【東京 神楽坂3丁目】鯛とワインのお店「瀬戸神楽~SETO KAGURA~」が登場

瀬戸の恵みが宿る場所。潮流、栄養、環境。全てが豊かで美しい海「瀬戸内海」で育まれた奇跡の食材「鯛」とワインを堪能できるお店

株式会社ハレプロの子会社で、株式会社エターナルウィング飲食事業部(本社:東京都渋谷区 代表取締役:川又雄太)が、鯛とワインのお店「瀬戸神楽~SETO KAGURA~」を東京都新宿区神楽坂3丁目にオープン致しました。

  • 愛媛の鯛にこだわる理由

愛媛県は鯛の生産量日本一を誇っており、愛媛県を代表する魚として「県の魚」にも指定されています。
愛媛県の宇和海は全国的にも透明で美しい海として知られており、10~20mの透明度を誇る海は、植物プランクトンの層が厚く、酸素がたくさん含まれている健康な海水を持っています。また内海の海水は外洋である黒潮が流れ込むため、いつも新鮮な状態に保たれるとともに、潮流が栄養素やミネラルを宇和海に運んでいます。
このような環境下で育った愛媛の鯛は、脂がのっていて美味しいと評価を頂いております。

  • ワインと作り出す新しい世界

そんな「愛媛の鯛」のお供に「ワイン」をセレクト致しました。お店を構える神楽坂は、一説によるとその昔、坂途中に高田穴八幡の旅所があり、祭礼で神輿が通るときに神楽を奏したからとも言われています。神聖な地にお越し頂くお客様に、神楽を楽しみながら極上の鯛とワインで優雅に振る舞いたい、そんな思いから出店させて頂きました。

  • 鯛に囲まれても飽きのこないメニュー

瀬戸神楽の料理の「ほぼ全て」に鯛の要素が入っています。それはお客様がお帰りになるその時まで、愛媛の鯛を存分に楽しみ、味わい尽くしてほしいからです。ほぼ全ての料理に鯛の要素・・想像すると、飽きが来そうなイメージをもたれるかもしれませんが、そんなことはございません。刺身だけでなく、焼き物や煮付け、鯛の出汁を使った様々なメニューを使い分け、お客様を飽きさせない工夫を行っております。
 

 

 

  • こだわり抜いた食材の選定と仕入れ

瀬戸神楽の食材の選定と仕入れは、当社の代表川又の故郷「愛媛」を中心に行っております。鯛を知り尽くす地元の漁師の方、愛媛の温暖な気候で育った野菜を仕入れるため、地元の農家さんにもご協力頂きながら仕入れをさせて頂いております。メインの鯛だけでなく、鯛の美味しさを引き立ててくれる野菜や調味料にまでこだわるからこそ、お客様にご満足頂けると考えております。
 

  • 「和」を基調としたシックで落ち着いた雰囲気の店内

瀬戸神楽は「和」を基調としたシックで落ち着いた雰囲気のお店となっております。お一人様でもお越しいただけるようにカウンター席を設け、ご夫婦、カップル様だけでなく、ご家族様でもご利用頂けるように広いボックス席もご用意しております。

外からは大きな提灯が目印となっております。飯田橋、神楽坂にお越し頂いた際にはお気軽にお越しくださいませ。
 



■店舗情報
店名   :瀬戸神楽~SETO KAGURA~

所在地  :〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2-9 ナカノビル2F
食べログ :https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13271177/
 

■会社概要
商号   :株式会社エターナルウィング
代表者  :代表取締役 川又雄太
所在地  :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-6-21
設立   :2022年3月
事業内容 :飲食事業、飲食コンサルティング事業
資本金  :900万円
URL      : https://seto-kagura.jp/

【本件に関するメディア関係者からのお問合せ先】

株式会社エターナルウィング
広報担当:合田
メールアドレス:goda@harepro.co.jp

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハレプロ >
  3. 【東京 神楽坂3丁目】鯛とワインのお店「瀬戸神楽~SETO KAGURA~」が登場