3人に1人が昨年と比べ収入減。収入が増えていない人約9割、約4割は支出増加傾向。現在の収入には満足していない人約7割と多数。半数以上が収入を増やす「副業」を検討。不要品売却も4割強。

中古ブランド品をオンラインで簡単査定『UTTA!』鑑定総額2億円を目指す「お宝は家にあるキャンペーン」開始

株式会社大黒屋(本社:東京都港区、代表取締役社長:小川 浩平)は、全国の30代~50代の会社員男女500名を対象に、「収入とお金の使い道に関する調査」を実施しましたので、結果をご報告いたします。
本調査では、コロナの影響で収入だけでなくボーナスもない人が4割いる一方、外出自粛ムード時期と比べ約4割の人の支出が増えていることが明らかになりました。現在の収入に満足していない人が7割弱いることや、約6割の人がボーナスの支給額にも満足していないことも判明。また今年のボーナス事情として、支給額の平均は48万円で、その使い道1位は「貯蓄」と7割近くが回答しました。さらに収入を増やす工夫として半数以上の人が「副業」をしているという実態も。8割以上の人が政府からの給付金の再交付を望んでおり、その平均は15万円ということも明らかとなりました。


<「帰ってきた!お宝は家にあるキャンペーン」特設ページ URL>
https://campaign.daikokuya78.com/otakara2020/
<UTTA!サイトURL>https://campaign.daikokuya78.com/lp-utta

 
  • ■「帰ってきた!お宝は家にあるキャンペーン」について

大黒屋オンライン査定『UTTA!』は12月10日より鑑定総額2億円を目指す「帰ってきた!お宝は家にあるキャンペーン」を開始いたします。2019年に実施した「鑑定総額1億円を目指せ!お宝は家にあるキャンペーン」で僅か20日間で1億円に到達するという大反響だったことを受け、今回は目標額が倍の2億円となり帰ってきました。
第一弾は、高級ブランドバッグ、時計、ジュエリーなど様々なブランド品を全国各地から応募いただきました。鑑定した中での単品鑑定最高額は1本350万円のパテック フィリップでした。その他にも「エルメス」「ルイ・ヴィドン」「シャネル」などのブランドバッグも多数応募、買取させて頂いております。また、ブランド時計の王道「ロレックス」の鑑定総額は数千万円とブランドとしては最大の鑑定合計額となりました。
年末年始は、おうち時間をゆっくりと過ごす方もいると思います。せっかくだから自宅のクローゼットを宝の山にしてみませんか?
スマホ1台、パソコン1台で、お家で簡単にオンラインで査定ができる『UTTA!』を活用し、自宅に眠っているお宝を探して応募してみてください。

※詳細はキャンペーン概要をご確認ください。
 
  • 「収入とお金の使い道に関する調査」調査トピックス
1.3人に1人が昨年と比べ収入減!約7割が現在の収入に満足していない。
2.約4割が、支出増。使い道1位「外食」2位「自宅での食事」
3.収入を増やす工夫をしている人約4割!半数以上が「副業」で収入を増やしている。
4.2020年ボーナス事情。4割はボーナスなし。 ボーナス支給額平均48万円オーバー!
一方そのうち6割が支給額に不満。使い道1位「貯蓄」(68.4%)2位「旅行」(23.4%)
5.8割以上が政府からの追加給付金を望む。平均15万円ほしい!


<調査結果>
  • 1.3人に1人が昨年と比べ収入減!約7割が現在の収入に満足していない。

今年は新型コロナウイルスの影響を受け生活が一変しました。コロナの影響を受けたことの一つとして挙げられるのが収入。ボーナスの時期に差し掛かり、収入と支出、ボーナスなどお金について調査しました。まず、昨年の年末時期と比べ収入に変化があったか聞いたところ、最も多かったのは「変わらない」(64.6%)でしたが、「減った」は29.4%と約3人に1人は収入が減っていることが判明。全体の9割以上が昨年の年末時期と比べて収入が増えなかった事実がありました。
一方、「増えた」(6.0%)と、一定数いることも分かり、コロナは収入に影響を及ぼしているといえます。
 

