株式会社シャトレーゼ リゾート八ヶ岳「イングリッシュガーデン&カフェレストラン〝風の丘 しいある〟」を取得 2020年12月12日(土)営業開始

自社周辺リゾートと連動し地域の観光ビジネス活性化に寄与

山梨・長野・静岡エリアで複合リゾートビジネスを展開する 株式会社シャトレーゼ リゾート八ヶ岳(代表取締役社長 古屋竜二/長野県南佐久郡川上村、以下「シャトレーゼリゾート」)は、造園家・環境アドバイザーで羽田東京国際空港第二ターミナル発着ロビーの庭園や、原宿東急プラザ屋上の『天空の杜』などを手掛けた 鈴木美津子氏が代表を務める「ローズガーデン&レストランカフェ 風の丘しいある」の運営権を取得、1万坪にもおよぶ美しい自然を守り、シャトレーゼリゾートの新たなコンテンツとしてリゾートビジネスの拡充を図ります。
 


イギリスで最も美しい庭園と言われる「シシングハースト城」のガーデンをモデルに造られた本格的英国式庭園は、2000年に長野県佐久市に開園。庭園内にはシンボルタワーが佇み、バラの美しいそのガーデンは人々から愛されましたが2009年におしまれながらも閉園。その後、鈴木氏が資材を投じて自らの手で植栽し、園内を整備して、2012年に「ローズガーデン&レストランカフェ 風の丘しいある」として生まれ変わり、さらに多くのファンを魅了し愛され続けています。


当社は鈴木氏の自然に関する考え方、ビオトープの世界観に賛同し、その意志を受け継ぎながら観光施設としてコンテンツを強化、リゾートビジネスのノウハウを注ぎ、地域に愛されるガーデンを継承いたします。
ガーデン内のカフェレストランはホテルシェフメイドのメニューも新たに、お客さまのペースでゆったりとお寛ぎいただける空間を演出、また経営母体である『シャトレーゼ』のスイーツを提供するなど、今後も継続的に新たなコンテンツを新設して参ります。
周辺には当社が保有する「小海リゾートシティ・リエックス」「シャトレーゼリゾート八ヶ岳」があり、宿泊はもちろん、源泉かけ流しの温泉をお楽しみいただきながら、ゴルフ、スキー、キャンプなど幅広いレジャーを満喫していただけたり、四季折々に地域を存分に回遊いただけるのは当社独自のツーリズムスタイルです。
 

 

 

 

営業開始日
2020年12月12日(土)
住所
長野県佐久市根岸3870-1
(中部横断道[佐久南]インターよりお車で約4分)
TEL
0267-63-8739
営業時間
『ガーデン』10:00~17:00
*季節により変更あり
『カフェレストラン』11:00~21:00
ガーデン入園料
700円(税込み)
*季節により変更あり



新しい生活様式、新しいライフスタイルが模索される時代、当社は世界中の人々の生活をより豊かに、サードプレイスとして社会貢献に努めます。地域の皆さま、お客さま、お取組み企業さまとともに、リゾートカルチャーを醸成して参ります。


株式会社 シャトレーゼ リゾート八ヶ岳
代表|
代表取締役社長 古屋竜二
本社所在地|
長野県南佐久郡川上村御所平1841-5
事業内容|
リゾート施設の運営・管理
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 シャトレーゼ リゾート八ヶ岳 >
  3. 株式会社シャトレーゼ リゾート八ヶ岳「イングリッシュガーデン&カフェレストラン〝風の丘 しいある〟」を取得 2020年12月12日(土)営業開始