URBANBASE 「図面3D変換サービス」を発売開始

特許AI技術「AutoSketch」による図面3D変換サービス

インテリア・不動産業界向けVR AR AIソリューション提供企業のURBANBASE株式会社が、平面図の画像から3D変換する「図面3D変換サービス」を2021年3月16日より販売開始いたします。間取り図の画像と物件に関する情報を提供いただきますと、間取り図は、URBANBASEの独自AI技術搭載の自動3D変換サービス「AutoSketch」を利用して3D変換され、物件情報と共にプラットフォーム上に登録されます。プラットフォーム上の3D空間情報は、個別URLで表示させたり、インテリア・シミュレータでコーディネーションしたり、さまざまな用途で利用いただくことが可能です。
各位

《2021年3月16日》
《URBANBASE株式会社》

URBANBASE 「図面3D変換サービス」を発売開始

URBANBASE株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野将弘)は、独自特許技術AutoSketchを利用して、平面間(間取り図)の画像から3D変換する「図面3D変換サービス」を2021年3月16日より発売することを発表いたします。

【URL】 https://studio.urbanbase.co.jp/3d



URBANBASE 図面3D変換サービスの概要
Urbanbase AutoSketchを利用した間取り図の3D変換サービスです。
不動産関連事業者様がお持ちの大量の平面図画像から3D図面を作成し、ウェブサイトに表示させたり、
インテリア・シミュレーションに利用したり、高画質のバーチャル・ステージングに利用いただくことができます。

3つの利用例
1. ウェブサイトでの表示:ホームページ、不動産仲介サイトなどへの3D空間の掲載
2. インテリア・コーディネート:Urbanbase Studio (3Dインテリア・シミュレーション)との連携
3. バーチャル・ステージング:フォトリアリスティック・レンダリング(近日リリース予定)
* フォトリアリスティック・レンダリングとは:写真のようなCG表示

サービス費用
図面変換費用:先着10社様まで無料で対応いたします。
       *パートナー様として選定させていただくには条件がございます

図面表示費用:月額課金(10万円~)
      *ビジネスモデルに合わせてご相談させてください

サービスの流れ
1. お問合せ:弊社ウェブサイトよりお問合せください
2. ヒヤリング:当サービスの詳細説明及びご利用方法のヒヤリング
3. ご注文:ご契約後、間取り図及び物件情報のご提供
4. 3D変換:間取り図の3D変換及び物件データ登録
5. 3Dデータのご利用:URL経由での3D空間情報にアクセス/表示

Urbanbase AutoSketchについて
本サービスで利用しているUrbanbaseのAutoSketchは、日本、米国、EU、中国、韓国で特許登録済みの
Urbanbaseの独自技術です。この技術は、あらかじめ学習した図面情報をもとに、
独自のAI機械学習アルゴリズムを利用して、3D立体図面化を実現するソリューションです。

販売方法
下記サイトより、お問合せ・お申込みください。
https://www.urbanbase.co.jp/contactus/

Urbanbaseについて
3D空間に注力したIT企業で、2D図面の画像を瞬時に3D化する独自特許技術を持ち、
不動産向け・インテリア向けの3D空間プラットフォームを提供しています。
VR/AR/AIを活用したアプリケーション開発においても、家具・家電販売事業者での多数の
採用実績があります。


【会社概要】
会社名:URBANBASE株式会社
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2 3F
代表者:大野将弘
設立:2019年8月
URL:https://www.urbanbase.co.jp
事業内容:
インテリアと不動産関連の3D空間プラットフォームの企画・開発・運用、
インテリアと不動産関連のVR・AR・AIシステム企画・開発・運用
 
【本件に関するお問合せ先】
URBANBASE株式会社 広報担当
e-mail:https://www.urbanbase.co.jp/contactus/
  1. プレスリリース >
  2. URBANBASE株式会社 >
  3. URBANBASE 「図面3D変換サービス」を発売開始