日本ウィングテック株式会社、「株式会社デザインアーキテクチャー」へ社名変更とMBOのお知らせ

日本ウィングテック株式会社(本社:東京都中央区)は2020年5月1日をもって社名を「株式会社デザインアーキテクチャー」へ変更、10月1日にMBOにより日本企業として独立し、新たなスタートを切りました。

日本ウィングテック株式会社(以下日本ウィングテック)は、日本での事業展開の業務内容を一層明確にするため、社名を株式会社デザインアーキテクチャー(以下デザインアーキテクチャー)と変更いたしました。2020年10月1日にデザインアーキテクチャーはMBOにより、完全な日本企業として独立いたしました。今後日本法人として日本の皆さんを長期的にサポートして参ります。

 

弊社は2019年の創業以来、「日本ウィングテック株式会社」の名称で皆様方から、ご愛顧いただいておりましたが、2020年5月1日に社名を「株式会社デザインアーキテクチャー」に変更いたしました。そして10月1日には、MBOにより完全な日本企業として新しいスタートをいたします。

日本ウィングテックは、世界最大のスマートフォン、電子デバイスのODMメーカー・中国ウィングテックの日本法人として設立されました。これまで多くのパートナーと事業展開してきました。今回、IoT時代にマッチしたハードウェア製品の開発を中心に展開していくために、社名変更、およびMBOを行いました。これにより、デザインアーキテクチャーは、日本のパートナーの皆様により一層寄り添って参ります
 


デザインアーキテクチャーのロゴは、アルファベットのAを模しており、三角形は、顧客と弊社とEMSのパートナーのネットワークを表現しています。AI、人間社会、そして文化という私たちの社会を構成する3機能の融合という意味も込めております。
 

 

これまでのインターネット時代、スマホとPCをベースに大量生産、単一機種のデバイスが市場を席巻していました。しかし、IoT時代は多品種、小ロットによる新たなサプライチェーンを構築しなければなりません。デザインアーキテクチャーはワンストップで革新的な提案をしてまいります。

我々は、ハードウェアの開発からスタートした企業であり、デザイン、製造、流通という大きな流れを理解しているからこそ、供給バランスとコストの最適化が可能になります。特にデザインやブランディングというサプライチェーンの上流部分での強みが、パートナーからの信頼獲得に力を発揮すると思っております。

デザインの開発においてはプロダクトデザインの分野で多くの経験を有する「株式会社ジンクラモトスタジオ」(本社:東京都目黒区)と業務提携を行い、マーケットリサーチから製品デザイン、量産設計管理までを一貫して行い、安定した品質のデザイン開発を顧客に約束いたします。

 【デザインアーキテクチャーの3つの特徴】
  1. AIoTに特化したハードウェア開発に特化(日本の衣食住に寄り添ったAIoTハードウェアの開発に重点的におこないます)
  2. 日本におけるインダストリアルデザイン、品質管理、ブランディング(生産以外を日本国内で完結させるので、意志決定の時間短縮、効果的な品質管理が可能となります)
  3. グローバルODMチェーンの最適化(中国のサプライチェーンだけでなく、日本国内、アジア圏の協力生産業者と連携して、パートナーに最適のODMチェーンを構築できます)

【会社概要】
商号:株式会社デザインアーキテクチャー(英語:Design Architecture, Inc.)
本社所在地:〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町6-5 9F
代表取締役社長:馮 麗萍(Feng Liping)
資本金:7,500万円


【お問い合わせ先:株式会社デザインアーキテクチャー】
担当:和泉
電話番号:03-6231-0331
FAX:03-6231-0369
メールアドレス:contact@design-a.tech
ウェブサイト:https://design-a.tech/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デザインアーキテクチャー >
  3. 日本ウィングテック株式会社、「株式会社デザインアーキテクチャー」へ社名変更とMBOのお知らせ