等の周辺部品と共に高放熱モジュールに集積し、軽量・コンパクト化に向けた機電一体のEPSの実現に貢献します。

 


世界的に強化される排ガス規制への対応と自動運転の実現に向けて、車載制御システムの電動化・高機能化が加速しています。
自動車の制御システムには協調制御や自動運転を見据えた機能安全から冗長設計が必要になっていますが、部品点数の増加、ECUの大型化が懸念され、EPSにおいては電動化による燃費向上だけでなく軽量・コンパクト化に向けた機電一体が進んでいます。
新製品はモータ駆動用のMOSFET、シャント抵抗、サーミスタ、スナバ回路をモジュールに集積することで、ガラスエポキシ基板(FR4)上にディスクリートMOSFET(TO-263)と周辺部品で構成したモータ駆動回路に対し実装面積が約70%削減可能です。さらに高放熱モジュールによる低発熱(チャネル温度約73℃低減)による放熱器系の小型化と合わせて、モータ駆動システムの小型・コンパクト化が可能になり、機電一体のEPSの実現に貢献します。
「MG048A150004A」と「MG048B100006A」の内蔵MOSFETのドレイン・ソース間電圧はそれぞれ40Vと60Vで、「MG048A150004A」は12V車(乗用車)、「MG048B100006A」は24V車(商用車)に対応します。

【用途例】
・車載、電動パワーステアリング(EPS)
・補機系モータ駆動

【特長】
  • MOSFET 6個、シャント抵抗、サーミスタ、スナバ回路内蔵
メインスイッチ素子のパワーMOSFETと受動部品の合計14個で構成されるモータ駆動回路を一つのモジュールに集積化することで部品点数を削減し、さらに実装面積がディスクリート構成に対して約70%削減が可能 。
  • 高放熱 絶縁タイプ パワーモジュール
高放熱基板を使用したパワーモジュールにより、MOSFETのチャネル温度が約73℃低減し放熱器系の小型化が可能。
また高放熱基板は内部素子と絶縁されているため、外付け放熱フィンを取り付ける際はディスクリート素子で必要だった絶縁処理が不要で製造工程の簡略化にも貢献します。
  • 信号側、パワー端子側を分離した端子レイアウト
信号端子とパワー端子をパッケージ左右に分離しPCBのパターン配線の最適化に貢献。
  • 鉛フリー

製品の詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
「MG048A150004A」:(https://semi.shindengen.co.jp/ja/spm_inv/MG048A150004A)
「MG048B100006A」:(https://semi.shindengen.co.jp/ja/spm_inv/MG048B100006A)

新電元工業株式会社について
新電元工業は、1949年の設立以来、パワー半導体やスイッチング電源などパワーエレクトロニクスを主な事業領域として、独創的な技術を活かした数多くの製品を開発し、世界各国のお客様の期待と信頼にお応えしてきました。
新電元工業は、半導体技術、回路技術、実装技術を併せ持つ世界でも稀なメーカーとしてコア技術を融合し、発展・応用させていくことで、持続可能な社会の実現の一翼を担う製品をご提供していきます。詳細については新電元工業のウェブサイト(https://www.shindengen.co.jp/)をご覧ください。

お客様からのお問い合わせ先
〒100-0004  東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル
新電元工業株式会社
営業統括部 販売促進課
TEL:03-3279-4687
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新電元工業株式会社 >
  3. 機電一体を実現 モータ駆動用パワーモジュール