社会のディープイシューに深く潜る「Deep Dive Camp」11月に西粟倉、12月にカンボジアで開催

社会課題のリアルを深く知り、主体的にどのようなアクションがとれるか、考え、行動することで、社会の当事者になるプログラム

ソーシャルビジネスを展開するスタートアップや大手企業の支援を行うCarpeDiem株式会社は、社会課題のリアルを深く知り、主体的にどのようなアクションがとれるか、考え、行動することで、社会の当事者になるソーシャルビジネス留学「Deep Dive Camp」事業を開始します。


「Deep Dive Camp」事業では、ディープイシューと向き合う、ローカルベンチャーと呼ばれる地方/地域の企業や、ソーシャルビジネスに従事する国内外の企業やNPO法人を訪ね、各社の取り組みを見学、体験し、話を伺います。さらに、参加者自身の内省やディスカッションを組み合わせることで、参加者の当事者意識を高めながら、課題の本質を見出し、見学先の企業や団体の課題解決を目指し、当事者としてのリーダーシップを育む、実践参画型の研修となります。

ソーシャルビジネスに興味のある個人の方や法人・チーム、そして経営や新規事業を担う経営者のみなさまに最適な内容となっています。

2022年は以下2件の開催が決定しています。

①Deep Dive Camp in 西粟倉【エーゼロ株式会社との共同開催】
 日程: 2022/11/17〜18
 場所: 岡山県 西粟倉村
 概要: エーゼロ社は人口1,400人の西粟倉村から木材加工にはじまり、鰻の陸上養殖や害獣の解体、
     循環型農法などの事業を展開。
     西粟倉の森、そして彼らの循環型事業を見て体験することを通じ、本質的に持続可能な事業を構想する。
     その上であらためて「主体性を持って生きる」ということを捉え直していく。
   → 詳細: https://sites.google.com/carpe-diem.dev/ddc-nishiawa22/

②Deep Dive Camp in Cambodia【特定非営利活動法人SALASUSUとの共同開催】
 日程: 2022/12/14〜17
 場所: カンボジア シェムリアップ
 概要: SALASUSUはNPO法人かものはしプロジェクトから独立した団体として、
     カンボジアの公教育課題の改革に挑む。
     教科書で学ぶ「貧困」ではなく、農村域に住む方々との交流やホームステイを通して、
     生活の実態をより深く知り、「当事者」としてどのように本質的解決を目指すかを考え、実行していく
 → 詳細: https://sites.google.com/carpe-diem.dev/ddc-cambodia22/

今後も、様々な地域・国に広げ、開催してまいります。

 


★CarpeDiem 株式会社 https://www.carpe-diem.dev/
社会課題を解決するイノベーションを起こすため、ソーシャルビジネスを展開するスタートアップや大手企業を支援。人材・資金・情報を、経済合理性の限界に挑戦する各社に届ける事業を展開しています。個人、組織のチャレンジを促すためコーチングや組織開発も支援。

また、株式会社リバネスとのジョイントベンチャーであるSustainable Food Asia株式会社では、次世代の食のスタンダードを創造することをミッションとし、日本のみならずアジアのスタートアップと共に社会課題を解決すべく、ジャックフルーツを使った代替肉等を通じてサスティナブルな食をつくる取り組みも行なっています。



本件に対するお問い合わせは、以下よりお願いいたします。
https://www.carpe-diem.dev/inquiry

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CarpeDiem株式会社 >
  3. 社会のディープイシューに深く潜る「Deep Dive Camp」11月に西粟倉、12月にカンボジアで開催