収入の変化について分かりましたが、現在の収入に満足しているか質問しました。すると、「全く満足していない」(19.0%)、「満足していない」(23.2%)、「どちらかというと満足していない」(27.2%)を合わせて、69.6%という結果に。約7割弱の人が現状の収入に満足していないことが判明しました。どちらかというと満足している人は22.0%で、「とても満足している」「満足している」と、満足していると断言できる人は8.6%と、現状の収入に対する満足度は全体的に低いようです。
 
  • 2.約4割が、支出増。使い道1位「外食」2位「自宅での食事」

コロナの影響を受け、ボーナスを含め収入が減った人がいることが分かりましたが、支出に変化はあったのでしょうか。緊急事態宣言時の外出自粛ムードと比べると、そのムードが若干緩和され、生活とともにあるコロナ。まず、外出自粛ムードの時期と比べ最近支出が増えたかどうか聞きました。その結果、約4割が“支出が増えた”と回答しました。収入が変わらない、減った人が多くの割合を占める中で、支出が増えている傾向にあるという実態も明らかになりました。
具体的にどんな使い道で支出が増えたか深堀りしてみると、1位は「外食」(51.8%)という結果に。一方2位は「自宅での食事(宅配サービスなどの利用)」(47.7%)となりました。外食をする人が増える一方で、家での食事を楽しむためデリバリーサービスなどの利用者も増えていると予想されます。次いで、「ファッション」(29.1%)、「旅行」(27.1%)、「美容」(16.6%)という回答が続きました。外出自粛ムード時期と比較し、人と会う機会が増えたことでファッションにお金をかけたり、GoToトラベルキャンペーンの施行により旅行者が増えたということが見て取れます。
 
  • 3.収入を増やす工夫をしている人約4割!半数以上が「副業」で収入を増やしている。

収入が減る一方で支出は増加し、現状の収入に満足していない人の方が多いことが分かりましたが、収入を増やす工夫をしているのか調査しました。結果、工夫をしている人は38.0%と約4割の人が自身の収入に対して何かしらの対策をとっていることが伺えます。逆に6割以上の人は、収入に満足していない、という意識を持ちながらも、自ら増やす工夫をしていないという意識に対する行動の欠如が見受けられます。
収入を増やす工夫をしている人に具体的にどのような方法で収入を増やす工夫をしているか聞いたところ、「副業」(53.0%)に最も多い回答が集まりました。半数以上が収入を増やす手立てとして「副業」をあげています。次いで「資産運用」(45.5%)、「不要品の売却」(40.9%)という結果になりました。
本業以外の収入の増やし方に関しては、回答に大きな偏りはなく、様々な方法による収入の確保の選択肢があると考えられます。
 

収入には満足していないものの増やす工夫をしていない人にも、前項と同様に増やすとしたらどんな方法で行いたいか質問しました。結果、半数以上の人が「副業」(51.6%)、次いで既に工夫をしている人の結果同様、「資産運用」(45.6%)、「不要品の売却」(40.5%)と回答しました。工夫の有無に限らず、副業の選択肢のバランスは変わらないようです。コロナ禍で、副業を認める企業が増えたという時代の流れがこの結果に繋がった背景としても考えれます。また、リモートワークの浸透により、時間に余裕ができ、家でできる手軽な副業をする人が多いことも予想されます。おうち時間を活用して、収入を得られるのは効率的です。
また、全体の4割が検討している「不要品の売却」は、ある程度の知識や経験が必要となる資産運用に比べると誰でも簡単に収入を得ることができると考えられます。おうち時間が増えネットですべてを完結する人も多いのではないでしょうか。部屋の掃除や「断・捨・離」をする人も増えており、そのような中で出てきた要らないものや手放したいものを、おうち時間に手軽に売却することで収入を得ることができます。収入に満足していない方で、何から始めたら分からない方は一番手軽で簡単な「不要品の売却」から始めてみるのもいいかもしれません。
 
  • 4.2020年ボーナス事情。4割はボーナスなし。 ボーナス支給額平均48万円オーバー!                   一方そのうち6割が支給額に不満。使い道1位「貯蓄」(68.4%)2位「旅行」(23.4%)

