2021年9月22日ー俳優のレオナルド・ディカプリオ氏は持続可能な培養牛肉の開発を推進させるため、モサ・ミート社とアレフ・ファームズ社に出資を決定

俳優のレオナルド・ディカプリオ氏は、革新的なふたつの培養肉スタートアップ企業に投資家および顧問として参画し、食肉生産の方法を変革する世界的な活動に尽力します。

この度、培養肉の研究開発を行うMosa Meat / モサ・ミート社(https://mosameat.com/)、(本社:オランダ・マーストリヒト、CEO:Maarten Bosch、以下モサ・ミート)とAleph Farms / アレフ・ファームズ社(https://www.aleph-farms.com/)、(本社:イスラエル・レホヴォト、CEO:DidierToubia、以下アレフ・ファームズ)は、サステナブル―持続可能な培養牛肉の開発を進めるために俳優のレオナルド・ディカプリオ氏が投資家として両社への投資に参画したことを報告いたします。

AYDEA合同会社(https://www.aydea.co/ )は、モサ・ミート社のPRパートナーです。

オランダのマーストリヒトとイスラエルのレホヴォト発 / 2021年9月22日–

本日、培養肉の研究開発においてフードテック業界をリードする代表的なスタートアップであるモサ・ミートとアレフ・ファームズが、環境活動家でもあり、米アカデミー賞受賞俳優のレオナルド・ディカプリオ氏から投資を受けたことを発表しました。
2013年、モサ・ミートが初めて培養肉によって作られたハンバーガーを発表しました。また、2018年にはアレフ・ファームズが世界で初めて培養によって作られたステーキ肉を開発、2021年にはステーキ用リブロース肉を世界で初めて発表しています。両社は動物細胞を研究機関で組織培養し、本物さながらの食用肉が生産できることを実証してきました。
レオナルド・ディカプリオ氏よりメッセージ「気候変動の危機と戦うため、実効性のある改善方法の1つとして、食料システムの変革が挙げられます。 モサ・ミートとアレフ・ファームズは、工業的な畜産手法によって発生する問題を解決しながら、世界中の牛肉需要を満たす新しい方法を提供していきます。現在、より多くの消費者の方々に培養肉について理解を深めてもらう準備をしているので、顧問および投資家として参画できることを非常に嬉しく思います」
 

 

世界の食肉消費量は2050年までに40〜70%の増加(注:1)が見込まれており、培養肉は牛肉の工業的畜産が及ぼす悪影響を大幅に軽減するソリューションとして注目されています。さらに、培養肉は食肉ならではの味わいを求めて購買する消費者に、生体をと畜した食肉と変わらない品質を提供します。つまり消費者の食生活に大きな変化を強いることがありません。アナリストは、タンパク質摂取の選択肢を広げる(注:2)培養肉マーケットが2030年までに250億ドル(注:3)に達すると予測しています。

モサ・ミートのMaarten Bosch(読み:マールテン・ボッシュ) / CEOー「牛肉の生産を通じて環境に前向きな変化をもたらすレオナルド・ディカプリオ氏の取り組みは、モサ・ミートの使命と密接に関連しています。私たちはディカプリオ氏を顧問 / 投資家として迎え、将来の若者世代を持続的に養うために協力し合えることにとても興奮しています」
アレフ・ファームズのDidierToubia (読み:ディディエ・トビア)/ 共同創設者兼CEOー「私たちのチームは、持続可能性の高いグローバルなフードシステムの向上に取り組んでおり、私たちのビジョンをレオが共有してくれたことに興奮しています」

ライフサイクルアセスメントの研究(注:4)によると、培養牛肉の生産は工業的な牛肉の生産と比較し、気候への影響を92%、大気汚染を93%、土地の使用量を95%、水の使用量を78%削減すると予測しています。

(注:1)https://ourworldindata.org/grapher/global-meat-projections-to-2050?country=~OWID_WRL
(注:2)https://www.bcg.com/publications/2021/the-benefits-of-plant-based-meats
(注:3)https://www.mckinsey.com/industries/agriculture/our-insights/cultivated-meat-out-of-the-lab-into-the-frying-pan
(注:4)https://cedelft.eu/publications/rapport-lca-of-cultivated-meat-future-projections-for-different-scenarios/
 

 


培養牛肉は、牛肉の生産につきものの広大な土地を必要としないため、多くの土地を自然に返すことができます。そのため、環境に対して有害とされる物質の排出を減らしながら、人類のため、より多くの食糧生産を可能にします。培養肉が生産されるすべての工程は完全にクリーンな無菌環境のため、家畜への抗生物質の使用の必要もなく、病原体への感染や食中毒リスクの大幅軽減にもつながります。

 

 

 

 


Mosa Meat / モサ・ミートについて


2016年に設立されたモサ・ミートは、培養された本物の牛肉をよりクリーンで環境負荷を減らして生産するフードテックのスタートアップです。同社は牛の細胞を組織培養することにより、2013年に世界初の培養牛肉のハンバーガーを発表し、その後も牛肉を愛する人々を満足させる高品質の培養牛肉を作り続けています。同社の生産体制は消費者、動物、地球にとって環境負荷の少ない、クリーンな方法を採用しています。食品に対する課題解決を使命とする、ダイバーシティ(多様性)にあふれたチームは、世界が直面する食品に対する課題をシステマティックかつに抜本的に改革し、再構築するという使命のもとに結束しています。オランダのマーストリヒトに本社を置くモサ・ミートは、Blue Horizo​​n、M Ventures、Bell Food Group、Nutreco、三菱商事などが支援をする非上場企業です。

モサ・ミート公式ウェブサイト
https://mosameat.com/

モサ・ミート公式プレスキット
https://www.dropbox.com/sh/dkwlr9e8zh8pe9m/AAChJhU7YHW2fMCowPoA62IKa?dl=0

Twitter:       https://twitter.com/mosa_meat
Facebook:  https://www.facebook.com/mosameat
Instagram:  https://www.instagram.com/mosa_meat


Aleph Farms / アレフ・ファームズについて


アレフ・ファームズは、牛の生体から分離された細胞から、ビーフステーキを生産しています。もととなる細胞は一切の遺伝子操作をされていません。この方法は動物に不要な害を与えることなく、環境負荷を大幅に減らすことができると注目をされています。
同社は2017年に、Straussグループのキッチンハブ社とDidierToubia、テクニオン イスラエル 工科大学の生物医学工学部のShulamitLevenberg教授によって共同設立されました。イスラエルに本社を置くAlephFarmsの投資家ネットワークには、L.Catterton、DisruptAD(ADQ)、BRF、Thai Union、Cargillなどが名前を連ねます。 Aleph Farmsは、2018年12月に世界初の培養ステーキを、2021年には世界初のステーキ用リブロース肉をリリースしました。同社のミッションは、いつでもどこでも、誰にでも無条件の栄養を提供することです。


アレフ・ファームズ公式ウェブサイト
www.aleph-farms.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AYDEA合同会社 >
  3. 2021年9月22日ー俳優のレオナルド・ディカプリオ氏は持続可能な培養牛肉の開発を推進させるため、モサ・ミート社とアレフ・ファームズ社に出資を決定