不動産のバリューアップ事業を手掛けるカチデベロップメント、総合不動産投資型クラウドファンディングプラットフォームの展開に向けて、サービス名とブランドメッセージを決定

「日本の不動産クラウドファンディングにあたらしい価値と勝ちを。」をブランドメッセージとして不動産・金融のプロが手掛ける不動産の本質的な価値を高める総合不動産投資プラットフォームの提供を行っていきます。

 

 

 

 
  • 背景
カチデベロップメント株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:足立 和夫 以下、カチデベロップメント)は、これまで都内の不動産物件を中心に個々の不動産が有する根源的な価値を最大限に高めることをミッションとして掲げ、既存物件の用途変更も含めたバリューアップやリーシングの取り組みを通じて不動産ストックビジネスの発展と拡大に注力してきました。

その取り組みの一貫として、カチデベロップメントは、1月13日に不動産特定共同事業法第2条第4項第1号に定める事業において、インターネット上での契約締結を可能とする電子取引業務に関する許可申請を行い、1月26日に許可の申請について公表致しました。電子取引業務を含む不動産特定共同事業法の許可を取得出来た後には、完全オンライン完結型の総合不動産投資プラットフォームサービスの構築を通じて、不動産・金融のプロフェッショナルが選定した良質な不動産収益物件に小口投資する機会を提供していく予定です。

今回定めたブランドメッセージである「日本の不動産クラウドファンディングにあたらしい価値と勝ちを。」と、サービス名である「victory fund」は、これまでカチデベロップメントが培ってきた価値観と、新たに展開していく総合不動産投資プラットフォームのサービスの理念を改めて言語化し、形にしたものです。
 
  • ブランドメッセージ「日本の不動産クラウドファンディングにあたらしい価値と勝ちを。」
カチデベロップメントは取り扱う不動産の地域を東京エリアに限定して取り扱う物件情報や取引先とのネットワークの密度を高め、また不動産及び金融業界のプロフェッショナルの採用を強化してきました。その結果、当社では既存物件の根源的価値(立地、用途、価格)に着目し、プロの視点から不動産価値を最大限高めるための方策を企画し、用途変更も含めたバリューアップ工事による再生事業を手掛けていくことが出来るようになりました。その取り組みの根底にある価値観は、物件の再生事業によって物件に入居するテナントとっての新たな利用価値を与え、日本の不動産ストックビジネスの拡大に貢献していきたいという想いです。

また、今回新たに事業として開始する予定の不動産投資型クラウドファンディングサービスではそのバリューアップによって新たに「価値」を高められた不動産から得られる投資収益を、従来の一部の投資家だけでなく、一般の投資家が小口出資出来る仕組みを構築することで広く分配していくことが可能となります。この新しい不動産価値の向上によって得られる不動産投資の新しい「勝ち」をより多くの投資家に届けるための不動産投資型クラウドファンディングのプラットフォームを提供するというビジョンのもとで「日本の不動産クラウドファンディングにあたらしい価値と勝ちを。」というブランドメッセージを決定しました。
 
  • サービス名「victory fund」
サービス名であるvictory fundは不動産物件の「価値」向上による投資収益獲得の「勝ち」を提供するためのシステム及びファンドを組成していくというブランドメッセージを集約した名称としました。

 
  • 今後の見通し

当社は電子取引業務を含む不動産特定共同事業法の許可を取得出来次第、不動産投資型クラウドファンディングサービスである「victory fund」の事業を開始する予定です。
 

  • 会社概要

会社名: カチデベロップメント株式会社
代表者: 代表取締役 足立 和夫
所在地: 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-15 昇賢ビル2階
設立: 1997年7月7日
資本金: 1億3,425万円
事業内容: 不動産開発販売事業、プロパティマネジメント事業
企業URL: https://kachi-dev.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カチデベロップメント株式会社 >
  3. 不動産のバリューアップ事業を手掛けるカチデベロップメント、総合不動産投資型クラウドファンディングプラットフォームの展開に向けて、サービス名とブランドメッセージを決定