日本の隅々までデジタルマーケティングのノウハウを!栃木県庁有志による「デジタルシフト研究会」での取り組み

栃木県庁にて実施された「デジタルシフト研究会」にコンテンツ提供及び講師としてsembear合同会社が参加

急激に進む全世界的な「デジタル化」の潮流の中、sembear合同会社は栃木県庁の有志からなる「デジタルシフト研究会」に参加。培ってきたデジタルマーケティングに関するノウハウを中心とした4講座においてコンテンツ提供と講義を実施いたしました。
コロナウィルスの影響もあり、世界中のデジタル化は急激に進展しています。またコロナウィルスによる外出の自粛は特に中小零細企業への影響が大きく、地方経済においてデジタルマーケティングについての出遅れは今後の成長そのものへ影響を与えかねない状況になっています。

そういった状況の中、栃木県庁のデジタル戦略室と栃木県のデジタルマーケティングを支援している株式会社キネッソジャパンにより「デジタルシフト研究会」が企画され、sembear合同会社はコンテンツの提供と実際の講義の実施を担当させていただき、2020年7月から2020年11月にかけて同研究会での講義を行いました。

sembear合同会社より提供したコンテンツは
  • ゴールとKPI
  • 検索エンジンマーケティング基礎
  • タグマネジメントとデータ活用
  • デジタルマーケティングのこれから ~マーテクの地殻変動と加速するOMO〜
からなる4コンテンツで、sembear合同会社が培ってきたコンテンツを含みながら、特に地方自治体向けに大きく内容をカスタマイズしたものとなります。研修内容の詳細説明や、栃木県デジタル戦略室様・キネッソジャパン様からのコメントなど、本取り組みの詳細説明につきましては以下のURLをご参照ください。
https://sembear.biz/2020/12/02/tochigi_digital_shift_training/

多くの場合デジタルマーケティングのノウハウは「一般企業」を対象にしたものが多く、営利目的のコンバージョンやROASなどの指標が明確であることがほとんどです。しかしながら、地方自治体がデジタルマーケティングを実践する際には、明確な成果指標を設定することが簡単ではないことがあり、従来のノウハウやコンテンツがそのまま適用できるわけではありませんでした。

今回sembear合同会社は従来まで提供していた人材育成コンテンツをベースにしながらも、栃⽊県様が現在推進している施策や現状を踏まえ、実際の業務に近い形でのグループワークを取り⼊れるなど、大幅に内容をカスタマイズしてコンテンツのご提供をさせていただきました。また、2020年夏より大きく変化のあったプライバシー保護関連の技術仕様等を網羅した、これからのデジタルマーケティングについての分析と展望も研修を提供させていただいております。

デジタルマーケティングは比較的低額で着手可能で、かつ世界に向けた情報発信が可能なマーケティング手法です。地方自治体が地域活性化を実現する手段としてはインバウンド需要を含む観光業界や地域ブランドの確立による特産品の販売・移住の促進など多岐にわたる効果が期待されます。sembear合同会社は今回の栃木県様との取り組みにとどまらず、今まで培ってきた知識・ノウハウを多くの地域にご提供することで、地域経済の活性化に貢献していく所存です。


sembear合同会社について


2020年1月に設立。マーケティングテクノロジーにおける豊富な経験を元にデジタルマーケティング人材育成プログラムの提供や国内企業のマーケティングサポート事業を展開。広告代理店向けOne on Oneトレーニングの卒業生の多くは第一線で活躍をしています。

sembear合同会社 会社概要
社名 : sembear(エスイーエムベア)合同会社
所在地: 東京都渋谷区本町1丁目20番2号 パルムハウス初台801
代表者: 代表社員 治田 耕太郎
設立 : 2020年1月7日
URL  : https://sembear.biz
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/sembearLLC

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. sembear合同会社 >
  3. 日本の隅々までデジタルマーケティングのノウハウを!栃木県庁有志による「デジタルシフト研究会」での取り組み