収入が減った人が一定数いることがわかりましたが、今年の冬のボーナスはどうなるのか気になるところです。冬のボーナスがあったか聞いたところ、年俸制のため例年支給されてない14.2%の人以外に、44.0%の人が「いいえ」と回答しました。ボーナスがあった人は41.8%と、若干ではありますがなかった人の方が多い結果となりました。例年ボーナスがある企業に勤めている人で今年もらえないとなると、痛手となりそうです。
続いて、ボーナスをもらった人に、受け取った支給額について調査。支給額の平均は約48万7200円となりました。ボーナスを受け取った人の中には350万円という回答も。収入にコロナの影響があった人がいる一方で、そうでない人も一定数はいるようです。
 

今年冬のボーナスをもらった人に、そのボーナスについて詳しく調査しました。まず、もらった支給額に満足しているか質問。「全く満足していない」(11.5%)、「満足していない」(19.6%)、「どちらかというと満足していない」(26.3%)人を合わせて6割近い人が、ボーナスの支給額に満足していないことが判明しました。やはり満足していない人が多数派のようです。
 

続いて、使い道について調査しました。1位になったのは「貯蓄」(68.4%)。2位以降と圧倒的な差をつけてのランクインとなりました。次いで2位「旅行」(23.4%)、3位「家電製品などの日用品の購入」(22.0%)という回答が続きました。
 
  • 5.8割以上が政府からの追加給付金を望む。平均15万円ほしい!

ボーナスや収入が減り、収入を増やす工夫をしている人がいることがわかりましたが、今後政府からの追加給付金を支給してほしいか調査しました。結果、「とてもそう思う」(42.8%)、「そう思う」(20.2%)、「どちらかというとそう思う」(20.6%)を合わせて83.6%と8割以上の人が給付金を望んでいることが分かりました。
給付金が欲しい理由について聞いたところ、「前回の給付金が足りなかったから」(35.9%)が最も多い回答に。次いで「生活費・教育費などの支給の使い道があるから」(34.4%)、「収入が減ったから」(29.7%)、「金欠だから」(24.2%)という回答が続きました。自分の娯楽のためではなく、生活するにあたって必要なお金に使いたいと考えている人が多いようです。「貯金したいから」(22.7%)という回答にも票が集まり、今後のためにお金を貯めておきたい人も一定数いることが分かりました。
具体的にいくら欲しいか調査したところ、その平均は15万6055円という結果に。2020年の4月以降支給された特別定額給付金の10万円より大きい額となりました。最小額1万円と答える人がいる一方で、150万円という回答もあり、望む額は人それぞれでした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【調査概要】
調査期間:2020年11月20日(金)~11月25日(水)
対象:全国の、30代~50代の会社員男女500名
調査方法:インターネット調査
調査会社:株式会社ネオマーケティング
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
  • ■「帰ってきた!お宝は家にあるキャンペーン」 キャンペーン概要について


<「帰ってきた!お宝は家にあるキャンペーン」特設ページ URL>
https://campaign.daikokuya78.com/otakara2020/
<UTTA!サイトURL>https://campaign.daikokuya78.com/lp-utta


【概要】
タンスの中やクローゼットの中に、お宝はある。
あなたのお家にあるブランドバッグ・時計・ジュエリーなどの写真を送るだけで大黒屋の誇る鑑定士がオンラインで鑑定、買取予定金額を算出します。
鑑定額の金額が1億円を超えると、ご応募いただいた方の中から抽選で5名様に、店頭価格100万円相当のブランドバッグ他を1点プレゼント。2億円を超えると、さらに5名様にプレゼントします。
店頭まで持って行かなくてもお持ちのブランド品の価値がわかる鑑定を体験でき、そのうえ高級ブランドバッグが当たるチャンスです。同一アイテムでなければ、お一人様何度でもご応募可能です。

【タイトル】「帰ってきた!お宝は家にあるキャンペーン」
【応募期間】2020年12月10日(木)09:00~2021年1月11日(月)20:59

【応募方法】
(1) 本キャンペーンサイトより、「早速応募する」ボタンをクリックしてください。
(2)ログインしてください(会員登録がまだの方は利用規約に同意の上会員登録をお願いします)。
(3)UTTA!フォームに必要事項をご入力し、アイテムの写真の撮り方に沿ってお宝の写真を撮ってアップロードし、応募規約に同意の上ご応募ください。
(4)弊社より鑑定結果を24時間以内にメールにてご連絡させていただきます。

