【初販売】障害者が描く絵を、本格的な商業デザインに。衣食住を彩る商品を10.17(土)からクラウドファンディング限定販売。

障害のある人々の絵を世に出し、仕事を生み出す!デザイナー・地域職人とのコラボレーションで、障害者福祉市場の課題解決に挑戦

 株式会社ニューモア(本社:東京都三鷹市 代表取締役:YORIKO(宮島 依子)、以下当社)は、障害者福祉施設の利用者が描いた絵を商業デザインに落とし込む事業「想造楽工(そうぞうがっこう)」を開始。
 売上の一部が絵の制作者に支払われる仕組みをつくり、障害者の所得向上、職業選択の幅を広げることを目的とします。
 10月17日(土)10時からクラウドファンディング(READYFOR)限定で、障害者の絵を用いて地域職人と開発した商品の販売を初めて行います。

 


■クラウドファンディングページ(READYFOR)

【公開前用の限定公開URL】
https://readyfor.jp/projects/sozogakko/preview?preview_token=f7505a9054a92fbb963f6cf455e50bf96d30ccbc

【10月17日(土)10時公開以降のURL】
 https://readyfor.jp/projects/sozogakko/


●クラウドファンディング限定の販売商品

 今回は、東京都八王子市にある障害者就労継続支援B型事業所「NPO法人しあわせのたね」の利用者3名をイラストレーター(商業美術家)として迎え、東京都八王子市の職人・作家達と衣食住に落とし込んだプロダクトを作りました。数週間かけて利用者と絵の訓練・制作をし、パソコンでデザインを加えてパッケージやテキスタイルにアレンジ。心和むイラストレーションが高い職人技術と融合され、身の回りの景色をのびやかな世界観で演出します。

「衣」 帆布11号の厚手生地で作られた大きくて丈夫なトートバッグと、綿100%の手ぬぐいのセット

「衣」セット「衣」セット

「食」 八王子市の実力店舗・職人さん達の逸品を詰め合わせ、豆皿も付いたお茶菓子ギフトセット

「食」セット「食」セット


「住」 飾ってお楽しみいただくインテリア品、額装ポスター

「住」セット「住」セット


●障害者イラストレーター3名

 


■販売期間
2020年10月17日(土)10時 ~ 11月30日(月)23時まで


●障害者の絵の制作に仕事として対価を支払い、福祉市場の課題に挑戦
 

資料:厚生労働省「平成30年度工賃(賃金)の実績について」資料:厚生労働省「平成30年度工賃(賃金)の実績について」


 障害者福祉市場の課題のひとつとして、利用者の所得の低さが挙げられます。就労継続支援事業所の利用者平均賃金(月収)の額は、平成30年度がA型で76,887円、B型で16,118円、46,502円が平均額となっています。

 その課題解決方法の一つとして、障害者の絵を用いた商業デザイン売上の一部を福祉施設と制作者自身に支払う仕組みを作り、障害者就労支援、商業選択の幅を広げる活動を行います。自社プロダクトを開発しながら、さまざまな企業や施設とのコラボレーションを目指していきます。
 

 今回のクラウドファンディングによる開発商品の販売は、この現状課題を人々に広く伝えること、障害者の持つ世界観・絵心の魅力を紹介すること、そして実際に開発した商品の売上で障害者イラストレーターに正当な報酬を支払い、仕事を創出することを目的に行います。

●障害のある人々とデザインチームを作り、絵を描く仕事を生み出す

 当企画を立ち上げた理由に、当社代表YORIKOの家族に重度の発達障害者がいる背景があります。

 自身の関わり方を模索していた中、福祉施設が運営するカフェの内装デザインを担い、利用者と絵の制作をしたところ、「独創的でユーモアあふれる絵」に感銘を受け全面的に店舗デザインに起用。このことがきっかけで、障害者をイラストレーターとして迎え協働するデザインチーム「想造楽工」を立ち上げました。
 

利用者さん方の制作の様子(左)弊社で壁に模写する様子(右)利用者さん方の制作の様子(左)弊社で壁に模写する様子(右)

 

完成したカフェ外装(左)内装(右)完成したカフェ外装(左)内装(右)


●「好きなことを仕事にしていく挑戦」を誰もができる世の中に

 「好きなこと」で仕事をするということは、障害の有無に関わらず決して簡単ではありません。良し悪しでも優劣でもなく、各々の価値観で選択されるべきことです。

 ただそこに「挑戦」できる選択肢、機会があることが大切で、障害があることでその選択肢が狭められてしまう現状を変えたいと考えています。

 障害の壁を超えて、誰もが「好きなことを仕事にする喜び」「他者と協働する楽しさ」を目指せる共生社会をつくること。それが、株式会社ニューモアの「想造楽工」事業が掲げるビジョンです。

想造楽工での絵の制作風景想造楽工での絵の制作風景

NPO法人しあわせのたねのスタッフ・利用者さん方とNPO法人しあわせのたねのスタッフ・利用者さん方と

 

代表:YORIKO代表:YORIKO

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニューモア >
  3. 【初販売】障害者が描く絵を、本格的な商業デザインに。衣食住を彩る商品を10.17(土)からクラウドファンディング限定販売。