METACITYによる実在しない行政区、多層都市「幕張市」創立記念展を開催。

2020年12月20日(日)〜2021年1月31日(日) に、150mの建築物を使用したパプリックアート展示、トークイベントやワークショップを幕張新都心およびオンラインにて開催。

大学の研究室やアーティスト、エンジニア有志団体などと協働し、文化芸術を育む都市の形を研究する一般社団法人METACITY推進協議会(所在地:東京都渋谷区、共同代表理事:青木 竜太、以下METACITY)は、2020年12月20日(日)から2021年1月31日(日) まで、新プロジェクト『多層都市「幕張市」』(以下、幕張市プロジェクト)の立ち上げを記念したイベントを開催します。

 

「幕張市」プロジェクトは、世界で提案されている新たな投票システムの検証やオンライン上の祝祭性を高める方法の探索など都市OSに必要な基本機能のアップデートや代替方法を探求していく活動です。特に次世代を育む社会インフラとしての「文化」を生み出す機能や構造に着目し、研究者やアーティストなどと一緒に12月20日より活動を開始します。
「幕張市」ティザーサイト:https://makuhari.city/ 


プロジェクトを広く認知してもらうとともに、様々な意見を取り入れ今後の活動方針を検討していくために、2020年12月20日(日)から2021年1月31日(日)まで、幕張新都心及びオンラインにて、150mの建築物を使ったパブリックアート展示やプロジェクトメンバが公開討論を行うオンライントークイベント、都市OSを支える最新技術や背景にある考えを共有するオンラインレクチャーなど5種類の無料・有料イベントをコロナ対策し3密を避けた形で開催します。

【イベント紹介】
1. パブリックアート展示:
茶の湯のアート集団「The TEA-ROOM」の150mの建築物を使った新作パブリックアート作品。実在しない行政区、多層都市「幕張市」のシンボルであり、あらたに生まれる都市に生命性を吹き込む儀式として展示する。
【日 付】2020年12月20日(日)〜 2021年1月31日(日) 18:00〜21:00
【会 場】幕張ベイパーク周辺幕張ベイパーク スカイグランドタワー 
【参加費】無料
※特定の会場はなくJR京葉線海浜幕張駅周辺の様々な場所から鑑賞可能。
※2020年12月20日のみ18:00からパブリックアート作品開始の様子をYoutubeでリアルタイム配信予定。
配信URL:https://www.youtube.com/channel/UC4YQMSAmU7AW1W6Hvk2wj2A

(イメージ図)

2. 『多層都市「幕張市」創立記念展』オンラインカンファレンス:
渋谷文化の象徴とも言える新生渋谷パルコの最上階に鎮座する日本初のライブストリーミング兼スタジオであり、世界的な文化プラットフォームである「DOMMUNE」で、年末特別番組を配信する。分散IDや投票システムなどの技術思想や課題、都市の祝祭性についてプロジェクトメンバである研究者やアーティストたちによる公開討論がおこなわれ、都市x音楽をテーマに若手アーティスト達がパフォーマンスを披露する。
【日 付】2020年12月30日(水)19:00〜24:00 
【配信先】DOMMUNE https://www.dommune.com/ で無料配信

3. 「幕張市」をSFするーCivic Vision SF Workshop Series:
伝説的SF小説『ニューロマンサー』に登場する千葉市。その千葉市に縁のあるSF小説家集団「Dead Channel」による想像力を養うワークショップを開催する。
【日 付】2021年1月17日(日)13:00〜18:00
【会 場】幕張ベイパーク クロスポート(JR京葉線海浜幕張駅徒歩12分)
【参加費】一般=3,000円、学生=1,500円
【購入先】チケット購入サービス「Peatix」にて販売
https://makuharicity0117.peatix.com/

4. 感性を紡ぎ「都市」をつくるー Placy Urban Rhythm Workshop
音楽で場所を探せる地図サービスを開発する「Placy」と、アーティストと共に感性から街を照らす音楽地図をつくる。
【日 付】2021年1月24日(日)
【会 場】幕張ベイパーク クロスポート(JR京葉線海浜幕張駅徒歩12分)
【参加費】無料
【申込先】チケット購入サービス「Peatix」から申込 ※事前申込制
https://makuharicity0124.peatix.com

5. ポスト民主主義に必要な技術とは?ーCivicTech Lecture Series
CivicTech(シビックテック)とは、市民がテクノロジーを活用し草の根的に自ら社会を作る行為。投票システムやデジタル民主主義、都市サイエンスなどの専門家たちが思想や技術についてレクチャーするシリーズの第一回目を配信。
【日 付】2021年1月23日(土)13:00〜15:00
【会 場】オンライン
【参加費】2,000円
【購入先】チケット購入サービス「Peatix」にて販売 
https://makuharicity0123.peatix.com

 

今後の社会情勢に応じて開催時期や内容などが変更になる場合がありますので、予めご了承ください。最新情報は下記イベント特設ページをご確認ください。


【開催概要】

【イベント名】多層都市「幕張市」創立記念展
【日程】2020年12月20日(日)〜2021年1月31日(日)
【会場】幕張ベイパーク周辺施設・オンライン
【主催・企画】METACITY
【監修】株式会社環境計画研究所
【協力】株式会社熊谷組
【協賛】三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、伊藤忠都市開発株式会社、東方地所株式会社、株式会社富士見地所、袖ヶ浦興業株式会社
【後援】千葉市
【問合せ先】一般社団法人METACITY推進協議会(info@metacity.jp)
【イベント特設ページ】https://metacity.jp/events/makuhari-city-exhibition-2020/

【チラシ】https://prtimes.jp/a/?f=d71436-20201215-7777.pdf
【ハッシュタグ】#幕張市 #METACITY

【団体紹介:一般社団法人METACITY推進協議会】

思考実験とプロトタイピングを通して「ありうる都市」を探求するリサーチチーム『METACITY』。2019年のキックオフカンファレンスを起点に、SFC田中浩也研究室と30m大の3Dプリンタで生態系を出力するプロジェクト『Bio Sculpture』、雑誌WIREDとありうる文化を思索し実装するスペキュレイティブゾーン『WIRED特区』、空飛ぶ車を開発する技術者集団CARTIVATORと人間の視点と身体性にこだわらないミクロからマクロスケールまでの様々なモビリティをプロトタイプするR&Dチーム『The Mobilities』、茶の湯のアート集団The TEA-ROOMと茶の湯の概念を都市にインストールするアートプロジェクト『Random Seed Garden』など、様々なプロジェクトを始動。そして今回新たに多層都市「幕張市」プロジェクトを立ち上げる。来年2021年の夏には、自然中心の新たなテクノロジーのあり方を模索・提示する展覧会『生態系へのジャックイン』展を開催予定
公式サイト:https://metacity.jp/

 

【問合せ】
一般社団法人METACITY推進協議会 広報担当:和田
メールアドレス:info@metacity.jp

 

【素材一式配置先】
https://drive.google.com/drive/folders/1MZspBKuFus_bk4DxYFaQj-Jb4HRN0JXa?usp=sharing
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. METACITY >
  3. METACITYによる実在しない行政区、多層都市「幕張市」創立記念展を開催。