【応募資格】日本国内にお住まいで20歳以上の方。(応募または当選後に20歳未満であることが判明した場合は、当該応募または当選を無効とさせていただきます)本キャンペーンの注意事項及び禁止事項に反していない方。
※当社社員および関係者は応募できません。

【賞品】販売価格100万円相当のブランドバッグ他
【当選者数】1億円達成の場合:5名、2億円の達成の場合:さらに5名 計10名
【当選発表】2020年1月18日(月)予定
【当選発表方法】
厳正な抽選の上、弊社よりメールにてご連絡させていただきます。なお、当選発表については当選者の方のみへのご案内とさせていただき、キャンペーンの応募状況および抽選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※当選が無効となる場合※
➀当選者(契約者)の方とのメール等の連絡が7日以上つかない場合、または当選者に賞品の受け渡しができない等と弊社が判断した場合。➁当選者の応募品がコピー品・偽物であることが発覚した場合。そのため当選後査定商品を当店にお送りいただき、商品を確認させていただきます。
※画像を投稿する際の注意※
・ご自身で撮影された写真を使用してください。
・鑑定可能なお品物は、バッグ、時計、ジュエリー、アイウェア、アパレル、財布・小物、靴と致します。
・お品物の写真は以下のより1種類以上撮影してください。
 ―バッグ:①正面 ②ロゴ ③ブランドロゴ刻印 ④底面 ⑤生産国 ⑥シリアルナンバー
 ―時計:①正面 ②竜頭 ③クラスプ ④文字盤 ⑤ケース刻印 ⑥シリアルナンバー
 ―ジュエリー:①正面 ②ロゴ ③ホールマーク ④生産国/シリアルナンバー
 ―財布・小物:①正面 ②ロゴ ③生産国タグ ④シリアルナンバー ⑤金具ロゴ ⑥リベット
 ―アパレル・靴:①正面 ②ブランドタグ ③ロゴ ④ファスナー ⑤ボタン ⑥製品タグ
・カメラを縦にして、お品物が中央に来るように撮影してください。詳細はオンライン買取ガイドをご覧下さい。
・写真は1投稿6点までとなります。
・画像ファイル形式はJPEG、JPG、PNGのみ有効です。
・画像容量は画像1枚につき、5MB未満にしてください。

※その他注意事項はキャンペーンサイトにてご確認ください。
 
  • ■大黒屋オンライン買取『UTTA!』 詳細

<UTTA!サイトURL>https://campaign.daikokuya78.com/lp-utta

【オンライン買取ガイド】

WEBサイト上で簡単に、無料で査定申込が可能!
1.買取希望の品物情報を入力。
2.査定に必要な写真を撮影&アップロードし、査定申込完了。※査定申込には無料会員登録必要
3.プロの鑑定士が仮査定。仮査定完了後はメールにてお知らせ(24時間以内)。
4.マイページにログイン、「査定・買取履歴」よりオンライン査定額を確認。
御見積金額にご納得いただけましたら、品物をご発送いただき、本査定と買取のお申込が完了となります。
 
  • ■株式会社大黒谷について

株式会社大黒屋は1947年に千葉県下で創業し、宝石・貴金属、時計、ブランド品バッグなどの販売・買取・質預りを行っている会社です。現在は東京都品川区に本部を置き、関東・中部・関西・九州で23店舗を展開しています。

【会社概要】
会社名 株式会社 大黒屋
創業 1947年(昭和22年)4月
資本金 318,095千円
決算日 3月31日
代表取締役 代表取締役社長 小川 浩平
事業内容 ブランド品(バッグ・時計・宝飾品等)、ジュエリー、洋服などの買取・販売、質業
本社所在地 東京都港区港南4-1-8 リバージュ品川3F
TEL:03-3472-7740(代表)
FAX:03-3472-7741
<大黒屋公式サイトURL>https://www.daikokuya78.com/
<企業サイトURL>https://www.daikokuya78.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大黒屋 >
  3. 3人に1人が昨年と比べ収入減。収入が増えていない人約9割、約4割は支出増加傾向。現在の収入には満足していない人約7割と多数。半数以上が収入を増やす「副業」を検討。不要品売却も4割強。