中堅・中小企業向けにソフォス社のセキュリティ商品の販売を開始

 ITシステム開発会社の株式会社アクシス(代表:宮腰行生)は、ソフォス社と販売パートナー契約を締結し、中堅・中小企業向けに、ソフォス社の統合セキュリティシステムの販売を開始します。
Sophos製品情報サイト: https://www.axisjp.co.jp/services/security-solution/sophos-Integratedsecurity

 ソフォスが2020年8月17日に発表した「Ransomware-as-a-Service攻撃「Dharma」の最新状況調査結果」によると、インターネットなどで安価で販売されているDharmaランサムウェアを使用した犯罪組織の主なターゲットはセキュリティが脆弱なままテレワークに移行した中堅・中小企業となっており、2020年に確認された攻撃の85%は、主にテレワークで使用するリモートデスクトップなどの無防備なアクセスツールを攻撃しています。


 この度、ITシステム開発会社の株式会社アクシス(代表:宮腰行生)は、ソフォス社と販売パートナー契約を締結し、第一弾として、中堅・中小企業向けに、ソフォス社の統合セキュリティシステムの販売を開始します。
「中堅・中小企業向け統合セキュリティシステム」として販売するのは、パソコンやスマートフォンなどの端末(エンドポイント)のセキュリティ製品「エンドポイントセキュリティ Sophos Intercept X Advanced with EDR」と、社内ネットワークを保護する「次世代ファイアウォール Sophos XG Firewall」です。エンドポイントセキュリティとネットワークセキュリティ両方を連携して統合セキュリティシステムを構成しているのが特長です。ほとんどの場合、エンドポイントセキュリティとネットワークセキュリティは連携することはなく別々に機能していますが、ソフォスではSecurity Heartbeatという独自技術によりファイアウォールとエンドポイントがコミュニケーションを取り、ネットワーク上の感染源を特定して感染したエンドポイントのネットワークへのアクセスを制限したり、駆除から復旧までを自動的に行います。これにより、高度なスキルや知識を持つセキュリティの専門家がいなくても、高度で巧妙化した攻撃に対応でき、エンドポイントセキュリティとファイアウォールだけで総合セキュリティ対策が実現できる中堅・中小企業に最適な総合セキュリティ対策として気軽に導入可能なシステムです。

 

 


ソフォスについて
 ソフォスは、次世代サイバーセキュリティの世界的リーダーとして、150か国以上のあらゆる規模の400,000社以上の企業を今日の最も高度なサイバー脅威から保護しています。ソフォスは、クラウド、機械学習、API、自動化、MTR(Managed Threat Response)などの高度な機能を活用して、あらゆる規模の企業にエンタープライズレベルの保護を提供し、次世代サイバーセキュリティへの移行を推進しています。
https://www.sophos.com/ja-jp.aspx

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アクシス >
  3. 中堅・中小企業向けにソフォス社のセキュリティ商品の販売を開始